FC2ブログ

朝ごはん・昼ごはん・晩ごはん+おやつ

二十四節気

今年は新型コロナウィルスの影響で、
春から色々な展覧会が中止や延期になっていました。
再開してからもなかなか足を運べなかったのですが、
ようやく気になっていた「京のくらし――二十四節気を愉しむ」展を観に
京近美に行ってまいりました。

200917j.jpg

所蔵品から精選された数々の絵画や染織、陶芸、金工等の工芸品が、
二十四節気に当てはめられ、ジャンルを分けず季節ごとに並んでいました。

ひとつの節気に10点前後の作品。
暮らしに息づく行事や祭り、そして、
自然…草花や生物、季節の移ろい、
芸術と密接に関わっている京都を感じながら
会場をまわると、季節を順に辿れます。

最初に入ったのは立夏の部屋

200917f.jpg

福田平八郎の 緑青が鮮やかな清々しい「竹」
平八郎作品は、この「竹」のほか、
夏至の「鮎」、処暑の玉蜀黍を描いた「清晨」と3点出ていました。

いきなり季節がとびますが…
こちらは冬至、ちょっと意外な…

200917s.jpg

…池田満寿夫の作品「二重富士」
ガラスの映り込みが残念…

それから立春、秋野不矩先生の「残雪」

200917a.jpg

抑えた色づかいの中、力強さが春に向かう
明るさが感じられる好きな作品です。

春分…楽しそうな「夜桜之図」 村上華岳

200917m.jpg

…    …    …
会場を一巡、一年をめぐりました。

今の時季は白露
白露の作品のうち、ひまわりを描いたこちら…

200917y_2020092322564830a.jpg

山口華楊の描いたタイトルずばり「白露」
夏から秋にかけての物寂しさを感じます。

こちら、白露の食卓。

200917n.jpg

栗おこわ。
(市販の栗の甘露煮をつかったものですが…)
白露の行事には、重陽の節句がありますが、
別名、菊の節句、栗の節句ともいうそうです。



スポンサーサイト



  1. 2020/09/19(土) 23:59:59|
  2. アート+α|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ミュージアム…

招待券をいただいて、
楽しみにしていた この春の美術展…
コロナウィルスの影響でことごとく中止になりました。

200525y.jpg

▼ 没後65年 モーリス・ユトリロ展
   ~パリが生んだ苦悩の画家
   (2020.3.18~4.6 京都高島屋)
▼ an・an 創刊50周年記念展
   ~生きて、愛して、歌って。  
   (2020.3.7~4.5 ( 「えき」美術館)

200525g_.jpg200525i_.jpg

▼ 京都 祇園祭 特別展
   ~町衆の情熱・山鉾の風流
   (2020.3.24~5.17 京都文化博物館)

(an・an展にいたっては、最初の方は開催されていたので、
実に残念。。。)

緊急事態宣言も全面解除され、
色々制限つきで、ミュージアムも再開されるよう…
今までとは違う形でもどってくるのでしょうが。。。
何はともあれ、アートが日常に戻ってくる、のは嬉しいことです。

さて、
きょう5月25日は「プリンの日」だとか。
5月だけでなく、25日はプリンの日…とも
毎月25日…というと天神さんなのですが、

前に作ったリングプリン~

191216r.jpg

バニラビーンズがむらになって、
汚れのように見えますが。。。
しっかりかためのカスタードプリンです。

191216p.jpg




  1. 2020/05/25(月) 23:59:59|
  2. アート+α|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

