FC2ブログ

朝ごはん・昼ごはん・晩ごはん+おやつ

大寒の夜…

きょうは大寒です。
が、ここ数日の寒気が少しやわらいだ一日だったようです。

ようです…と他人事のように書いていますが、
周りの人々の会話から、そういえばそうなか…と思っただけで…

実は、最近、寒さをあまり感じない…
この冬、まだ手袋を出していないくらいです。

昨年コタツを出してから、毎日続いている、
コタツでうたた寝…
今日もやってしまいました。

不自然な体勢で(掘りごたつなので)
座布団すらしかず(いつのまにか微妙にずれている)
よく数時間も寝られるものです。(家族いはく…)
(うたた寝つづきでも風邪もひかない不思議…)

今日も先ほど、顔に違和感を感じて目が覚めました。
メガネがずれて鼻の横が痛い、しかも、
頬には、下に敷いてしまっていた原稿類のカタまで
ついています…(ヨダレが出てなかったのが不幸中の幸い…)

小腹がすいたので、夜中にごそごそ物色。
先日作った焼き菓子が一つ残ってた…ラッキー

130120

クランブルケーキ♪
手前は、ブルーベリージャムとチェリージャム。
奥は、柚子ジャム。
20年来、いろんなジャムで作る続けている焼き菓子です。
クランブル・ケーキ屋?

残り一つの柚子ジャムを食べて、もうひと頑張り!
しよかと思たけど、
やめて寝ることにします。
(ほな、食べんときぃな…(-_-)…)



  1. 2013/01/20(日) 23:59:10|
  2. おやつ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ピクルス十色

ピクルスつづきです。

ピクルスの作り方を指南してほしい~♪
というようなお声もいただきましたので、
もう少し、ピクルスについて熱く?語りたいと思います。

昨日、ここでは、洋風はピクルスで、和風は酢漬け
などと書いておりましたが、
もっと前には、和風ピクルスなどと銘打って、何やら書いていました…^_^;

書いたしりから、書いたしりから、物を忘れる
今日この頃…(T_T)…すみません。

呼び名はさておき・・・

前に書いていた和風ピクルスを見てみると、
こちらのページ

根菜系でしたが、
そのとき、同時に3種のピクルスを作っていました。

130113
 左:赤・黄ピーマンとブロッコリ茎のピクルス、
 中:根菜の和風ピクルス
 右:黒にんじんの和風ピクルス

左のカラー・ピーマン・ピクルス
【作り方】酢・水(各100cc)、砂糖(大1~2)、塩(小1/2)、
       粒胡椒、ローリエを煮立てて、熱いうちに
     下ゆでしたピーマンを漬け込み、オリーブ油(大1)を混ぜる。

    ※ ピーマンは、生でもOK(下ゆですると、味がはやくなじむ)
    ※ オリーブ油の有無、砂糖の分量はお好みで。
    ※ 酢は、ワインビネガー、りんご酢などがベター。
    ※ 香辛料は、ほかに、ディル、タイムなどお好みで。

   
中の根菜の和風ピクルス
【作り方】米酢・水(各100cc)、砂糖(大1~2)、塩(小1/2)、醤油(うす口、少々)
      胡椒・生姜スライス・鷹の爪・昆布(各少々)を煮立てる。
     下ゆでした根菜を入れてさっと一煮立ち。

    ※ 根菜は、にんじん、ごぼう、れんこん、など。
    ※ 根菜を入れてさっと煮ると、味がなじんで、はやく食べられます。

*煮立てたピクルス液を、①冷ましてから漬けるもの、②熱いまま漬けるもの、
 ③混ぜてさらに煮たてるもの、いろんなやり方があるようですが、
 ③→②→①の順で味がなじみやすい、けれど、③は野菜の色がわるくなりがち、
 また、 柔らかくなり過ぎる場合もある・・・
 加熱具合は、野菜の種類によって、使い分けるといいかもしれません。

