FC2ブログ

朝ごはん・昼ごはん・晩ごはん+おやつ

ごぼうの引力

昨日はれんこん、
今日はごぼう。

140218.jpg

ごぼうのパスタです。
ごぼうと玉ねぎをオリーブ油で炒め、鮭をほぐしいれて
ゆでたスパゲッティをからめて最後に九条ねぎをちらしました。

ごぼうの風味がいい感じです。

ごぼうを食するのは、日本のほか韓国・中国などごく一部
と聞いたことがあります。
この微妙な美味しさが 目に入らぬ、いえ、口に入らぬか…
もったいない・・・

ごぼうもポリフェノールが多いので
花粉症対策食材にちがいあるまい。。。

それよりなにより、
ごぼうは、一番好きな野菜!
の1つです。
好きな野菜が多いもので、順位不明ですが…

中学に入ったばかりの頃に、
理科の某先生に
「そんな荒地のごぼうみたいな足して…運動せなあかんでぇ」
と言われたことがあります。

決してほめ言葉ではないのですが、
それ以来、ごぼうに親近感を抱くようになりました…?!

(自分に似ている、と言われると、人でも物でも
 好感をもってしまう…という単純なところがあるのです ^_^;)

今や、足はごぼうとは程遠くなりましたが、
ごぼうへの愛着は増すばかりです!



  1. 2014/02/18(火) 23:59:59|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

花粉お見舞い…

「寒中お見舞い申し上げます」は節分まで。
立春からは、
「余寒お見舞い申し上げます」

そのあとは、
「花粉お見舞い申し上げます」…?!

今年もやってきました。花粉の飛来。
この二十数年、毎年早ければ、2月5日、
遅ければ15日、この10日間の間に必ず、
鼻腔がスギ花粉を感知するのです。

そして、3月に花粉飛散のピークを迎え、
収束していく4月末までつづく悲惨な日々…(>_<)

ただ、花粉症歴も四半世紀を過ぎ、
その間、日本の国民病となり、
マスクと飲み薬以外の対処法も増えてきました。

花粉症には、○○が効く、○○で症状が緩和する、
として、いろいろな食材の名前が挙がり…
…れんこん、大葉、ヨーグルト、バナナ等など。

日頃から食べ続けて、効果のほどを
試そうと思いつつ、
花粉の時期が終わって、すっきりすると、
すっかり忘れてしまいます。

のど元過ぎれば熱さ忘れるの典型。
何事も、備えなくして憂いだらけ…(-"-)

先日、鼻腔の違和感を感じながら野菜売り場を歩いていて
症状を緩和すると言われる食材の1つ、れんこん購入。
れんこんに豊富に含まれるポリフェノールには
抗アレルギー作用があるそうです。

140217.jpg

「れんこんとアボカドのサラダ」

れんこんのしゃきしゃき感とアボカドのねっとり感、
食感の違いが心地よいサラダ。
ひじきと大豆、玉ねぎも加えて、酸味を効かせたドレッシングで
あえました。

しばらく、花粉症に効く素材献立が登場しそうです。

一昨年から始めた鍼にもぼちぼちいかねば…
鍼の効果で、目と鼻がすっきりして、不快感が軽減し、
飲み薬なしで、過ごせるようになりました~(^_^)



  1. 2014/02/17(月) 23:59:59|
  2. 朝ごはん|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

とろけるガトーショコラ

ここ数年、2月13日には
キッチンでチョコレート工場が稼働していました。

今年は、といえば、
気がつけば既に2月も折り返している…

ここ数日、我が家では寝ても覚めてもソチ五輪、
娘は、応援している選手が何色かのメダルを取る夢を
何度もみていたらしい…

そういう訳で、今年はチョコレート工場どころではなく…

いえいえ、
そういう訳ではありませんでした。

今年は受験なので、友チョコを交換していたお友達も皆
それどころではなく…というのが実のところです。
息子も不在だったため、いっそう2.14が薄れていました。

なにはともあれ、
2月半ばにチョコレートを食べないのは、
夏の土用に、あんころ餅を食べないかのごとく、
落ちつきません…?!