若冲と・・・

京都髙島屋グランドホールにて、
「京都の若冲とゆかりの寺―いのちの輝き―」展を
観てまいりました。

210120j_.jpg

細見美術館、それからいろいろな寺院に所蔵されている
若冲作品。

子年の初め、入り口には「鼠婚礼図」の中から
4匹のねずみが…

200120k.jpg

宴の最中、右は、酔っぱらって尾を引っ張られて到着するねずみ。
左は、宴の最中、迎え出るねずみに、お酒をつぐねずみ。

墨だけで描かれたねずみの宴の様子が
なんともかわいらしくて…

200120n.jpg


あと、屏風の群鶏図、
こちらも墨の濃淡だけで迫力ある鶏、鶏、鶏…

彩色鮮やかな画も多い中。
今回は、水墨作品が印象に残りました。

200120u.jpg

若冲の生家は、
錦通りにある青果問屋(枡屋)と言われています。

蔬果図(野菜や果物の画)もとても魅力的。
若冲は、野菜の中では何が好きだったんやろ?
(描くほうも、食べるほうも…)                                              

200120v.jpg

この前、買ってきた、いろいろの野菜をを前に
考えたり…



  1. 2020/01/20(月) 23:59:59|
  2. アート+α|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ミュシャ♪

みんなのミュシャ展、
京都文化博物館に観に行ってきました。

200132n.jpg

サブタイトル「ミュシャからマンガへ―線の魔術」
時も国境も超えて、ミュシャは、マンガや
いろいろなデザインの中に今も息づいているのを
目の当たりに…

久しぶりに数々のミュシャを観て、
その人気と普遍性を再確認して気がします。

200132l.jpg

展覧会場、入った所の壁面、
みんなが写真を撮りつづけていて、
ちょうど、人並みが途絶えた一瞬に撮れました。

3点ほどあった撮影OKのうちの1点、

200132m.jpg

女優、サラ・ベルナールの演劇のポスター
「ジスモンダ」
ミュシャは初めて手がけた"伝説"のポスター。
これで、一夜にしてパリ中にミュシャの名が知られるようになったそう。

急ぎのポスター依頼を受けた印刷所に、たまたま居合わせた
ミュシャが作った…という話の真偽はさておき、
このポスターを、サラがたいそう気に入り、独占契約をして、
その後、ミュシャはサラのポスターを次々と発表して
ポスター界の寵児になったのは事実です。

全体の抑えた色合いの中
衣裳のアラベスク様の柄や背景のモザイク模様、
心惹かれる色柄構図…

さて、アートのある日はスイーツも…♪

200131u.jpg

キャラメルナッツケーキです。
キャラメル味のアーモンド、くるみを上にのせた
バターケーキ。

200131t.jpg

濃いめのブラックコーヒーとよく合います。

200112z_.jpg



  1. 2020/01/13(月) 23:59:59|
  2. アート+α|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

クリムト・ライトアップ・チョコレートケーキ

久しぶりの国立国際美術館です。

191133n.jpg

「ウイーン・モダン~クリムト、シーレ 世紀末への道」展

191133j.jpg

チラシもポスタ―も入口も…
クリムトのブルーグリーンの女性…
「「エミーリエ・フレーゲの肖像」

191133k.jpg

今年2月に行った京近美の「世紀末ウイーンのグラフィック展」でも
画像を張り付けていました→「世紀末ウィーン…」 

191133p.jpg
クリムト「エミーリエ・フレーゲの肖像」1902

写真撮影OKだったので撮ってきました。
このエミーリエさんは、クリムトの恋人。
そして、エミーリエさんはこの絵が気に入らなかったとか…

衣裳が強調されて、着ている人物の方は実在感が希薄。
そのちぐはぐな感じ、
なのですが、インパクト大。

191133m.jpg

191133l.jpg

いろんな細部が気になって…。。

さておき、美術館を出ると、たちまち黄昏時に。
ここからは、
中之島界隈のクリスマス・ライトアップ

市役所正面のイルミネーションファサードから…

191133o.jpg

イルミネーション通り~

191133r.jpg

今の通りを反対から~

191133t.jpg

橋もライトアップ

191133y.jpg

191133w.jpg

夜の中之島公会堂

191133u.jpg

こちらは、日本銀行だったような…?

