FC2ブログ

朝ごはん・昼ごはん・晩ごはん+おやつ

野菜の日

野菜の日です。
野菜・やさい・831・・・

野菜の揚げ浸し
130831ve.jpg
オクラ、万願寺とうがらし、茄子、プチトマト
赤・黄ピーマン...色鮮やかな野菜たち…

油で素揚げして、アツアツを、だしをきかせた漬け汁に
しばらくつけこみます。
お酢を入れてもさっぱりと美味しそうですが、
今回は、だし+うす口醤油+みりん。

冷蔵庫でキーンとひやしてから…♪


こちらは対極ともいえそうな色合い
130831na.jpg
お茄子とお揚げさんのたいたん。
しみじみとした煮物です。

それから、
お茄子ときゅうりとみょうがの梅干し和え
130831my.jpg

こちら、友達から頂戴したみょうがで、
友達から教えてもらったレシピで作りました。
みょうがは、上のトッピングだけでなく
中にも、結構な量が入っています。

K子さん、大好物のみょうが、美味しくいただきました♪
甘酢漬けにしたものは、また改めて…
Mくん、茄子きゅうり茗荷で、浅漬けはよく作っていましたが、
梅干しで和えたのは初めて。今後定番になりそうです。

そう、梅干しも和歌山の方からのいただきものです。

皆さま、ご馳走さまでした。


なにはともあれ、
揚げても、たいたのも、生のままでも、
色鮮やかなのも、くすんだ色も、みんなみんな

野菜さいさい・・・


スポンサーサイト



  1. 2013/08/31(土) 23:59:59|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

無国籍…

きょうのお弁当です。

130830.jpg

・ご飯(梅干し、ゆかり)

・アジのフライ
・赤ピーマンと切干の土佐酢和え
・アスバラとコーンのオリーブ炒め
・甘辛しいたけの卵焼き
・鷹が峰とうがらしとベーコンの炒めたん

+ キーウィ


昨日の和弁当では、いかを筑前煮のような味付けで炊きましたが、
いかはトマト煮にするのが、人気です。
ワタも一緒に煮込んだコクのあるこちら…

130830sq.jpg

いかのワタごとトマト煮こみ。
なす、ズッキーニも入っています。
ワタはよ~く炒めてからトマト缶を加え、
味付けはお醤油です。

付け合わせは、ズッキーニのひらひら塩炒め。
ターメリック・クスクスのチーズのっけ。

和でもない、伊でもない、こういう国籍不明の料理が多いのは、
たいていのものに、お醤油を入れるからでしょうか…?




  1. 2013/08/30(金) 23:59:59|
  2. お弁当|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

野菜の漢字は難字

今日のお弁当です。

130829.jpg

・ご飯(梅干し、胡麻ふりかけ)

・九条ねぎとたらの七味煮
・さけの金山寺味噌漬け焼き
・ゆばの卵とじ
・おくらの梅干し和え
・こんにゃく・人参・いか・ささげのたいたん

+ 巨峰


今日のお弁当は、ぜんぶ和食の味付けです。
素材も香辛料も、基本、和のもの。
調味料もケチャップやマヨネーズなどカタカナなしで、
すべての材料が 漢字で書けそう…?


米、梅干、胡麻、九条葱、鱈、
鮭、金山寺味噌、湯葉、卵、
蒟蒻、人参、烏賊、

醤油、酒、味醂、塩、砂糖、
昆布、七味

・・・

書けませんでした。
おくら と ささげ …

おくらは「秋葵」
とろろ葵 に似た花が咲くので、葵の仲間ですね。

ささげ は「大角豆」
細~~~~くて長~~~~いのに
大角とは、これいかに?!?


読めへんし、イメージわかへんし。。。

(?_?)


  1. 2013/08/29(木) 23:59:59|
  2. お弁当|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

クラッカー焼き

きょうのお弁当です。

130828a.jpg

・ご飯(梅干し、ごま青海苔)

・赤ピーマンとしいたけの甘辛煮
・サケの南蛮漬け
・ねぎおかか卵焼き
・ささげのオリーブ炒め
・厚ハムのクラッカー焼き

+ ネーブル


めったにお弁当には登場しないハム。
クラッカー焼きにしました。

いわゆるフライ衣、パン粉の代わりに砕いたクラッカー。
小麦粉をはたき、卵をくぐらせ、クラッカーをまぶして
香ばしく焼いてあります。

ちょっと厚切りのハムです。
一緒にプチトマトもクラッカー焼きに。

130828d.jpg

ソースは、粒マスタード・ハニー・ソース♪

青味は、昨日も登場のささげです。
これでなんと1本分。
さすが、長~~~~~~~いささげ!

