FC2ブログ

朝ごはん・昼ごはん・晩ごはん+おやつ

そんなバナナ…!?

今年の最終お弁当です。(たぶん)

121220

・ご飯(梅干し、大根葉とじゃこのふりかけ風)

・ウインナと黄ピーマンの炒めたん
・ブロッコリの胡麻和え
・おかか卵焼き
・赤ピーマンとわかめの生姜炒め
・堀川ごぼうと油揚げのたいたん

+ レンジ紅玉


お弁当を持って娘が出かけてから、
大切なことを忘れていたのに気が付きました。

大切なこと・・・

バナナを入れることを忘れていたのです。
まだ6本もあるのに。。。

…で、今日のバナナおやつは
ロールケーキです。
(その実、生クリームを半額でゲットしたから…)

121220b

このロールケーキのロール生地、
色も厚みも、薄い。

色が薄いのは、黄身の色が薄いレモン色の卵(玄米ぷらすという卵)
を使ったからです。

121220wh

卵の黄身の色は、鶏のえさの色で決まるのですね。

さておき、せっかく、卵黄の色が白っぽいのだから、
アイボリーの生地を作ってみよう♪と思い立ちました。

あまり焼き色のつかないうちに、とオーブンから取り出したはいいが、
焼きムラが…(+o+)
焼きが甘かった・・・部分的に焼き足らないところがあり、
その部分がオーブンペーパーにくっついてしまって、
結局、厚さも薄くなり、ロールケーキとして使える部分は半分以下でした。

(尤も、その焼き足らない、くっついた部分が
 半熟スイーツみたいで、柔らかくて美味しい!っと
 娘がぺろぺろ食べて、これまた作って~♪などとのたまう。。。)

失敗なのか成功なのか、よくわからないまま、
色も厚みも薄い生地の上に、生クリームとバナナをのせてクルクルくるくる。

121220c

生地が、やわらかくとろけそうだったのは、
焼き足りないせいでしょうか?

失敗か成功かよくわからないバナナロールケーキです。
が、

失敗と成功というものは、とても接近していて、
ほとんど表裏一体であるようです。。。?!?



  1. 2012/12/20(木) 23:30:55|
  2. お弁当+α|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

きょうのバナナ

きょうは男子弁当です。

121219


・ご飯(梅干し、ゆかり)

・九条ねぎとお揚げさんのたいたん
・サーモンのタルタル焼き
・チーズと青海苔の卵焼き
・ブリのはりはり和え
・焼きポトフ(じゃが芋、ごぼう、人参、ウインナ)

おかず箱左から2つ目、魚の切り身をさっとソテーしてから
タルタルソースをぬって焼いた、タルタル焼きです。

我が家ではよくタラで作ります。
きょうのタルタルは、マヨネーズ+玉ねぎ+ピクルス+赤ピーマン。

多めに作ったタルタルソースで、
朝ごはんはタルタル・パン。

121219b

そして、バナナ・パン・・・

そう今週はバナナ週間。
食パンにバターを散らしてバナナをのせ、蜂蜜をタラリかけて
トーストしたものです。

バナナ、残り6本♪


  1. 2012/12/19(水) 23:55:02|
  2. お弁当+α|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

バナナ大作戦

今日のお弁当です。

121218

.ご飯(梅干し、黒ごま)

・水菜とお揚げさんのたいたん
・三色ピーマンのマリネ
・鶏のから揚げ
・にんじん卵焼き
・九条ねぎとカニかまのたいたん

+ 甘熟王!

三者懇談のため、お弁当休み、と昨日書いたところですが、
部活が放課後前半にあるときは、お弁当がいるという
ややこしい事実。
(はよ言うてほしいもんです・・・)

さて、
今日の果物は、もちろんバナナです。

計15本のバナナ、昨夜 利きバナナで3本消費。
残り12本もあります。
(叩き売りしてたんか?という方、昨日のブログを
 ご覧くださいませ)

熟れ過ぎバナナは、我が家では 売れ行きがわるいので
急いで、美味しいうちに食べなければ~

ということで、朝はバナナ・サンド・トースト♪

121218b

バナナとピーナツバターをパンにはさんで軽くトースト。
バナナとピーナツバターは相性がいいです♪

ピーナツバターは、甘みなしのチャンクタイプ(粒々入り)
がお薦め~♪


  1. 2012/12/18(火) 23:35:09|
  2. お弁当|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今宵は利きバナナ~

年末が近づいてくると、娘の中学では、三者面談があり、
その期間中、授業はお昼まで。
先週末より、お弁当がお休みです。

中学では三者面談で進路の話・・・(まだ2年なので雑談)
我が家は三社(?)バナナで食べ比べ・・・

121217

甘熟王、チキータ・プレシャス、熟撰バナージュ

行きつけのスーパーにて
入荷し過ぎたのか、売れなさ過ぎたのか、
食べ頃のバナナが大量にお買い得ワゴンに…(^_-)
3種とも買っても、一番高い甘熟王1房の普段の値段より安かったのです。

こうくると、利きバナナするしかありません!?!