…等と、無理矢理の(?) 理由をつけて、作製。

140216gat.jpg

とろけるガトーショコラです。
あえて、焼きを甘くして、ちょっぴりレアな仕上がり。
マロンクリームを少々忍ばせた
濃厚だけれど、甘さ控えめのガトーショコラ。

まずは、出来立てのまだ温かみが残っているところを
切り分けて…

140216choco.jpg

あと、完全に冷えたもの、
冷蔵庫で落ち着かせたもの、
食べ比べがつづく予定です。。。



  1. 2014/02/16(日) 23:59:59|
  2. おやつ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

香菜! 

香菜(シャンツァイ)です。

140216sha.jpg

香菜は 中国語。
英語では、コリアンダー。
タイ語で、パクチー。

和名は「コエンドロ」というそうですが、
日本では、かつてよく 中国パセリ、と
呼ばれていたような…(?)

そのにおいから、「カメムシソウ」という
別名もあるようです…(*_*)

この独特の香り、ちょっと苦手な時もあったのですが、
最近、ちょっと気になっています。

先日、エスニックなぶり大根のトッピングにし、
昨日は、春雨とともに炒めてお弁当に…

数日、キッチンに東南アジアの風が漂っています。

残っている香菜で、ブランチ。
(香菜、という呼び方が一番好きです♪)

140215tom.jpg

トムヤムクン風うどん。
何を隠そう(隠してへんけど)
トムヤムクンは名前しかしらないので
あくまでも、トムヤムクン風…です。

うどんは、前日のきつねうどんで
ゆでたうどんの残りです。

というわけなので、スープのベースは
うどんのだしの残り。
とはいえ、日本の「だし」は万能!?

だしとガラスープとトマト水煮、
生姜に長ねぎをごま油で炒めたところに入れて、
むき海老も IN
味の決め手は、香菜。
隠し味は、すし酢。

トムヤムクンの味かどうかは、よくわかりませんが、
なかなかの味に出来上がりました。

140216tomgo.jpg

今回は、タバスコではなく、ごまスコです。

とうがらしの風味に胡麻の香り、
タバスコもいいですが、ごまスコもいい
中華にも、エスニックにも、和風にも合う
万能選手です♪




  1. 2014/02/15(土) 23:59:59|
  2. ブランチ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

タイ風よりロシア風?

今日のお弁当です。

140214.jpg

・ご飯(梅干し、ゆかり)

・ごぼうとちくわの胡麻おかか煮
・春雨と香菜と赤ピーマンのタイ風炒め
・キクラゲと九条ねぎの卵焼き
・菜の花のソテー
・鰺フライ

+ ネーブル


おかず箱左から2つ目の炒め物、
タイ風、としましたが、実はタイ料理は食べたことがありません。

春雨炒めに香菜を入れると 途端に
味が東南アジアっぽくなったのですが、
この風味がタイっぽいのか
ベトナムっぽいのか、はたまた、インド??
よくわかっておりません。

なにはともあれ、夜中に始まって、未明に終わった五輪フィギュアSP、
観戦を終え、興奮冷めやらぬ状態で作ったお弁当です。

作り終えて、朝刊を取り入れに行くと
まだ暗さの残る中、雪がちらついていました。

2時間ほど眠り、目覚めると広がる銀世界。
   *
        *        *
 *        *          *
140214snow.jpg

こんな日に似合うのは、ロシア風なんですが・・・



  1. 2014/02/14(金) 23:59:59|
  2. お弁当|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

タバスコ♪

今日のお弁当です。

140213.jpg

・ご飯(梅干し、ひじきふりかけ)

・ほうれんそうとカニかまのごま油炒め
・ポテト・コロッケ
・青海苔の卵焼き
・ごぼうとにんじんのピリ辛きんぴら
・赤ピーマンとセロリ葉としいたけのきんぴら
・蒸しさつま芋


きょうのお弁当のきんぴらはピリ辛。
ちょっぴりタバスコを加えました。
いつものきんぴらも、変化がつきます。

きょうの晩ごはん、
美味しそうな聖護院大根を入手したので、
主菜は、ぶり大根にしました。

いつもの定番ではなくエスニック風。
タバスコの辛みとトマトとバルサミコの酸味、
カレーの香辛料クミンとターメリックのほのかな香り、
お醤油が味をまとめて、エスニックな風味の中、
ほっとする味に仕上がりました。

140213taba.jpg

◆ エスニックぶり大根

 大根特有のにおいも、ぶりの生臭みが全くなく、
 いつものぶり大根よりも好評 (*^_^*)
 タバスコの食欲をそそる刺激的な辛み+とうがらしの風味が、
 魚のにおいを抑えて、美味しくし仕上げてくれる…

