FC2ブログ

朝ごはん・昼ごはん・晩ごはん+おやつ

甘くない フレンチ・トースト

いつぞや、フレンチトースト(山椒かけ)を作った時に、
予告をしていた、甘くないフレンチトースト、言うなれば
フレンチトースト・サレ です。

french sal

普通のフレンチトーストの卵液は、卵+牛乳+砂糖(など甘み)ですが、
この卵液は、卵+牛乳+カップスープの素+粉チーズ。

カップスープの味は、コーンでもポタージュでも、
お好みのものを。
この日は、オニオンスープの素とパルメザンチーズ、
粗挽きコショウと刻みパセリを加えました。

切り込みを入れて、チーズをはさんだパンを浸して、
オリーブ油で両面色よく焼きます。

中でチーズがトロ~リとろけて、いい感じ~♪
休日のブランチに、甘いのと、どっちがいい?と尋ねると、
たいがい意見が分かれるので、両方作ることになるのですが。。。



  1. 2012/07/14(土) 23:58:53|
  2. ブランチ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

祇園祭

7月1日から始まった祇園祭。
山鉾が立ち並ぶと、急に
祇園祭気分が盛り上がってきます。

10日から始まった鉾建て、13日ともなると
組み立てもほとんど終わり、
装飾も施されています。

四条通は、普段から人通りが多い上、
長刀鉾、函谷鉾、月鉾など有名?な鉾があるので、
平日とはいえ、朝から浴衣姿の若者がたむろし、
かなりの人出です。

ちょっと小さい通りに入ると
すいていて、山鉾もゆっくり見られます。
iwa
こちら岩戸山。
iwato
準備万端、曳き初めもOKの様子。

こちらは、まだこれからのようです。
○

少し暗くなってきて、提灯に火がともると
いっそう気分が盛り上がりますね。
kanko_


ところで、
祇園祭のことは、別名はも祭、ともいうそうです。

かつて、夏の暑い時季に、海から離れた京まで、
生きて輸送できる唯一の魚だったと言われる
ずばぬけて強い生命力の魚、はも。

湯引き。はも寿司。焼き物…等など。
なにしろ、高級魚なので、あまり食卓ではお目にかかれません。

子供の頃に好きやった、はもの献立の中に
はもの柳川風があります。

笹がきゴボウをだしでたいて、はもの細切りを入れて
味がなじむと、卵でとじる~。

久しぶりに食べてみたい!

yanagawahu

柳川風、作ってみました。
どう見てもちくわですが、見たまま、
ちくわの柳川風です。

いつものちくわより、ちょっと上等のはも入りちくわ。
はも入りちくわの柳川風、略してはもの柳川風…てな
乱暴な略し方はしません。ちくわにも失礼。

ちくわ好きの人なら、きっと好きな味です♪

yanagawa


  1. 2012/07/13(金) 23:57:57|
  2. 晩ごはん|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

かしわ 再び

今日のお弁当です。

120712

・ご飯(梅干し、黒ごま)

・塩かぼちゃ
・四目豆(大豆、にんじん、ひじき、お揚げさん)
・モロッコいんげんとお揚げさんのたいたん
・カニかま卵焼き
・かしわと赤ピーマンの胡麻だれ炒め
・赤軸ほうれんそうの胡麻和え

+ キーウィ


一昨日の「かしわ」「なんば」「にぬき」が
少々、反響を呼び起こしたので、
今日は、献立のとこに「かしわ」…と書いていみました。

当然、千葉の柏市や、かしわ餅とは何の関わりもない
鶏肉のかしわ。
(かしわ餅はないこともない…)

かしわが、当てられている漢字は「黄鶏」
茶褐色の羽色の鶏を指した言葉で、カシワの葉の色に似ていることから
呼ばれるようになったとか。
(ほな、かしわ餅とは、遠縁みたいなものか…?)

