FC2ブログ

朝ごはん・昼ごはん・晩ごはん+おやつ

のびすぎでんねん。

本日のお弁当です。

0602

・ご飯(ふきの葉とじゃこの当座煮、梅干し)

・わかめ・にんじん・えのき茸の生姜炒め
・ねぎとチーズの卵焼き
  (ベビーチーズの黒胡椒味を巻いたら、微妙に色がグレー)
・かにかまスペシャル
  (私がスペシャルなことをした訳ではなく、ちょっと高級かにかま)
・ブロッコリーのとろろ昆布あえ
・ししゃもの焼いたん

+ みかん


ご飯の上には、フキの葉とちりめんじゃこを醤油味でたいたもの。
昨日は、茎(葉柄)をさっと薄味に煮たものでしたが、
こちらは、葉の当座煮(普通の煮物と佃煮の中間くらいの煮方)
ご飯のおかずになります。

ふき特有のほろ苦さ、ほの渋さが、この季節ならではの味わい…
なのですが、12歳にはまだこの微妙な風味が分からない様子。
味覚が子どもなのでしょうか…
「大根葉のたいたんやと思て食べたら苦かったー」

かくいう私も、子どもの頃は、フキのたいたんに
なんの魅力も季節感も感じず、自分の分のフキを消費するのが
ちょっと大変だった記憶が…。

フキやうど、みょうが等の繊細な香りや風味は、味覚が発達しなければ
なかなかわからないのでしょうか。
(その割には、娘は、ゴーヤ、ピーマン、菊菜やモロヘイヤ等の青菜は
 大好きなので、ようわかりません。味覚も勝手…?)

旬も終盤になってきたフキですが、こちら京都で売られているのは
たいてい大阪は泉州産。
フキ、というと北のほうのイメージがあったので、大阪産のフキというと
意外な感がありましたが、全国3位だとか(数年前の話なので、今は?です)

ちなみに、すら~っとのびる大阪の新しい品種、「のびすぎでんねん」
というネーミングだそうです。
一度お目にかかりたいものです。



スポンサーサイト



  1. 2011/06/02(木) 23:45:43|
  2. お弁当|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
| ホーム |