クラッカー衣…粉と卵と砕いたクラッカーが余ったので
酢の物予定のたこの一部もクラッカー焼きに。
こちらのささげは5本くらいでしょう。

130828oc.jpg

ちなみに、
クラッカーは、当たり前だのクラッカーではありません。



  1. 2013/08/28(水) 23:59:59|
  2. お弁当|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ささげ

きょうのお弁当です。

130827.jpg

・ご飯(梅干し、ゆかり)

・野菜のかき揚げ
・ささげのごま和え
・赤ピーマンとしめじの柚子こしょう炒め
・ししとうとしいたけの甘辛煮
・カニかま卵焼き

+ 天草晩柑


おかず箱 左から二つ目、
切ってごま和えにしたら、
見た目も、食感も味も、三度豆にそっくりです。

が、これはささげ。

さやが長~~~~~~いお豆です。

130829tu.jpg

45㎝のまな板には、くるりと曲げなければおさまりません。
ゆでていると、まるでリースのよう…

130827cir.jpg

このささげは、お赤飯で小豆の代わりに使われます。
小豆の方が味はいいようですが、
小豆は皮が破れやすい…。
一方、ささげは、煮ても皮が破れない。

皮が破れやすい→腹が切れる→切腹…に通じる
と連想され、縁起が悪いからとささげを使うようです。

切腹に通じるからと鰻を背開きにする文化は
お江戸なので、お赤飯にささげを入れるのも東京方面でしょうか。

乾燥したものを見ると、小豆とささげは、大きさも色もよく似ています。

ちなみに、三度豆は大きくなって乾燥させると金時豆になる、
と聞いたことがあります。

小豆も乾燥ささげも金時豆も・・・
みんな小豆色。

ということは、金時豆でお赤飯をつくることができるのでしょうか?!
ささげで、あんこを作ることができるのでしょうか?!



  1. 2013/08/27(火) 23:59:59|
  2. お弁当|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

お弁当再開

きょうのお弁当です。

130826.jpg

・ご飯(梅干し、黒豆枝豆)

・金山寺味噌漬け豚肉の炙り焼き
・赤ピーマンの炒めマリネ
・オクラのごま和え
・青のり卵焼き
・ゴーヤのツナ詰め


久しぶりのお弁当です。

ちなみに、こちらは、前日の晩ごはん…

130826kin.jpg

130826go.jpg

お弁当に似たようなものが見えますが、
似ているのではなく、同じもの。


いただきものの金山寺味噌、
豚ロースを半日漬け込んで(漬けるというより周りにまぶして)
香ばしく焼いたのは、ご飯がとっても進む味。

いただきもののゴーヤは、輪切りにして、
ツナの生地をつめて焼きました。
こちらもご飯のおかずによし。

どちらも、冷めても味・食感ともOKなので、
お弁当のおかずにピッタリです。。。




  1. 2013/08/26(月) 23:59:59|
  2. お弁当|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

無花果の花

忘れてはいけない…
寝過ごしてはいけない…
明日からお弁当づくりが再開します。

夏休みが終わったのです。
一昨日から娘の中学校の2学期が始まりました。

23日、しかも金曜…中途半端な日からはじまったものです。

中途半端というと、昨日買ってきたいちじくが
少々、中途半端…
部分的に若くて 部分的にじゅくっとしていて、
甘くもなく…あっさりと言うのか…なんとも中途半端なお味。

このままだと人気がない、傷んだらもったいない…
ということで、コンポートにしました。
ロゼワインに少し砂糖と蜂蜜を加えて
皮のまま さっと煮ました。

そして煮汁をゼラチンでふるふるかためて、
イチジクのコンポートを封じ込め、キリッと冷やしました。

130825j3.jpg

ロゼワインの色が綺麗です。
まん中に梅干しのように浮かんでいるのが
いちじくのコンポート。

ワインの風味をまとったイチジクは、
中後半端から一気にフルーティーでジューシーで
スイーティー♪
ふるふるのやわらかさのゼリーは、口に入れると
体温でとろけ、そのあと、イチジクがじゅわ~っ♪

130825j1.jpg

これが作りたい(食べたい)ので、
イチジクは、美味しくてもうれしいし、
ちょっとはずれでも、またうれしいのです。

いちじく(無花果)

花は咲かないのではなく、見えないだけ。
あの実の中にたくさん詰まっている、つぶつぶ、
あれが花だそうです。

あのつぶつぶした独特の食感が好きなのですが、
あれが花だと思うと…ちょっと複雑。

そして、アダムとイヴが腰に巻いていたのは、
このいちじくの葉…。

いちじくは、含蓄ある不思議な植物…
などと思いつつ、スプーンを口に運ぶひととき…
外はちょっと初秋の気配が漂ってきています。



  1. 2013/08/25(日) 23:59:59|
  2. おやつ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

