朝ごはん・昼ごはん・晩ごはん+おやつ

魚偏…

夏が旬の魚がつづいています。
ハモ、イワシ、アジ…
「鱧」  「鰯」 「鯵」
そして、きょうも…

ただ、きょうの魚は、漢字で書いても
魚偏ではありません。

180700j.jpg

…こちらアナゴです。
「穴子」

「海鰻」という字を当てることもあるようですが、
あまり一般的ではない(たしかに鰻に似た外観ですけど…)

大好きな魚なので、
魚偏の漢字がないのが、ちょっと残念です。
さておき、
白焼きにしました。

180700k.jpg

わさび醤油でいただく予定だったのですが、
焼く前にふっておいた塩がけっこう効いていたので、
わさびだけで。。。



スポンサーサイト
  1. 2018/07/04(水) 23:59:59|
  2. きょうの一皿|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

夏の汁物

180610b.jpg

アジのつみれ汁です。
年中とれるアジ! ですが、
一番 味がいいと言われるのが、
初夏だとか。

上には、たっぷりのみょうがの薄切りを散らしました。
みょうがも今が旬。
夏の汁物です。。。

  1. 2018/07/03(火) 23:59:59|
  2. きょうの一皿|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今が旬!

夏野菜が美味しく、豊富に、そして値段も安くなってきました。

180701v.jpg

左のザルには、夏の代表野菜ともいえるような
きゅうり、なす、トマト、
そして、京野菜の万願寺とうがらし。

向こうのザルは、栄養豊富はモロヘイヤ。

右のザルは、枝豆と三度豆。

そして…

180612n.jpg

・・・赤万願寺とうがらし。
肉厚で、甘みがあり、食べ応えのあるけれど
やわらかな赤万願寺。

グリルで炙ってから炒め合わせました。
イワシの黒酢蒲焼風の付け合わせ。

180700s.jpg

このマイワシも、今が旬!




  1. 2018/07/02(月) 23:59:59|
  2. いろいろ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

鱧祭

七月となりました。
七月の京都といえば祇園祭。

一日は吉符入…
(祭の始まりにあたって、山鉾町の関係者が集まり祭の無事を祈願する行事)

二日はくじ取り式…
今年の巡行の順番をくじ引きで決める儀式なのですが、
どういうくじなんでしょう??
申し込んで当選すると、市役所でのくじ取りの見学ができるそう。
一度行ってみたいものです。

さておき、祇園祭は別名、鱧祭。
かつて、海から離れた京都で、夏の暑い時季に、
鮮度のいい魚を入手するのが難しかった時代、
生命力の強い鱧だけは生きたまま届いたことから、
鱧は夏の京都に欠かせない食材となり、
祇園祭に食する習慣が根づいたようです。

ハモ!

180701h.jpg

こんな風に中骨を取って開いて骨切をしてあるものを入手。
2~3cm幅に切って、塩と酒を加えた熱湯に落として、
火が通って ハモの身が丸まれば氷水にとってから
水分をふきとって…

180612m.jpg

…ハモのおとし(湯びき)です。
一番好きな食べ方です。

一部残して、次の日に、万願寺とうがらしと一緒に
オリーブオイルで炒めてパスタに~♪

180612l.jpg

ハモと万願寺とうがらしのオイル・パスタ。



  1. 2018/07/01(日) 23:59:59|
  2. いろいろ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

六月三十日

今年もはや半分が過ぎようとしています。
六月三十日。
京都では水無月をいただく日です。

180630B.jpg

和菓子では珍しい三角形は、
氷室から宮中へ献上された、という氷のかけらを表したもの。
上の小豆は、その赤色が、魔除け厄除けだそう。

水無月をいただくのも、この日に茅の輪をくぐるのも、
そして、七月ひと月の祇園祭も…
夏に疫病が流行ることも多かった昔、息災に暮らせるように
祈願されていたのでしょう。

さて、子どものころから六月晦日には、必ず食べていた水無月。
数年前から、手作りするようになりました。

見かけも味も、そこそこのものは出来るようになったのですが、
水無月の身上ともいえる食感が、なかなか思うようにできなかったのです。

が、今年は友だちに秘伝(?)を教えてもらいました。
お父様が和菓子職人さんだった同級生です。

上手にできそうな予感を抱きつつ、
ちょっとドキドキしながら作りました。

180630C.jpg

冷まして、切り分けて、お味見。

!!!

今まで作った中で一番の水無月です。
もっちりして しこっとした弾力のある口当たり!