191133Q.jpg

御堂筋、銀杏並木のイルミネーション。

191133v.jpg

先ほどの、エミーリエさんの衣裳を彷彿させる
色合い。

そして、なんか気になる
木と背景のビル壁面。

191133x.jpg

・・・
アートとイルミネーションを満喫の一日でした。

そして、チョコレートケーキ。

191133c.jpg

ウイーン伝統のザッハトルテとはまた違うのですが、
チョコレートの濃いケーキ。
サンドしたチョコクリームは、ラズベリー入りです。

191133d.jpg


  1. 2019/12/06(金) 23:59:59|
  2. アート+α|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

すべては応挙に…

京近美に展覧会「円山応挙から近代京都画壇へ」
を観に行ってまいりました。

191204o.jpg

紅葉も終わりかけ、
冬の装いになるつつある風景の中、
パネルは動物画です。

チラシは絢爛豪華!
応挙寺とも呼ばれる、応挙とその一門の襖絵等がたくさんある
大乗寺。

191133i.jpg

大乗寺の襖絵の立体的な展示の迫力からはじまり、
生き生きした風景、写実的な草木、
リアルな動物群に、美人や仙人の画などなど…

応挙とその流れを汲む円山・四条派の画家たちの
様々な作品を堪能。

【すべては応挙にはじまる】というコピーをあちこちで
感じつつ、観て回りました。

4階のコレクション展でも、そこから連なる色々な作品が…

撮影可だったものから、撮ってきたものの一つ
池田遙邨「朧夜」
抒情的…

191204i.jpg

竹内栖鳳「「海幸」

191204t.jpg

食材というより、
鯖の皮目のガラの美しさ、海老の殻の色合いに
感嘆。

観終わった心地よい疲労感で外に出て、
17時過ぎの師走の空。。。

191204u.jpg

さておき、
海老の一品。

191204y.jpg

海老と青梗菜の中華炒め。
ブラックタイガーなので、
残念ながら(?)、加熱前は 黒っぽい殻でした。

191204z.jpg


  1. 2019/12/04(水) 23:59:59|
  2. アート+α|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

だるまちゃんと珈琲ケーキ

京都の大丸ミュージアムで
かこさとしの世界展を観に行ってまいりました。

191119a_.jpg

新聞記事を見たり、行ってきた友達の話を聞いたりして
昨日最終日に滑り込み!
だるまちゃんもからすのパン屋さんも大集合!
というコピーそのまま…

191119r.jpg

…入口に入るまでのスペースで、かこさとしさんのいろんなキャラクターが
迎えてくれました。

191119d.jpg

私が最初に読んだのは
『だるまちゃんとてんぐちゃん』
たちまち、だるまちゃんシリーズの虜になりました。

他にもいろんな絵本の原画…
お人柄が伝わってくるエピソードもいろいろ…
かこさとしさんの魅力が詰まった会場でした。

読んでみたくなった絵本も…
また、改めて読みたい絵本も…

    *     *     *

こちらは、絵本タイムのおともにもよさそうな珈琲ケーキ。
全体にコーヒーの色と風味、
スクエア型にアーモンドスライスを散らして
焼き上げました。

191115c.jpg

中には、ラムレーズンを刻んだもの、
ところどころ、フリーズドライのコーヒーの粒々が
ほろ苦いアクセントです。



  1. 2019/11/19(火) 23:59:59|
  2. アート+α|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

素朴絵。。。

191115r.jpg

日本の素朴絵展、
龍谷ミュージアムで観てまいりました。

チラシからも伝わってくる
ほのぼの感が会場のあちこちから~~

「素朴絵」≒ゆるくて味のある表現で描かれた絵画。
色々な時代の様々な形式の素朴絵が、
ゆるい かわいい たのしい 美術…という
謳い文句そのままに。。。

191115s.jpg

緩やかさ、おおらかさが、独特の不思議なとぼけた味わいを
醸し出して、ほんわかした気持ちで観て回りました。

近年人気のゆるキャラ、
ゆるキャラの登場は21世紀になってからですが、
多くの人に愛されるゆるさは、日本の美術史に古来
あったのだなぁ…と思うのです。

撮影用の背景があったけれど、残念ながら一人だったので
背景だけを撮っています。

191115b.jpg

こちらは、一対の掛け軸「雲水托鉢図」から
列をなす修行僧を配してあります。
「雲水托鉢図」は絶妙のゆるさ加減で断トツ人気だそう…

191133g_.jpg

(ちなみに、南天棒さんという臨済宗のお坊さんが
大正期に描かれたとか…)

