FC2ブログ

朝ごはん・昼ごはん・晩ごはん+おやつ

プルーンと紅玉のカッテージチーズ和え

プルーンと紅玉のカッテージチーズ和え

191020v.jpg

紅茶に漬けたしっとり風味のいいプルーンと
レンジ加熱でやわらかく、ジューシーになった香りのいい紅玉、
カッテージチーズと合わせて
香ばしいくるみを散らしました。

ふっくらやわらかで紅茶の香りがなじんだプルーン、
紅玉は、加熱すると、生とは一味違った風味の美味しさに。
どちらも、
そのままで美味しいのですが、カッテージチーズと合わせると、
食感のコントラストも加わって、爽やかなチーズのうまみが
口の中に広がります。

雪印メグミルクさんとレシピブログさんのモニターコラボ企画で、
雪印北海道100 カッテージチーズを3個、送って頂きました。
いつもありがとうございます。

191112r.jpg

雪印北海道100 カッテージチーズは、
そぼろ状で、ふわっとほろほろの食感、
低脂肪で優しい風味のフレッシュなチーズ。 

フルーツとこんなふうに合わすと、
朝食にも、おやつにもなる一皿に…♪

191020l.jpg

◆ プルーンと紅玉のカッテージチーズ和え
【材料】(約2人分)
雪印北海道100 カッテージチーズ 約大さじ2
プルーン 6個
紅茶(アールグレイ) 1ティーパック
砂糖 小さじ1+大さじ1
紅玉りんご 小1個
レモン汁 少々
ローストして刻んだくるみ 大さじ2

【作り方】
1.熱い紅茶に砂糖(小さじ1)を加えてプルーンを漬けておく。
  (ティーパック1個に湯1/2カップ強…プルーンがひたひたになるくらい)
  (冷めると冷蔵保存。半日以上置いたものを使うと味がなじんで美味しい)
2.紅玉りんごは、皮をよく洗い(塩をすり付け、洗い流す)
  皮つきのままくし切りにして約8mm厚さの斜め切りにする。
3.2を耐熱皿に並べて砂糖(大さじ1)を全体にふりかけ
  レモン汁を全体にふり、ふんわりラップをかけて加熱する。
  (600Wで1分くらい。透明感がでるまで。足りないときは
   10秒ずつ加熱をたして様子をみる) 冷ます。
4.1のプルーンと3のりんごに雪印北海道100 カッテージチーズを
  そっと混ぜて器にのせ、上にくるみをちらす。

※ 紅玉以外では、ジョナゴールド、ふじ等、酸味のあるりんごが
  おすすめです。
※ お好みでシナモンをプラスしても美味しいです。

【カッテージチーズを使ってオシャレなおいしい食卓を楽しもう♪】
   カッテージチーズ料理レシピ
カッテージチーズ料理レシピ  ご応募はこちらから>>
【雪印メグミルク×レシピブログのモニターコラボ広告企画参加中】



スポンサーサイト



  1. 2019/10/23(水) 23:59:59|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ビーツ

にんじんみたいな
さつま芋みたいな、
じゃが芋みたいな形の…

190712ii_i.jpg

…ビーツです。
丸いデトロイトレッドビ―ツと同じ濃い紅色。
味や風味もほぼほぼ同じような感じです。

190712l.jpg

きんぴらとピクルスに。。。
細切りは、和風味のきんぴらに。
さいころ切りは、甘酸っぱいピクルス。
ルビー色がきらきら~♪


  1. 2019/07/26(金) 23:59:59|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

移りにけりな…🌸

昨日一昨日と、土日の日中は暑いくらい…
桜はすっかり満開、そして、銀杏の木も急に葉が出てきました。

190408h.jpg
      ↑
けむるような淡い桜色の景色の中に、
いちょうの緑色が少し目立ってきています。

ちなみに、こちらは一昨々日、
金曜の景色です。
      ↓
190405y.jpg

そして、こちらは桜餅。
道明寺に桜の花の塩漬けを少し刻んで混ぜました。

190400c.jpg

ちなみに、あんを入れていない桜餅です。
道明寺をすこし甘めに仕上げました。

あんなしも美味也~🌸


  1. 2019/04/08(月) 23:59:59|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

月桂樹~ローリエ

月桂樹の葉です。

190330g.jpg

月桂樹の木からとったもの。
これをきれいに水洗いして
室内で干すこと2週間余り…

いい感じに(?)乾燥したので、
香辛料、ローリエとして使います。
瓶とジップロックに保存。

190330l.jpg

肉や魚の臭み消しになり、
煮込み料理に重宝するローリエ、
昨日のグラタンでは、ホワイトソースを作る時に一緒に煮て、
焼き上げるときにも上にのせました。

ローリエは、胃腸の働きを活発にしてくれます。
防虫作用もあるので、お米などの保存に入れておくのもよいとか。

ピクルスやマリネなどの漬け汁に入れると
香りだけでなく、防腐作用も発揮してくれるようです

ちなみに、洗ったものをそのまま乾燥させる、のと
洗ってから、さっと熱湯を通してから乾燥させる、というのと
2通りのやり方があったので、両方してみました。
(きれいな葉はそのまま、ちょっとキズやヨゴレがある葉は湯通し)

