FC2ブログ

朝ごはん・昼ごはん・晩ごはん+おやつ

お朔日(ついたち)

きょうのお弁当はお赤飯。
いつぞや、取り立ててお目出たいこともないのに、赤飯弁当の日がありましたが、
(5月17日)
今回も、またまた たまたま!

…ではなく、今日、おついたちは、小豆ご飯を食べる日!
だそうです。(京都の食習慣では…)

0601

・お赤飯(黒ごま)

・おからのたいたん
・豚しゃぶとピーマンの胡麻酢あえ
・焼き鮭
・ふきと油揚のたいたん
・卵白とカニカマのふわふわ焼き
・黄身卵の海苔巻き焼き

+ みかん

(昨夜の残り物が、堂々続々登場!…家族にしかわからない…)


月の末日におからをいただく習慣については、先月末に書きましたが
(4月30日)
どうして、おついたちに小豆ご飯なのか…。

朔日に、小豆ご飯をお供えして、新しい月を無事に迎えられたことを感謝し、
これからの一箇月、息災に過ごせるように祈る、というようなこと
耳にしたことがあります。

子どもの頃、我が家では、月末におからはいただいていたのですが、
おついたちにお赤飯、というのは記憶にありません。

お赤飯といえば、かつては、けっこう手がかかったものです。
(うるち米より値が張る)もち米を用意し、豆を浸水させてから
下茹でして、豆とは別にした茹で汁に米をつけて、それから
蒸しにかけて……と時間も手間もかかりました。

今は、といえば、お米と一緒に炊飯器にいれ、スイッチオンすれば
お赤飯が出来上がる、という便利な小豆缶もあります。

ちなみに、今日のお赤飯、レンジで2分!の東洋水産謹製、
マルちゃんの「あったかお赤飯」

こんなに簡単に、お赤飯がいただけること、
なんだか申し訳ないような心持ちになります。
(何に対して申し訳ないのか、ようわかりませんが…)

ともあれ、
京都の、毎月決まった日に決まったものをいただく、という習慣、
今では、励行している家はあまりない、と思います。
うちでも、お決まりになっているわけではなく、思い出したら気まぐれに…
という有り様です。

ただ、今日が何日か再確認して、のんべんだらりと流れがちな気持ちを引き締め、
毎日の暮らしにメリハリをつけるため、古人の教えに倣った食習慣で、
食に対する感謝の気持ちを忘れずに過ごしたい、と思うのです。




スポンサーサイト



  1. 2011/06/01(水) 23:59:37|
  2. お弁当|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
| ホーム |