今は、ほとんど西日本の一部でしか使われていないけれど、
かつては東日本でも、茶色い鶏をそう呼んでいた…とか。

かしわ、という呼称。自分も含め、周りでもだんだんと使わなく
なっているように思います。
こういう傾向を残念に思うのは、年のせいでしょうか。

今度、中学生の娘に、
「かしわ」という言葉が京都市内某中学内で
何%くらい通じるものか、聞き取り調査を依頼したい
と思います。



  1. 2012/07/12(木) 23:58:17|
  2. お弁当|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

紫だちたる味噌汁

今日のお弁当です。

120711

・ご飯(梅干し、ゆかり)

・麻婆ピー・ナス
・しろ菜とカにかまとお揚げさんのたいたん
・ツナとパセリの卵焼き
・ごぼうと紫にんじんのきんぴら
・伏見とうがらしとコーンの炒めたん

+ ネーブル


今日のきんぴらは、ごぼうとにんじん。
にんじんの色が、ちょっとくすんでいるのは、
紫にんじんだからでしょう。

皮が紫いろで、中は薄だいだい色。
茹でると、茹で汁が紫色に…赤ワインのような色になります。

紫にんじんをお味噌汁に入れると、どうなるかと…

はい。こんな色になりました。

PURPLE

わかりやすいように白い器によそってみました。

なんとも、食欲をそそらない色です…が、
味は、普通にお味噌汁。

普通の色のにんじんより、甘みがある感じ。

次回は、紫の色が映える献立を考えたいものです。


  1. 2012/07/11(水) 23:34:35|
  2. お弁当|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

にぬきとかしわとなんばのたいたん

今日のお弁当です。

120710

・ご飯(梅干し、ゆかり)

・鮭とプチトマトのパン粉焼き
・にぬきとコーンのマヨ和え
・三度豆のごま和え
・ごぼうのラタトゥイユ
・しいたけとお揚げさんのたいたん

+ キーウィ


「にぬき」
関西ローカルな言葉、と分かっていながら、
「ゆで卵」を、いつも慣れ親しんだ呼び方でついつい
書いてしまいました。

いや、関西ローカル、というより、関西などの一部地域。
その上、だんだんと若い人に使われなくなっていると
聞きます。

しかし、普段のおしゃべりはもちろん、電話の応対も、
本の朗読も、絵本の読み聞かせも、落語の稽古も(?)、
口から発する言葉はすべて関西弁のイントネーション!
の私。
それだけでなく、
親しい人とのメールや手紙は、ほとんど言文一致体、
関西弁そのままを文字にしている私です。

とにかく、書き言葉も話し言葉も、関西色がとても濃いのです。

食べ物関係の言葉で、関西圏外ではわかりにくいもの…
にぬき、かしわ、なんば、たいたん…
かしわ と なんば は、ここでは 鶏肉 コーン、
とわかりやすく書いていたと思います。
が、
煮物のことは、いつも、たいたん。
 
読んでくださってる方々の中に
「これは何のこっちゃ?」
(いえ、そんな言い方をする人なら、わかる筈)
「これって、何かしら? 何だろね?」
と思われたことがあるかもしれません。


「にぬきとかしわとなんばのたいたん」…なんて(なかったけど)
  ↑
食べ物とその調理法とは、わからないかもしれません。


  1. 2012/07/10(火) 23:56:21|
  2. お弁当|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

先入観で味覚は変わるのか…

今日のお弁当です。

120709

・ご飯(梅干し、塩昆布)

・新ごぼうとツナのサラダ
・赤・黄ピーマンと鶏肉のサワー・ソテー
・緑ピーマンとお揚げさんのたいたん
・甘辛しいたけの卵焼き
・ちくわとにんじんのさっと煮

+ パイナップル



今日の卵焼き、パッと見て
うまき(鰻巻き)に見えませんか?

中身がウナギと思いこんで、食べたみたら
しいたけの甘辛煮だとわかった時と、
初めから、しいたけ、とわかっていて食べた時とで
美味しさの感じ方は、違うものなのでしょうか?

いつぞや「探偵ナイトスクープ」で、
プリンだと思って冷やし茶碗蒸し(一見どう見てもプリン)
を食べると、どんなに美味しい茶碗蒸しでも、
不味く感じる、というのをやっていました。

それ以前に「これは茶碗蒸しじゃなくてプリン!」
と気づかないものか…と不思議に思ったのですが。。。
味覚は、先入観で感じ方が変わるのか?