* 水は、全く加えないレシピもあり、量が少ないほど保存性が高まるようです。

ちなみに右の黒にんじんの和風ピクルスは、上の根菜のと全く同じ漬け汁です。
アントシアニンの働きで、液まで色づいています。

今回の紫キャベツは、上のピーマンの方のレシピ。

130119

こちらも、しっかり色づきます。
130119m

配合も作り方(加熱具合)も、味の好み、早く食べたいのか保存性を重視するのか…などで
ずいぶんいろんなレシピがあるようです。
いろいろありすぎて混乱しそうですが、

結局、【酢+砂糖+塩+好きな香辛料】を煮たて、
酢がきつすぎると水を加え、好みの甘さ、塩加減にしたところに
野菜を漬け込む、という単純な作り方。

あまりレシピにこだわらず、好きな味つけで
さっさと食べきれる量を、気軽に漬けることから始める、
のがいいのではないでしょうか。

130113d



  1. 2013/01/19(土) 23:58:03|
  2. いろいろ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ピクルスと酢漬け

今日のお弁当です。

130118_

・ご飯(梅干し、黒ごま)

・煮込みハンバーグ(赤ピーマン、舞茸、セロリ)
・海苔巻き卵焼き
・ベーコンと紫キャベツ・ピクルスの炒めたん
・小松菜のたいたん
・うずら卵天

+ はっさく


おかず箱まん中の紫色は、
ベーコンと紫キャベツの炒めたもの。
紫キャベツは、酢漬け≒ピクルにしています。

3日前のお弁当にも同じようなものを入れていました。

ピクルスや酢の物を炒める ことは
あまりされないかもしれませんが…
炒めると酸味がまろやかになって、
酸っぱいものが苦手な人も食べやすいように思うのです…。

ドイツのザワークラウトを、ウインナーと一緒に炒めたりするのに
似てるかもしれません。

尤も、ザワークラウトは、酢ではなく乳酸発酵ですっぱいのですが…
などと細かいことを言いだすと、
ピクルスも発酵させるレシピもあるわけで・・・(?_?)

酢漬け≒ピクルスは、?? なのですが、
この アバウト人間のブログの中では、

和風っぽいときは、酢漬け、
洋風っぽいときは、ピクルス、

という雰囲気でしょうか。。。(^.^;)


・・・ピクルスは明日につづく・・・



  1. 2013/01/18(金) 23:55:18|
  2. お弁当|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

一月 十七日…

今日のお弁当です。

130117

・おむすび(ごま塩、焼き明太子、海苔塩)

・かぼちゃの塩煮
・ごぼうとにんじんのきんぴら
・セロリとちりめんじゃこの炒め煮
・おかか卵焼き
・牛肉と赤ピーマンの時雨煮

+ バナナ


おむすび弁当。

今日は、おむすびの日です。

阪神・淡路大震災の時に、食べる物もなく、不安のどん底にいた被災者が
ボランティアの炊き出し(おむすび)に助けられ励まされたことから、
いつまでもずっと、この善意を、そして、お米の重要性を忘れない為、
1月17日が「おむすびの日」に定められたそうです。

十年ほど前だったか、制定された時のこと、覚えています。
「おむすびの日」を何日にするか、という公募があり、
語呂合わせは? 「おむすび」に因んだ日は? ふさわしい季節は?
等などいろいろ考えていたのです。

後に、1月17日に決まったこととその理由を知って、
そういうふうに思い至った人々に敬服し、
思いもつかなかった自分がちょっと情けなかったです…

あれから18年。
神戸が復興を遂げていく中 起こった一昨年の東日本大震災。

被災された人々は、代受苦者(私が受けたかもしれない苦を、代わりに受けている人)
という思いを持ち続け、東北の復興・復旧を祈念し、支援していきたいと
思うばかりです。




  1. 2013/01/17(木) 23:59:59|
  2. お弁当|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

おぜんざい考

今日のお弁当です。

130116

・ご飯(梅干し、ゆかり)

