FC2ブログ

朝ごはん・昼ごはん・晩ごはん+おやつ

柚子とクローブのポマンダー♪

こちら…

181202p.jpg

フルーツポマンダーです。
オレンジなどの柑橘に、スパイスのクローブを刺して、
シナモンやカルダモンなどパウダー状のスパイスをまぶして、
乾燥させたもの。

スパイスの抗菌、殺菌作用のおかげで、果物が傷まずに乾燥して
ドライフルーツ状になるそうです。

状態がよいと、10年以上も腐らず、置いておけることもあるとか…
ヨーロッパでは、クリスマスの飾りにも使われるようですが、
香りのお守り…防虫効果、消臭効果、魔除けとしての働きがあるそうです。

この前、レシピブログさんから
「ワインと楽しむ簡単おつまみレシピ」企画のモニタープレゼントで
送っていただいたスパイスにクローブがありました。

181116s.jpg

送っていただいた新しいクローブは料理用に使うことにして、
家にあったクローブが賞味期限ギリギリなので、そちらを使って作りました~。

柑橘は、オレンジが一般的なようですが、
小さい方が作りやすいので、小さな柚子で作りました。

◆ 柚子とクローブのポマンダー
【作り方】(1個分)
小さい柚子 1個、 
GABANクローブ<ホール> 10g
シナモンパウダー・カルダモンパウダー(オールスパイス) 各少々

【作り方】
1.柚子につまようじで穴をあけて、そこにクローブをさしていく。
  クローブが重ならず、隙間があまり開かない程度で全体にさす。

181202f.jpg

2.シナモンとカルダモンを混ぜ、1の周りにまぶす。
3.乾燥させる。

1ヵ月ほどで完成するそうです。
目安は、軽くなって、皮がかたくなるそう。
ちなみに画像のは作りたて。またその後の様子は後日アップいたします。

使いきれずに、賞味期限が過ぎてしまったクローブがあれば、
是非お試しくださいませ。

ワインのおつまみ料理レシピ
ワインのおつまみ料理レシピ  スパイスレシピ検索



  1. 2018/12/02(日) 23:59:59|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

すだちの仕切り

きょうのお弁当です。

181008b.jpg

・ご飯(梅干し、青じそ)

・プチトマトおかかの卵焼き
・九条ねぎとお揚げさんのたいたん
・ひじきと赤・黄ピーマンとちくわのマリネ風炒め
・にんじんとツナのきんぴら風
・伏見甘長唐辛子と牛肉の塩炒め

おかずとおかずの間の仕切りに
すだちを使ってみました。
味に影響はあったかな…?

181008a.jpg



  1. 2018/10/08(月) 23:59:59|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

芋づる式

久々の芋づるです。

180915z.jpg

芋づる式の言葉のもとの
芋づる。

まわりの薄皮を剥かないと
繊維質が多くて噛み切れないし、
アクがつよいから、水に浸けて、それから
サッと下茹でしたり・・・
少々手間がかかります。。。

が、
しゃきしゃきっとした、ほかにない食感が好きで、
この季節、食べたくなるのです。

180915e.jpg

にんじんと芋づるのきんぴら。
ごま油風味です。



  1. 2018/10/01(月) 23:59:59|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

白子みたび!!!

またまた鮭の白子です。

これは、この前、ちょっと量が多かったので、
味噌粕漬けにしておいたものです。

白子を切らずに大きいままゆでて、
水分をよくふき取って、
西京味噌+酒粕+酒みりんの味噌粕床に漬けて。。。

一口大に切って、フライパンで炙り焼き。

180915j.jpg

これは、酒の肴になりそう~!
(…と、いつもと同じく下戸の勘)

180915g.jpg

白子の名を持つものはいずれも美味!
鮭や鱈の白子(しらこ)
そして、
筍の白子(しらこ・しろこ?)も!
それから、
ちりめんじゃこの白子(しらす)も!!



  1. 2018/09/28(金) 23:59:59|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

赤い洋梨のジャム

珍しい赤い洋梨…

181000h.jpg

…その名は"レッドバート"
とありました。

頭の中では、
レッドバトラーと変換され…
皮の色はスカーレット色と認識され…
しばし、風と共に去りぬのメロディーが~♪

さておき、
やや熟れ過ぎていたので
ええとこどりしてジャムに~♪

181000g.jpg

赤いのは皮だけで、中身は普通の洋梨の色。
ザクザクと切って、一部をすりおろして
控えめの砂糖を混ぜて、さっと煮ました。
洋梨のリキュール・ポワ―ル・ウィリアムを仕上げに加えて~