〇太郎の水無月に近い味わい。

180630E.jpg

抹茶の生地にえんどう豆。

180630D.jpg

黒砂糖生地に小豆。

どれも、いい感じにできました。
Y子さん、ありがとうございます!!
今度、一度お味見お願い致します~(^^;)



  1. 2018/06/30(土) 23:59:59|
  2. いろいろ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

モロッコいんげんから…

きょうのお弁当です。

180629b.jpg

・ご飯(梅干し、削り節+白炒り胡麻)

・ねぎじゃこ卵焼き
・牛肉と赤ピーマンの甘辛煮
・モロッコいんげんとお揚げさんのたいたん
・ひらひらにんじんのくるみポン酢和え
・アスパラガスのオリーブ油炒め
・甘酢ラディッシュ

モロッコいんげんです。

180612i.jpg

モロッコといえば、
モロッコいんげんに、カサブランカ、タジン鍋…ですが、
今はワールドカップ~♪

ちょっと気になっていたモロッコは一次リーグを敗退…
日本は、一次リーグ突破!
トーナメントは、初のベスト8をかけて 対ベルギー、
頑張ってほしいです!!

180629a.jpg


  1. 2018/06/29(金) 23:59:59|
  2. お弁当+α|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

魚介ときのこのトマトパスタ~エスニックレッドカレー風味

先日、レシピブログさんの
「スパイスでお料理上手 手軽でおいしいスタミナ料理!」企画で
送っていただいたモニタープレゼントのスパイスいろいろ…

180610p.jpg

・GABAN あらびきチリペパー
・GABAN あらびきガーリック
・ハウスエスニックガーデン クッキングペースト<レッドカレー味>、そして
・GABAN海老ソテー

の4種、ありがとうございます。
今回は、ハウスエスニックガーデン クッキングペースト<レッドカレー味>を使って、
ちょっとエスニックな香りのパスタをつくってみました。

魚介ときのこのトマトソース風ですが、
アジア風の辛みとココナツミルクの風味が、ちょっと刺激的なパスタです。

180631Q.jpg

◆ 魚介ときのこのトマトパスタ~エスニックレッドカレー風味
【材料】(約2人分)
・スパゲッティ 170~200g
・玉ねぎ 1/4個
・トマト水煮(ペースト状) 1パック
・冷凍シーフードミクス 100g
・舞茸、しめじ 各1/2パック
・ ハウスエスニックガーデン クッキングペースト<レッドカレー味>大さじ1.5
・A【塩、こしょう、醤油 各少々】
・米油 大さじ1

【作り方】
1.玉ねぎは薄切りにして、米油で炒め、しんなりすると、シーフード、
  ほぐした舞茸としめじを加えて軽く、塩こしょうを加えて炒める。
2.ハウスクッキングペースト レッドカレー味を加えて一炒めして、
  トマト水煮を入れて煮る。Aで味を調える。
3.パスタを表示より心持ち短めの時間ゆでて、2に加えて
  (ゆで汁も少々)からめる。



スタミナ料理レシピ
スタミナ料理レシピ  スパイスレシピ検索


  1. 2018/06/28(木) 23:59:59|
  2. きょうの一皿|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

欧風いか飯~トマトソースチーズ焼き

先日、レシピブログさんの
「スパイスでお料理上手 手軽でおいしいスタミナ料理!」企画で
送っていただいたモニタープレゼントのスパイスいろいろ…

180610p.jpg

・GABAN あらびきチリペパー
・GABAN あらびきガーリック
・ハウスクッキングペースト レッドカレー味、そして
・GABAN海老ソテー

の4種、ありがとうございます。
…(我が家の卵騒動で、アップが遅くなって申し訳ございません・・・)

今回は、GABANあらびきチリペパーとあらびきガーリックを使って
欧風いか飯~トマトソースチーズ焼き
をつくってみました。。

一般的には、米から作るいか飯ですが、
残りご飯をつかうので、作りやすいです。
具入りのご飯をつめたいか飯を
トマトソースでさっと煮込んでチーズ焼きにして、香ばしさも加わっています。
ご飯はあらびきガーリックを入れてコクのある味。
ソースに入れた あらびきチリペパーで辛味と風味がアクセント~♪

180611t.jpg

◆ 欧風いか飯~トマトソースチーズ焼き
【材料】(3人分)
・するめいか 3杯(やや小ぶりのもの)
・ご飯 かるく茶碗2杯分
・玉ねぎ 1/2個
・ドライトマト(粗く刻み、オリーブ油につけたもの) 小さじ3強
・塩こしょう 各少々
・GABAN あらびきガーリック 2ふり
・オリーブ油 大さじ1
・白ワイン 大さじ4
・トマトソース缶 1缶
・GABAN あらびきチリペパー 1ふり
・パセリみじん切り 少々
・ズッキーニ 小1本
・ピザチーズ 100g