・飛龍頭と小松菜のたいたん
・にんじんの明太子あえ
・ベーコンの卵焼き
・スナップえんどうのパルメザン炒め
・さつま芋の天ぷら

+ レンジりんご


昨日、予告?していたように、
朝から、ひんやりと冷えて、ちょっと濃度のついた
おぜんざいを食べました。
夜、お鍋に残っていたのを再びいただく。

翌日のおぜんざい、これが美味しいのです。

ところで、
今日、おぜんざいをいただいている人は、
思いのほかたくさんいらっしゃるよう。

というのは、今日一月十六日は、新暦で
親鸞聖人の祥月命日だそうです。
(旧暦では十一月二十八日で、そのころ、
 報恩講の法要が営まれることが多いのですが…)

親鸞聖人が小豆がお好きだったことから、16日に
おぜんざいをお供えされている所は多いようです。

おぜんざいは、小豆の美味しさを一番ダイレクトに
味わえる…と私は思うのです。

気になって、おぜんざいの歴史をちょっと ひもといてみたら、
一説によると、ぜんざいは室町時代生まれで、
初めて食べた人がは、あの一休さんだったとか。。。

ということは、親鸞聖人の時代には、まだおぜんざいはなかった
ことになります。
(小豆をどんなふうに食べるのがお好きだったのでしょう?)

また別の説では、発祥の地は島根県で、
神無月に神々が出雲に集まられたときにふるまわれたのが
おぜんざいだとか。
出雲には、出雲ぜんざい学会なるものもありました。

そもそも、関西でいうおぜんざいは、関東では田舎しるこ。

漢字にして「善哉」は、仏語で「喜び祝う」という意味。

・・・奥深きおぜんざいの世界。。。。。


  1. 2013/01/16(水) 23:59:42|
  2. お弁当+α|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

小正月には小豆

今日のお弁当です。

130115

・ご飯(梅干し、黒ごま)

・九条ねぎとげそ天のさっと煮
・海苔巻き卵焼き
・酢漬け紫キャベツとチキンのソテー
・ほうれん草のくるみ和え
・黄ピーマンとベーコンの炒めたん

+ はっさく


一月十五日、小正月。
京都では、十五日までが松の内。

お正月気分も終わりです。(←まだお正月気分やったん?!)

さておき、小正月の朝は、無病息災を願って小豆粥をいただく
食習慣があります。

うちでは、毎年、おぜんざいをいただきます。

130115z

今年は、大粒の丹波大納言を奮発。
夜のおぜんざいに備えて、
晩ごはんは、やや軽めにしました…^^;

少し残しておいて、
翌朝には、ひやしぜんざい~!!




  1. 2013/01/15(火) 23:58:19|
  2. お弁当|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

若苗色のスコーン~♪

休日の朝のスコーンです。

(だいたい、休日でない朝に、
 スコーンを焼く余裕は、時間的にも気持ち的にも
 ないのですが…)

さて、何のスコーンでしょう!?

淡い緑色。(実物はこちら、若苗色に近いです…)

この原料のスコーンは初めて作ったので、まずはお味見。

130114plain

手でわって、そのままパクッ!

外はサクッ! 中はフワッ!
まずまずの出来です♪

ふむふむ・・・
ほのかに原料の風味がしています。

次は、バターをつけて~

130114b

ほんのちょっとバターで 更に美味しくなります!

スコーンには、少なからずバターが入るのですが、
今回は、訳あって、ほんの少ししか入ってません。

次は、横半分に割って
クリームチーズとトマトをはさんで、
蜂蜜をまわしかけて~

130114tom

いろんな角度から検証、いえ、試食するのです。

さて、何のスコーンか…
と申しますと、

葉菜のような緑色ですが、
果実です。

この果実を入れるので、バターはほんのちょっと。
なにしろ、森のバターなのだから・・・

ということで、
森のバター → アボカドのスコーンです。

綺麗なグリーンに焼きあがったのは、
種の周りの白っぽい部分を入れてないからでしょう。

(白っぽいとこは、別途食べました。わさび醤油で)

グリーン・スコーン・・・(? ?)
アボカド・スコーン・・・(~ ~)

メキシカン・スコーン・・・!