限られた時間内で駆け足で
観たのがちょっと残念…でしたが、
心なごむひとときでした。

こちらは、先日作ったプリン。

191119u.jpg

昔ながらの作り方で、
昔ながらのプリンの型で
ひっくり返していただく
素朴なプリンです。

ゆるく。。。おいしい。。。

191115e.jpg




  1. 2019/11/13(水) 23:59:59|
  2. アート+α|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ドレス・コード

ドレス・コード? [着る人たちのゲーム]展、
京都国立近代美術館で観てまいりました。

191000g_20191025014728b68.jpg

会期前から、上右の赤いポスターをあちこちで見かけていましたが、
どういう展覧会なのか、よくわからず…(?_?;

ちなみに、下の空色の方は、英語版。
どちらも、観る人に問いを投げかけているよう…

191000f_201910250147272fe.jpg

「昔から、ファッションには暗黙のルールがある。
ほかにも、駆け引き、あるいはゲームにも似たコミュニケーションが存在する…

ネット社会となった今や、ファッションとのかかわり方も
いろいろ変化している…
わたしたちの装いの実践(ゲーム)7について見つめ直す」

服装のコードをとりまくいろいろ、着る人・見る人の関係性、さらに
衣服を通じた私たちと社会のあり方を問い直す…というようなコンセプト。。。

191000k_2019102501481048c.jpg

入り口の18世紀のフランス宮廷の衣裳から、
スーツ、ブランドとのコラボ、写真などアート 等など様々いろいろ。。。

芸術作品とコラボしたものも ありました。

191000h__.jpg

こちらは、ウォーホルのキャンベルスープ缶のワンピ―ス。

そして、こちらは。。。

191008t.jpg


  1. 2019/10/07(月) 23:59:59|
  2. アート+α|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

トルコ、チューリップ、プリン

京近美で開催中の
「トルコ至宝展」を観に行きました。

190717t.jpg

イスタンブールのトプカプ宮殿博物館所蔵の
宝飾品、美術工芸品の数々。

トプカプ宮殿は、オスマン帝国のスルタンの居住し、
政治の中心地でもあった所。
宮殿に収蔵される、皇帝の権威を示すような豪華な宝飾品が
今回、初来日したそうです。

花のモチーフ、とりわけ図案化されたチューリップが
あちこちに文様となって散りばめられていました。
トプカプ宮殿は、別名「チューリップの宮殿」と呼ばれているそう。
チューリップのトルコ語は「ラーレ」。ラーレのアラビア文字の綴り、
文字配列を変えると、イスラム教の神アッラーとなり、また、
ラーレを語末から読むと、トルコの国旗に描かれた三日月を意味する言葉になるそう。

チューリップは、トルコにとってシンボルの花、
工芸品のモチーフに、芸術の題材に…多用されていたようです。

今回、チューリップの花模様の「何か」を提示すると
ポストカードをプレゼント、という企画があったので、
持っていきました~♪

190717c.jpg

ず~っと昔にもらった、黄色い手帳と
桃色のタオルハンカチ。
いただいたポストカードは、オスマン帝国の栄華を誇るような
宝飾手鏡でした。

さて、トルコといえば、
トルコの家庭料理に
トルコ・プリンがあります。
原料がお米、いわゆるライス・プリン。

こちらのプリンは、先日作った
グダグダ・プリン。

190717p.jpg

どうやら分量間違え、
牛乳を入れ過ぎて、出来上がりがやわらか過ぎて
グダグダ…
見かけはこの通りですが
とろける食感と、カラメルの苦みが相まって
予想外に好評でした。



  1. 2019/07/17(水) 23:59:59|
  2. アート+α|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
| ホーム | 次のページ→