上品な甘さと洋梨特有の芳香、
香り高いジャムになりました。



  1. 2018/09/27(木) 23:59:59|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

白子ふたたび

魚売り場にて…
またまた鮭白子を見かけたので、
即、カゴに入れました。

この前のオリーブオイル炒めが好評だったので、
今度は、パスタに~。

180915n.jpg

"鮭白子と万願寺とうがらしのオイルパスタ"
白子は焼き目をつけて、表面はパリッとした口当たりで
中はとろ~り♪~です。

そして、もう一品は・・・ 

180915r.jpg

生姜煮。
たっぷりの生姜を入れて
醤油味でたいたもの。
ご飯によく合います。



  1. 2018/09/26(水) 23:59:59|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

六芒星オクラ

きょうのオクラはぽっちゃりずんぐり。

180915a.jpg

スターデイビッド・オクラ
ダビデの星オクラ…などと呼ばれているのは、
その切り口が ダビデの星、六芒星に似ているからだそう。

180916y.jpg

さっとゆでて、薄切りにして
叩いた梅干しと削り節で和えてみました。

ヘタの辺とか、先の方とか、半端な部分は
刻んで、納豆と、削り節とごまとで和えて…

180916r.jpg


  1. 2018/09/18(火) 23:59:59|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

後祭り・屏風祭り…

昨日のつづきです。

新町通りを八幡山から南へと下ると、
北観音山。

180722l_北観音

上り観音山とも呼ばれ、
御神体は楊柳観音と韋駄天。
胴懸が豪華です。

180722m北観音山="478" />

それから南へと行く道すがら屏風見物。

180722n屏風祭

通りから覗く立派な屏風、調度、坪庭。。。
祇園祭り見物の人が、通りから鑑賞できるように、
山鉾町の会社や個人のお宅など、いわゆる個人蔵の美術品を
「屏風祭り」用にしつらえてくださっています。

山鉾巡行は「動く美術館」、
屏風祭は「静の美術館と」も言われています。

それから、
細い路地をずっと奥に行くと…

180722q洛中三

「洛中洛外図屏風」など、高精密複製の屏風の展示。

180722o洛中

複製とは思えない質感。
複製だからこそ、国宝をこんな近くで観られる。。。

180722p岩佐

さて、またまた炎天下にもどって、
今度は、南観音山。

180722r南観音

下り観音山ともよばれる南観音山は、
長らく山鉾巡行のしんがりだったそう。
御神体は楊柳観音と善財童子。

180722s南観音山

そして…4年前に復活した大船鉾。

180722t大船

長い歴史を持ち、かつては「凱旋の船鉾」と呼ばれたそう。
幕末の「蛤御門の変」で被災して以来、巡行に参加していなかったけれど、
2014年に150年ぶりの復活。

180722u大船鉾

ただ、白木を漆塗りにする!等など、まだまだ復興途中だそうです。
そして、
こちら四条御旅所には…

180722v錦

…三基の御輿が鎮座中でした。。。

後の祭り満喫の一日、いえ、半日。
暑い熱い時間を一緒に歩いたのは、
学生時代の日本美術大好きな 友だち3人♪
また、行きましょう~(^^)


  1. 2018/07/23(月) 23:59:59|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

夏のであいもん、にしん茄子

夏はなす。

180709z.jpg

千両なす…いわゆる普通のなすと
丸なすの賀茂なす です。

なすは、火を通さずお漬物にしたり、
煮たり、焼いたり、炒めたり、揚げたり…
和の味付けも、洋風にも、中華にも、エスニックも…

何にしても美味しい!
…のですが、
一番好きなのは、にしん茄子かもしれません。

夏のであいもん、
千両なすと身欠きにしんで
にしん茄子。

180700p.jpg

熱いのもいいのですが、
冷蔵庫で一晩おいて、味がなじんだところを
冷たいままいただくのもまたよし。

彩りに枝豆を散らしてみましたが、

180700q.jpg

あってもなくて、どっちでも。。。


  1. 2018/07/11(水) 23:59:59|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

鮎。

鮎です。
六月に入ると 解禁になる鮎。

180610h.jpg

この時季、一度は食卓に出したい魚。
日本の淡水魚で一番食べられているのは鮎だそう。

漢字では、「鮎」のほか、
独特の香りをもつことから「香魚」、
一年で一生を終えることから「年魚」
泳いでいると口が銀色に光ることにから「銀口魚」等など、

その他にも、いろいろな漢字表記がある、というのは、やはり、
日本で親しまれてきた魚だからでしょう。

ちなみに、
「鮎」は夏の季語。
「若鮎」は春の季語。
「落ち鮎」は秋の季語。
「氷魚」は冬の季語。

氷魚が、鮎の幼魚で、冬の季語、であることは、
俳句を始めるまで、知りませんでした。
(ほかの魚のことと思っていた…)

ほかにも、「鮎釣」「通し鮎」などなど、鮎の字のつく季語は、
いろいろあるようです。

ほんと、日本に根付いた魚なのですね。

なにはともあれ、鮎は塩焼きが一番!
串に刺してあったのを入手したので、塩をふって家のグリルで焼きました。

180610g.jpg

たん白で上品な風味を楽しみます。
ほのかな苦みが、たまりません。

こちらは、鮎をたくさん描いていた福田平八郎の「鮎」(1940年)

180630Y.jpg

抽象的なのに、水の流れが、鮎の動きが感じられます。
絵に描いた鮎にも心惹かれて。。。





  1. 2018/06/27(水) 23:58:59|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
←前のページ | ホーム | 次のページ→