フレンチの夕べ

今夏唯一のちょっと贅沢な時間です。
大津のフレンチのレストランにて♪

まずは前菜です。

1308_23_0.jpg

パルマ産生ハム、フォアグラ入りのテリーヌ、
それから、自家製スモークされたサーモンと帆立貝。
上品な深い味わいのテリーヌと絶妙の燻製加減のサーモンと帆立…

スープは冷製。
じゃが芋のヴィシソワーズかと思えば、
じゃが芋にかぼちゃが少し混ぜてあるそうです。
なるほど…少し温かみのある色に素材の濃い味わい。

1308_23_1.jpg

フォンドボーのとろけるゼリーが浮かんでいて、
スープともども、丁寧に作られている、
家では決して作れない美味しさと口当たりのよさです…

それから、魚料理は、
カサゴにオマール海老のソース。
魚の旨みを閉じこめたほどよい加熱具合のカサゴに
オマールのソースが超美味。
どうしたら、こんなお味が出せるのでしょう…

1308_23_2.jpg

そして、肉料理は、
牛ヒレ肉、フォワグラ、リードボー。
脂身がなさそうなのに、とてもやわらかくて
牛肉の美味しさたっぷりのヒレ肉は絶妙の焼き加減です。

1308_23_3.jpg

初めていただくリードボーは、まったりやわらかいけれど
存在感のある独特の食感。
生涯おそらく3度目のフォワグラも えも言われぬ美味しさ、
万願寺とうがらしやきのこも素材の味が生きて美味しい…

写真はないのですが、パンは、チーズをのせたバケット。
ゴルゴンゾーラとブリ―とクリームチーズをブレンドしたチーズが
口の中でとろけ、
細身のバケットはベリー入りで甘酸っぱさが肉料理ともマッチ。

最後、デザートは
桃のジェラート風アイスと、
オレンジ風味のカスタードクリームを添えた焼き菓子。

1308_23_4.jpg

桃、オレンジ、マンゴー風味のソースと
フルーティーな香りの中、独特の美味しい食感の焼き菓子、
口の中でいろんな美味しさが一体となって…

おいしゅうございました

(文中の…は、味の余韻です)

最近、ほとんど外食をしてなくて、
ましてや、フレンチのディナーなんて何年ぶり?

その上、こちらのシェフは近江の名工に選ばれた方、
とにかく、お料理が素晴らしいです。

で、小中(学校)の同級生です!(ちょっと自慢 ^_^;)


・・・ということで、ご馳走さまでした。

美味しい本格的なフレンチを…という方は是非♪

* 座.Liaison.23
  (大津市梅林1-1-3 JR大津駅から歩いてすぐです)

  1. 2013/08/24(土) 23:59:59|
  2. 晩ごはん|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

とろんとして ぷるぷる~

ステューピファイ!

ハリーポッターでさきほどまで連呼されていました。
この呪文で暑さを吹き飛ばしたい…

オブリビエイト !

忘却魔法。
これにかかってしまったかのように
いろいろなことを忘れ過ぎの今日この頃…
きょうも、日焼け止めを塗らずに出かけてしまいました。

エクスペクト・パトローナム!

今宵は『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』
けっこう入り込んで観ていたので、
頭の中を映像が行き来し、いろんな呪文が渦巻いています。

唐突ですが、
わらび餅です。

010_.jpg

黒砂糖仕立てで、きなこたっぷり。
見かけは、ちょっとくずれていますが、
かろうじて形を保っていられる
ギリギリのやわらかさです。

ぷるぷる、とろんとして、ちょっともちっと。


(ハリーポッターに出てくる「なめくじゼリー」というのが
 脳裏をよぎってしまった… ;-_-)




  1. 2013/08/23(金) 23:59:59|
  2. おやつ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ノルウェイの鯖

昨日の夕立で、少し涼しくなるかと期待していたのですが、
夜は熱帯夜、昼は猛暑日の気温を軽々クリア…(?_?)

厳しい暑さのせいか、年のせいか、生活習慣のせいか、不明ですが、
最近、物忘れがひどいです。

どれくらいひどいかというと、この半月、突っ込みどころ満載の数々の物忘れをして、
あきれ返ったり、ネタにしたりしていたのに、
それを思い出すことができないのです。

何を忘れたのでしたか?

そう、自転車置き場で、乗ってきていない自転車を捜しまわったり…
とっていない駐輪券を鞄をひっくり返して捜したり…
ほとんど毎日合わせている自転車のチェーン鍵の4桁の数字が
急にわからなくなったのは、衝撃でした・・・(>_<)

自転車関係のほかにもあったのですが、
さておき・・・

130822.jpg

鯖のごまみそ煮。

脳の働きUP → DHA → 鯖など背の青い魚
という連想は、忘れていませんでした。

こちら、ほどよく脂がのって美味しい
ノルウェイの鯖。

ノルウェイの森、と書くのと雰囲気が変わること 変わること…

子供の頃に好きやったノルウェイが舞台の物語、
『小さなスプーンおばさん』『小さい牛追い』で読むノルウェイは、
とても素敵な憧れの国でした。

等々などなど・・・ノルウェーの森を聴きながら、
色々いろいろ思いめぐらす熱帯夜。



  1. 2013/08/22(木) 23:59:59|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
| ホーム | 次のページ→