さておき、
おかず箱の左から2つ目、
赤・黄ピーマンと鶏肉のサワー・ソテー、
つまり、酸っぱ炒め。

サワーというのは、らっきょうを漬けた甘酢が隠し味なので。
(らっきょ酢と呼んでます)
昨日(7月8日)のブログ写真のらっきょうの瓶の背後に
ひっそりと見えてるのが、らっきょ酢です。

らっきょ酢は、蜂蜜のまろやかな甘みと、ほどよい塩分、
カドのとれた酸味で、炒め物や煮物の仕上げにちょっと
入れると、味がきまるのです。

酸っぱいものは大好きなのに、らっきょう漬けが苦手な娘。
らっきょ酢と聞いて、先入観でお箸が進まなくなると
いけないので、伏せてあるのですが。。。

???


  1. 2012/07/09(月) 23:57:33|
  2. お弁当|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

漬けてない らっきょう

先月 六月に、青梅を漬けました。
第一弾で、梅シロップと青梅甘露煮
第二弾で、梅酒。

予定では、第三弾 梅干し! いってみよう~
と思っていたのですが、
ふと気つくと、もう梅を売っていません。。。

初挑戦したかった「気軽に作る梅干し(in ジップロック)」は
来年に延期。
(残念なような、ちょっとほっとしたような…)


さてこちらも、六月に仕込んだもの。
新生姜の甘酢漬け と らっきょう漬け
2012rassho

生姜の方は漬けた翌日から食べられます。

らっきょうは、突然漬けたくなって買ってきたものの、
漬ける大瓶が見当たらなかったので、ジャムの瓶を使いました。
(瓶が足りないので、慌てて、途中のジャムを食べきって…)

今回、らっきょうは、買ってきた分 全部を漬けず、
一部を生のまま、野菜として使いました。

ちょっと中華風の炒めもの。

rakkyotikuwaa

生らっきょうを縦2つか3つに切り、
ごま油で炒めてから、味噌ベースの味付け。

一緒に炒め合わせたのは、今、話題の(私の周りだけ…)
ちくわ也。

生のらっきょうは、食感や風味がちょっと面白いです。
サッと炒めだと、カリッとした食感。
炒め煮にして、しっかり火を通すと、少しホックリした感じ。

酢漬けの方のらっきょうは、刻んでタルタルソースに混ぜたり、
酢豚やこってり系の炒め物に、アクセントに入れていましたが・・・

広がる広がる~らっきょう・ワールド♪




  1. 2012/07/08(日) 23:57:14|
  2. 晩ごはん|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

赤い宝石をたっぷり ~せわしない夕べ~

この前の月曜は、息子の誕生日でした。

例年、誕生日が平日のときは、
当日、買ってきたケーキで、Happy Birthday♪ して、
次の休日にケーキを作って、再度お祝いしていました。

筋金入りの甘党家族です。

今年は、訳あって、当日のケーキ作り。
おまけに、リクエストの海老フライ作りも。
 (昨年も海老フライ・リクエストでした~
  どんだけ海老フライが好きなんや…)