121217B

いずれも、より甘くて食味のいいバナナを目指し 高地栽培された
「一味ちがいます」系?のバナナ。

3種それぞれ、甘みがつよくて美味しいのです(*^_^*)

聞くところによると、
バナナの種類は、欧米では僅か2種くらいなのに、
なんと日本では約30種類。
日本のバナナ市場は世界一豊富なようです。

それにしても、30種とは驚愕!
気になるのは、クエン酸たっぷりのバナナ。
甘みの中に爽やかな酸味があるとか。

(どこまでも酸味の好きな私…)

なにはともあれ、
低価格で安定してる、物価の優等生のバナナ。
ありがたいのですが、今日のように、
こんなに甘いのが1本15円~20円、
なにやら申し訳なく思いながらの
利きバナナの会でした。。。


追記
前にも、こだわりバナナのこと、書いていました…(バナナはお菓子…?


  1. 2012/12/17(月) 23:58:50|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

山口華楊展 そして 焼きりんご

先日、山口華楊展を観に行きました。

大正、昭和にかけて活躍された、動物画や花鳥画で有名な
京都の日本画家、山口華楊。

yamaguchikayo.jpg

配置が面白く動きのある、チラシの2匹の黒豹、
チケットの虎、迫力ある獅子、など猛獣から、
牛、馬、鹿など草食動物、身近な犬、猫まで…
いろいろな動物の、構図、色、質感が印象的でした。

いろいろな動物は、岡崎動物園でスケッチされていたのでしょうか?
展示されていた中に、ラクダの絵があったのですが、
それが描かれた年代が、なんと、
私が高校時代、友達と一緒に、岡崎動物園に
ラクダの絵を書きに行った時期とほぼ一致!

そういえば、あのとき横で熱心にラクダをスケッチされていた老紳士が…
~なんて記憶でもあれば、すごいのですが、

残念ながら、そんなことは一切ありませんでした。
が、華楊さんの描かれたラクダと、私のかいたラクダは
きっと同一人物、いえ、同一駱駝物! 
と思うとちょっと感慨深いです。

さておき、動物の、木々や草花の、背景の…
いろいろな色づかいが素晴らしく、いつまでも心に残っています。

(私が急にお弁当の緑色の濃淡、明暗が気になりだしたのは、
 この展覧会の影響だと思うのですが…)


ところで、
いきなり、唐突ですが、
焼きりんごを作りました。

bakedapple12

先日、焼きりんご~チーズケーキ鋳込みを作った時、
子どもから、普通の焼きりんごも食べたいコール があったのです。

くりぬいた芯の部分に、バター・りんご・シナモン。
オーソドックスな焼きりんごです。
(レーズンもはずせない!)

薄切りのこんがりトーストを、スプーンを入れるとあふれ出る、
果汁+溶けたバターシュガーにしゅませて、一緒にいただきます♪

bakedapple2cut

アートとスイーツがあれば、うきうきワクワクるんるんです♪


◆山口華楊展(京都国立近代美術館にて。~12月16日まで)


  1. 2012/12/15(土) 23:55:19|
  2. いろいろ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

GBSふたたび

今日は、男子弁当です。

121214_.jpg

・ご飯(梅干し、明太子にんじん胡麻のからっと煮)

・ピーマンとお揚げさんのたいたん
・チーズの卵焼き
・牛肉と赤ピーマンの時雨煮
・ブロッコリーの黒ごま和え
・ハッシュド・ポテトとパンチェッタ炒め


先日、好評だった GBSポテト

牡蠣でやってみました。
ガーリック+バター+醤油で、
片栗粉をはたいた牡蠣をひと炒め。

GBSオイスター。

1212kaki

ガーリックとバターと醤油、という味も香りも濃い調味が
主張のつよい牡蠣と、少々ケンカ。
GBSオイスターという語呂はなかなかなのですが…

やはり、GBSは、ポテトが一番…!?


  1. 2012/12/14(金) 23:55:21|
  2. お弁当|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

緑色

今日のお弁当です。

121213_.jpg

・ご飯(梅干し、ゆかり)

・ピーマンとブロッコリ茎とキャベツの塩炒め
・おかか卵焼き
・ブロッコリーの胡麻かつお和え
・鶏レバーと赤ピーマンの甘辛煮
・ピーマンと紅生姜の天ぷら

+ みかん


いつぞや、お弁当には
白、黄、赤、緑、茶、黒の6色を入れると、
彩りがよくて、栄養的にもバランスがとれてる…
と書いてたことがありました(→6色お弁当

必ず入れるご飯(白)
99%入れてる卵(黄)
かなり頻繁に入れてるお揚げさん(茶)
 (+ たまに入れる肉類も茶色)
少量で色がしまる黒ごま(黒)

…この4色は、勝手に(?)入りますが、
赤と緑は意識して入れているのです。

緑といえば、野菜。
冷蔵庫野菜室に、なんなりと緑色のものはある。

今日は、ブロッコリーとピーマン。
ブロッコリーは、固いつぼみ部は濃い緑で、
軸のとこは、淡い緑色。

ピーマンは、炒めたのは若い緑色で、
天ぷらのは、衣を通してみえる、ほのかな緑。

微妙に違う緑色…
(キャベツは、中の方の葉だったので、緑より白に近し)