【作り方】
1.いかはワタを取って洗い、水気をふいておく。
  足は7~8mm幅に切り、ワタはとっておく。

2.フライパンにオリーブ油を熱し、玉ねぎのみじん切りを炒める。
  しんなりすると、1のイカの足、ドライトマトも加えて炒め、ご飯も加え混ぜて炒め、
  塩、こしょう、GABAN あらびきガーリックを加えて味を調える。

3.1のいかの胴に2の炒めご飯を詰めて、楊枝でとめる。
  鍋に白ワインとざく切りにした1のワタを入れて、ワタをつぶすように煮る。 
  トマトソース、GABAN あらびきチリぺパーを加えて、煮立つと
  ご飯を詰めたいかを入れて煮る。

4.10~15分煮ると、トマトソースごといかを耐熱容器に入れて、横に
  ズッキーニを並べて、ピザチーズをちらして、グリルでチーズが溶けて
  こんがり焼けると、パセリのみじん切りを散らす。

180611r.jpg

切り分けていただきます。
ワタ入りのトマトソースが、コクのある味。
あらびきチリペパーの風味とピリ辛が効いてます♪

180611u.jpg

今回使ったのは、するめいか。
隣は、トレーシングペーパーで作った折り紙のいか。


スタミナ料理レシピ
スタミナ料理レシピ  スパイスレシピ検索


  1. 2018/06/28(木) 23:59:58|
  2. きょうの一皿|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

鮎。

鮎です。
六月に入ると 解禁になる鮎。

180610h.jpg

この時季、一度は食卓に出したい魚。
日本の淡水魚で一番食べられているのは鮎だそう。

漢字では、「鮎」のほか、
独特の香りをもつことから「香魚」、
一年で一生を終えることから「年魚」
泳いでいると口が銀色に光ることにから「銀口魚」等など、

その他にも、いろいろな漢字表記がある、というのは、やはり、
日本で親しまれてきた魚だからでしょう。

ちなみに、
「鮎」は夏の季語。
「若鮎」は春の季語。
「落ち鮎」は秋の季語。
「氷魚」は冬の季語。

氷魚が、鮎の幼魚で、冬の季語、であることは、
俳句を始めるまで、知りませんでした。
(ほかの魚のことと思っていた…)

ほかにも、「鮎釣」「通し鮎」などなど、鮎の字のつく季語は、
いろいろあるようです。

ほんと、日本に根付いた魚なのですね。

なにはともあれ、鮎は塩焼きが一番!
串に刺してあったのを入手したので、塩をふって家のグリルで焼きました。

180610g.jpg

たん白で上品な風味を楽しみます。
ほのかな苦みが、たまりません。

こちらは、鮎をたくさん描いていた福田平八郎の「鮎」(1940年)

180630Y.jpg

抽象的なのに、水の流れが、鮎の動きが感じられます。
絵に描いた鮎にも心惹かれて。。。





  1. 2018/06/27(水) 23:58:59|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

海老とスナップえんどうのスパイシーソテー

先日、レシピブログさんの
「スパイスでお料理上手 手軽でおいしいスタミナ料理!」企画で
モニタープレゼントのスパイスを送って頂きました。
(我が家の卵騒動で、アップが遅くなって申し訳ございません・・・)

180610p.jpg

・GABAN あらびきチリペパー
・GABAN あらびきガーリック
・ハウスクッキングペースト レッドカレー味、そして
・GABAN海老ソテー

…の4種、ありがとうございます。

まずは、ちょうど海老があったので、
GABAN海老ソテーを使って
海老のスパイシーソテーを作製。
ブレンドした香辛料の風味と香りが食欲をそそります。

海老だけでもいいのですが、野菜を合わせて炒めました。
スナップえんどうの他、これから旬の夏野菜、ピーマンや枝豆も
美味しいと思います。

スパイスの香ばしい風味が海老とよく合う手軽なひと皿です。

180610k.jpg

◆海老とスナップエンドウのスパイシーソテー
【材料】<2人分>
・海老 6尾
・GABAN海老ソテー 1/2袋
・オリーブ油 大さじ1強
・スナップえんどう (ゆでたもの)  約12さや

【作り方】
1.海老は殻をむいて背わたを取り、水分をふいておく。
2.ポリ袋にオリーブ油、GABAN海老ソテーを入れて混ぜ、
  1の海老を入れて混ぜる。
3.フライパンを熱して2を入れて炒める。海老はひっくり返して炒め、
  火が通ると器に盛る。
  簡単でスパイシー、ご飯のおかずはもちろん、ビールにも合いそうです~(^^)


スタミナ料理レシピ
スタミナ料理レシピ  スパイスレシピ検索


  1. 2018/06/26(火) 23:59:59|
  2. きょうの一皿|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
| ホーム | 次のページ→