しかも子細あって、夜9時頃にはケーキを完成させねば
ならなかった・・・

前夜に、スポンジとカスタードクリームを仕込み、
昼休みに、買出しに行き、
とそれなりに段取りを組んでたつもりでしたが…。

仕事終わって帰宅してから、せわしないこと せわしないこと。

メインのエビフライたんと それから、
具だくさんのタルタルソースたっぷり、は
なんとか7時半頃にできたものの、

サラダやら、酢の物は未完成(切っただけ)
皆さん~各自のお皿で好きな味付けにしてください状態。

朝にもう少し下ごしらえしておくべきやった~
と反省しつつ、
食べたか食べてへんかのうちに、ケーキ作りに着手。

実は私、生クリームを飾ったケーキはあまり場数をふんでいない。
すなわち、生クリームを立てたり絞ったりは苦手です。

「生クリームの泡立ては、涼しい部屋で落ち着いた心でせねば失敗する」
という教訓を思い出したのは、失敗してから。。。

大慌てで泡立てて、気づいた時は少し泡立て過ぎて、ぼそつき気味・・・

一からやり直したい!
でも、時間ない、もう生クリームない、もったいない…

強行してつづけ、なんとか完成。。。

上は、先日の到来物、さくらんぼ(佐藤錦)をたっぷりのせ、
それから、オレンジとキーウィ並べて。

TARO19CAKE

予定の9時を少しまわっていたので、
冷蔵庫で冷やし落ち着かせるまもなく、切り分けました。

間にはさんだのは、ディプロマットクリーム(生クリーム+カスタード)
と オレンジの果肉。
フルーツ感たっぷりのショートケーキです ♪

TARO19CUT

教訓。
・誕生日が平日に当たったら、迷わず、買ってきたケーキを。
・生クリームの泡立ては、涼しい部屋で落ち着いて。

TARO19SHRIMP

(晩ご飯づくりの途中経過。
 この後、写真を撮るは余裕ありませんでした…)


  1. 2012/07/07(土) 23:57:35|
  2. おやつ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

キーウィといえば…

今日のお弁当です。

120706

・ご飯(梅干し、塩昆布)

・ちくわのゆかり胡瓜づめ
・長芋の明太子煮
・万願寺とうがらしとお揚げさんのたいたん
・コーンの卵焼き
・豚しゃぶのカラーピーマン巻き 胡麻だれ

+キーウィ(グリーン&ゴールド)


朝バタバタして食べ損ねた
キーウィの残りを食べながらの深夜のパソコンタイムです。

(朝の果物は金、昼の果物は銀、夜の果物は銅、ほな
 深夜の果物は? 文字づらからは、鉄がいい…!?)

さておき、
キーウィといえば、ビタミンCの多い果物。
ビタミンCの果物御三家は、キーウィ、いちご、柿
だったと思います。

中でもキーウィは、Cと一緒に摂ると効率がいいビタミンEも
果物の中ではトップクラスに多い、ようです♪
(何の効率がいいんやったっけ…? まぁ とにかく、体にいい…(^.^)

飲料などで、□□□ 〇個分のビタミンCなどと
表示されているときの□□□内は、たいていレモン。

実際、レモンのビタミンCは皮に多いし、
レモンを1個単位で食べることは まずないし、
レモン何個分、と言われてもどうかと思うのですが、
やはり、ビタミンC ≒ レモン のイメージが大きいのでしょうか。

なにはともあれ、深夜に飲み物以外の何かを食べるのは、
ご法度にしていたのけれど、キーウィ解禁!


ちなみに、私の中で「深夜」の定義は、
丑三つ時の少し前、1時から2時の辺りです。




解禁品目がまたふえた・・・


  1. 2012/07/06(金) 23:55:28|
  2. お弁当|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

牛蒡

本日のお弁当です。

120705

・ご飯(梅干し、塩昆布)

・豚肉と赤ピーマンとごぼうの旨だれ炒め
・黒ごま卵焼き
・セロリとお揚げさんのたいたん
・ごぼうとにんじんのきんぴら
・黄ズッキーニのチーズパン粉焼き

+ パイナップル


牛蒡。
今日は、ごぼうが2種のおかずに入っています。
一つは、きんぴら。
にんじんと炒め煮にした定番です。
(僅か見える緑のは、今話題?のオカノリの茎…)

もう一つは、豚肉と赤ピーと旨だれ炒め。
太めに切って茹でてあるので、ちょっと やらかめごぼう。

きんぴらの方は、細切りで、しゃきしゃきごぼう。
同じ細切りでも天ぷらにすると、違う食感。

ささがきにしたら、また違う口当たり…

ごぼうは、その食感と香りがいいですね。

先日、ごぼう茶なるものをいただきました。
ティーバッグの中には、どうやら
細かくした乾燥ごぼうが入ってるみたいで、
淹れると、そのまんまの "ごぼう"の香り。

ごぼう好きの私は、結構好きです。
が、お茶として飲むよりも、ごぼうのコンソメスープ
なんて作れへんもんやろか…と検討中。



  1. 2012/07/05(木) 23:58:30|
  2. お弁当|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
←前のページ | ホーム | 次のページ→