最近、お弁当の中も、ほかの場面でも、「色」が気になるのです
(単純に色相、色調の「色」です…)



  1. 2012/12/13(木) 23:56:18|
  2. お弁当|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

小鮎の話

今日のお弁当です。

121212


・ご飯(梅干し、黒ごま)

・2色ピーマンとキャベツのハーブ炒め
・牛肉とにんじんのしぐれ煮
・卵焼き
・こんにゃくの明太子煮
・かぶとお揚げさんのたいたん

+ レンジりんご


昨日、一昨日とご飯の上にのっていた
小鮎の佃煮。
(ネタにする予定が、昨日食べきってしまって
 今日はないのです…)

1212koayu_.jpg

小指くらいの大きさの小鮎を醤油・酒・みりんで
煮たもの。
今回は、到来物…市販品です。

このかわいいサイズの小鮎、
琵琶湖近くの川魚屋さんでは新鮮なのが手に入り、
子どもの頃は、ときどき家で母がたいてくれたものです。

聞くところによると、
この小鮎とは、琵琶湖にのみ(?)生息するとか。

大き目の、というか普通サイズの鮎とは
種類が違うわけではなく、この小鮎も、
川に放つと 成長して大きくなるようです。
(琵琶湖に残ると、大きくならない…6~9㎝くらい)

なにはともあれ、
甘さをおさえた醤油味の中に、川魚特有のほんのり ほろ苦さ。
ご飯のおかずに、日本酒の肴に(いつもの如く下戸の勘)
うれしい一品。
湖国の逸品です!




  1. 2012/12/12(水) 23:55:50|
  2. お弁当|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

蓮根

今日のお弁当です。

121211


・ご飯(梅干し、小鮎の佃煮)

・鮭とれんこんの酢醤油炒め
・ウインナ・ロールキャベツとにんじん煮
・わかめの卵焼き
・ほうれんそうの胡麻和え
・こんにゃくと赤ピーマンの炒め煮

+ バナナ


おかず箱左端、
鮭とれんこんの酢醤油炒め。
鮭とれんこんをそれぞれこんがり炒めて
酢醤油(+オイスターソース)をからめたもの。

前夜の晩ごはんの一品。
どこに鮭が…?
弁当箱のすみに垣間見えてるのが鮭。
ぱっと見、少なそうですが、ほんまのとこ 少ない。

お弁当に入れる予定がなかったのを
娘がいたく気に入って、弁当リクエストがあったので
弁当用に残したものですから。

だいたいもともと…

121211re

…鮭が少なかったのです。

とはいえ、
たれの味がしっかりからんだ
しゃきっと感をちょっとだけ残した むちっとした
れんこんの方が魅力的な一品。

ビタミンCやミネラル豊富なれんこん、
これからが れんこんの美味しくなる季節です(^_^)/



  1. 2012/12/11(火) 23:44:53|
  2. お弁当|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

蜜入りりんごの話

今日のお弁当です。

121210.jpg

・ご飯(梅干し、小鮎の佃煮)

・赤ピーマンとわかめの三杯酢炒め
・チーズとパセリの卵焼き
・菊菜とほうれんそうの胡麻和え
・れんこんの辛子明太子炒め
・飛龍頭とちくわのたいたん

+ りんご


デザートのりんご、
この写真では少々わかりづらいかもしれませんが、
蜜入り です。

蜜入りりんごを初めて見たのは小学生のとき。

芯の周りの 透明感のある蜂蜜色!
シャキッとジューシーな中、口に広がる甘さ♪

味も見た目も、ちょっと衝撃でした。

どこから入った情報なのか、当時は
りんご農家がひとつずつ、蜜を注入する…
という噂があり、それを真に受けていました…
(…んな訳ないがな~(-_-)

実際は、樹につけたまま完熟させることで、
蜜が入ったような状態になるそうです。

葉の光合成によって作られる糖分が、 果実に大量に運ばれて貯まり、
飽和状態になって、そのままの形でリンゴの中に残る、
これが蜜のように見えるらしい。

果実の中に蜜が満タン状態にならないと、その現象が起こらないので、
蜜入りりんごは、より甘いりんご となるのですね♪

ただ、蜜入りを作るのは、なかなか大変なようです。
収穫が微妙に遅れると、変色したり、あるいは、
蜜が広がり吸収されて消えたり、
天候に左右されたり・・・
しかも、見た目からは、蜜の有無はわからないようです。

ちなみに、蜜が入るりんごは、種類が限られていて、
ほとんどが「ふじ」だそうです。
ふじは、日本で生産量が一番多い品種、ですが、
店頭に並んでいるものは、ほとんど蜜なしのものだと思います。


・・・
蜜入りりんごについて熱く語りましたが、
酸っぱいもの好きの私は、

酸味たっぷりで風味ある紅玉が一番好きなのです (^_^;)



  1. 2012/12/10(月) 23:55:49|
  2. お弁当|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
←前のページ | ホーム | 次のページ→