  1. 2013/01/14(月) 23:48:41|
  2. 朝ごはん|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ポパイか 鉄骨か

年が明けてから、和食がつづいていたのですが、
久しぶりに、洋食献立です。

130112c

うちで、かなりの人気メニュー、
「ほうれんそうのオムレツ・グラタン」

この直径18cmのタルト型の中に、
ほうれんそう、たっぷり、
約1把半が、ぎゅぎゅっと入っています。

別名「ポパイ・オムレツ・グラタン」

中身はどうなっているかというと、
こんな感じです。

130112

ほうれんそうの刻んだのをたっぷり混ぜ込んだ
オムレツを焼き、
その上に、パルメザンチーズ入りのソースをかけて、
オーブンで焼き目をつけたものです。

(手前にぼんやり見えてるのは、ベイクド・ポテト、
 すなわち、じゃが芋の素焼き)

ほうれんそうは、鉄分たっぷり。加えて
ビタミンCも多いので、鉄分の吸収がいいのです。
そして、
パルメザンチーズは、カルシウムを多く含む乳製品。
各種チーズの中でも、ダントツのカルシウム含有量!

ということで、
別名「鉄骨・オムレツ・グラタン」

…呼び名は、いろいろあるのですが、

たいてい
「あの、ほうれんそうのぎょうさん入ったオムレツみたいなん」
と呼ばれているのです。

^_^;


  1. 2013/01/12(土) 23:55:18|
  2. 晩ごはん|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

揚げ餅♪

今日のお弁当です。

130111

・ご飯(梅干し、大根葉とじゃこ炒め)

・ひじきと人参とごぼう天のたいたん
・九条ねぎの卵焼き
・赤ピーマンと筍のラー油炒め
・塩スナップエンドウ
・かぼちゃのチーズ焼き

+ キーウィ


1月11日は、鏡開きだそうです。
鏡餅を下げて、お餅でお汁粉やお雑煮を作る地域が多いようです。

鏡開きの記事を見ても、ピンとこなかったのですが、
京都では、鏡開きは1月4日。

うちでは、例年1月11日は特に何もしなかったのですが…。

130111m

揚げ餅です♪
大根おろしとねぎをのせて、
熱いだしをかけて。

現在、我が家でお餅レシピの一番人気です。


  1. 2013/01/11(金) 23:58:16|
  2. お弁当|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

初寝過ごし。初忘れ。和風ピクルス 覚書き その⑥

今日のお弁当です。

130110

・ご飯(梅干し、ゆかり)

・ひじきのたいたん(にんじん、お揚げさん、えんどう豆)
・長芋のごま炒め
・ほうれんそうの胡麻和え
・炒めポテトサラダ
・にんじんと椎茸の卵焼き

・いちご(ゆめのか)

寝過ごしてしまい、超特急の朝、
慌てていて、ゆかりがドワッとごはんの上に出てしまい…
絵面的にどうも・・・と思っていたのです。が、
娘は、ゆかりがたっぷりで、嬉しかったようです。。。

((+_+))

息子の方は、娘より出かけるのが数分遅かったので、
落ち着いて詰められました。

130110ta


さて、今日の覚書きは、このお正月には作っていないものです。
来年はぜひ作りたいもの。
根菜の和風ピクルス、こちらです。
              ↓
wahup

これは、12月の初めに作ったもので、
にんじん、ごぼう、かぶ。
ここに、れんこんを加えて、お正月に~♪
と思っていながら、すっかり忘れていました。

◆根菜の和風ピクルス
 1) にんじん、ごぼう、れんこんは、下ゆでして、水分をよくとっておく。
 2) かぶは、軽く塩をして、よく水分をふいておく。
 3) 米酢・水(各1カップ)、砂糖(大3)、塩(小1)、薄口醤油(少々)
   胡椒、生姜スライス、鷹の爪、昆布を鍋に入れ、煮たて、野菜を加えて
   一煮立ちすると、冷まして保存瓶にうつす。

 ※ 好みでごま油をたらす。
 ※ 根菜の歯ごたえ、シャキッと感を残して仕上げる。



  1. 2013/01/10(木) 23:57:10|
  2. お弁当|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
←前のページ | ホーム | 次のページ→