香りの出に違いがあるかどうか、しばらく試してみます。


  1. 2019/03/30(土) 23:59:59|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

あったかグラタン~残り物総動員

寒くなると、恋しくなるものの一つ、
グラタン~♪

181207m.jpg

きょうの具材は、
茹で卵にブロッコリ、
玉ねぎ、明太子、 牛乳
パルメザンチーズ、
すべて、残り物…中途半端に残ったものです。
おっと牛乳は賞味期限が本日、
というのが2本あったので、あわてて消費して
ホワイトソースに。

いずれも、グラタンと相性のいい具材、
はふはふと美味しく食しました。

(*^_^*)


  1. 2018/12/11(火) 23:59:59|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

柚子とクローブのポマンダー♪

こちら…

181202p.jpg

フルーツポマンダーです。
オレンジなどの柑橘に、スパイスのクローブを刺して、
シナモンやカルダモンなどパウダー状のスパイスをまぶして、
乾燥させたもの。

スパイスの抗菌、殺菌作用のおかげで、果物が傷まずに乾燥して
ドライフルーツ状になるそうです。

状態がよいと、10年以上も腐らず、置いておけることもあるとか…
ヨーロッパでは、クリスマスの飾りにも使われるようですが、
香りのお守り…防虫効果、消臭効果、魔除けとしての働きがあるそうです。

この前、レシピブログさんから
「ワインと楽しむ簡単おつまみレシピ」企画のモニタープレゼントで
送っていただいたスパイスにクローブがありました。

181116s.jpg

送っていただいた新しいクローブは料理用に使うことにして、
家にあったクローブが賞味期限ギリギリなので、そちらを使って作りました~。

柑橘は、オレンジが一般的なようですが、
小さい方が作りやすいので、小さな柚子で作りました。

◆ 柚子とクローブのポマンダー
【作り方】(1個分)
小さい柚子 1個、 
GABANクローブ<ホール> 10g
シナモンパウダー・カルダモンパウダー(オールスパイス) 各少々

【作り方】
1.柚子につまようじで穴をあけて、そこにクローブをさしていく。
  クローブが重ならず、隙間があまり開かない程度で全体にさす。

181202f.jpg

2.シナモンとカルダモンを混ぜ、1の周りにまぶす。
3.乾燥させる。

1ヵ月ほどで完成するそうです。
目安は、軽くなって、皮がかたくなるそう。
ちなみに画像のは作りたて。またその後の様子は後日アップいたします。

使いきれずに、賞味期限が過ぎてしまったクローブがあれば、
是非お試しくださいませ。

ワインのおつまみ料理レシピ
ワインのおつまみ料理レシピ  スパイスレシピ検索



  1. 2018/12/02(日) 23:59:59|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

すだちの仕切り

きょうのお弁当です。

181008b.jpg

・ご飯(梅干し、青じそ)

・プチトマトおかかの卵焼き
・九条ねぎとお揚げさんのたいたん
・ひじきと赤・黄ピーマンとちくわのマリネ風炒め
・にんじんとツナのきんぴら風
・伏見甘長唐辛子と牛肉の塩炒め

おかずとおかずの間の仕切りに
すだちを使ってみました。
味に影響はあったかな…?

181008a.jpg



  1. 2018/10/08(月) 23:59:59|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

芋づる式

久々の芋づるです。

180915z.jpg

芋づる式の言葉のもとの
芋づる。

まわりの薄皮を剥かないと
繊維質が多くて噛み切れないし、
アクがつよいから、水に浸けて、それから
サッと下茹でしたり・・・
少々手間がかかります。。。

が、
しゃきしゃきっとした、ほかにない食感が好きで、
この季節、食べたくなるのです。

180915e.jpg

にんじんと芋づるのきんぴら。
ごま油風味です。



  1. 2018/10/01(月) 23:59:59|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

白子みたび!!!

またまた鮭の白子です。

これは、この前、ちょっと量が多かったので、
味噌粕漬けにしておいたものです。

白子を切らずに大きいままゆでて、
水分をよくふき取って、
西京味噌+酒粕+酒みりんの味噌粕床に漬けて。。。

一口大に切って、フライパンで炙り焼き。

180915j.jpg

これは、酒の肴になりそう~!
(…と、いつもと同じく下戸の勘)

180915g.jpg

白子の名を持つものはいずれも美味!
鮭や鱈の白子(しらこ)
そして、
筍の白子(しらこ・しろこ?)も!
それから、
ちりめんじゃこの白子(しらす)も!!



  1. 2018/09/28(金) 23:59:59|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

赤い洋梨のジャム

珍しい赤い洋梨…

181000h.jpg

…その名は"レッドバート"
とありました。

頭の中では、
レッドバトラーと変換され…
皮の色はスカーレット色と認識され…
しばし、風と共に去りぬのメロディーが~♪

さておき、
やや熟れ過ぎていたので
ええとこどりしてジャムに~♪

181000g.jpg

赤いのは皮だけで、中身は普通の洋梨の色。
ザクザクと切って、一部をすりおろして
控えめの砂糖を混ぜて、さっと煮ました。
洋梨のリキュール・ポワ―ル・ウィリアムを仕上げに加えて~

上品な甘さと洋梨特有の芳香、
香り高いジャムになりました。



  1. 2018/09/27(木) 23:59:59|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
| ホーム | 次のページ→