140213ta.jpg

 ぶりの下味にも煮汁にもタバスコをきかせて、
 トマトベースのエスニック風に煮込みました。
 タバスコの辛みや風味がアクセントに効いて絶妙の味です。
 醤油が全体をまとめているので、万人向きの和風エスニック♪

【材料】
(丸)大根 1/2本
ぶり 4切れ( ^ω^)・・・
タバスコ®ペパーソース 小さじ1
酒 大さじ1
塩・こしょう 各少々
生姜・にんにく 各1片(すりおろし) 
クミン・ターメリック・薄力粉 各少々
オリーブ油 大さじ3
酒・みりん 各大さじ2
バルサミコ酢・ケチャップ 各大さじ1
トマトジュース 小1本(160g)
醤油 大さじ3
タバスコ®ペパーソース 少々
香菜 少々、 白ねぎ 5㎝
【作り方】
1.ぶりは、タバスコ、酒、塩こしょう、生姜、にんにく、クミン、ターメリックを混ぜた漬け汁に漬けてしばらくおく。
2.大根は皮をむいて乱切りにし、下ゆでしておく。
3.オリーブ油の半量で大根を炒め、軽く焼き目をつけ、いったん取り出す。
4.ぶりの汁気をきって粉をかるくまぶし、残りのオリーブ油でぶりの表面を焼きつけ、取り出す。
5.鍋に酒、みりん、バルサミコ酢を入れ、かるく煮立て、ぶりと大根をもどして、トマトジュースを加える。
 (ひたひたにならないときは水を少々加える)
6.煮立つと、アクをとり、トマトケチャップ、醤油、タバスコを加えて煮込む。
 ときどき煮汁をまわしかけ、味を調え、煮上げて器に盛る。
 白ねぎのせん切りと香菜を散らす。

※ 大根は、米のとぎ汁で下ゆで。
  時短には、耐熱皿にいれて、水少々をふってラップをかけて、電子レンジ加熱してもOK。(約6~8分)
ぶりも大根も表面をさっと焼きつけることで香ばしい美味しさが広がります。

タバスコの原料は、とうがらし・岩塩・酢。
とうがらしの成分、カプサイシンには血行促進、殺菌、健胃などの作用、
そして、脂肪燃焼効果もあるよう…

もっとタバスコを…♪

タバスコ ペパーソースの料理レシピ
タバスコ ペパーソースの料理レシピ


  1. 2014/02/13(木) 23:59:59|
  2. お弁当+α|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

魅惑の黒!?

きょうのお弁当です。

140212.jpg

・ご飯(梅干し、白黒ごま)

・牛肉とにんじん・ごぼう・こんにゃくのたいたん
・ベーコンとほうれん草のソテー
・ひじきとにんじんの卵焼き
・赤ピーマンとセロリのごま和え
・菜の花とちくわのさっと煮

+ グレープフルーツ


きのうの、石垣、いえ、黒ビールのチーズから
黒い食材が気になってきました。

きょうのお弁当箱に入ってる黒は、
黒ごまとひじき。

ほかに、黒い食材といえば、
黒豆、海苔、昆布
プルーンにレーズン、
イカすみ。

好きなものが多い。
そして、
栄養面でもすぐれものが多そう…

黒酢や黒砂糖は隠し味に欠かせぬ調味料。

いつの頃からか、竹炭入りの~ほにゃらら…
黒い生地のケーキや、黒いおまんじゅうもありますね。
味には影響なく、デトックス効果など、健康にいいとか…(?)

黒い食材には魅力的なもの、多し。
魅惑の黒。

ちなみに、今年2014の私のスケジュール帳は、
黒皮の手帖・・・です。
(皮と違て、黒いだけやけど…)




  1. 2014/02/12(水) 23:59:59|
  2. お弁当|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

彦根城の石垣…

立春を過ぎてから、ひときわ寒い毎日がつづきます。
寒い朝は、とりあえず温かい飲み物がほしいものです。

お味噌汁、すまし汁、粕汁等など
汁物は概して大好きですが、
休日の朝、単独で飲むなら、汁物よりスープがいい・・・

140211.jpg

トマトスープです。
お湯で溶かすだけ、というフリーズドライのオニオンスープ、
お湯ではなく、トマトジュースを入れて、残り物の大豆やコーンを入れ、
かるく煮ました。
仕上げにパルメザンチーズを入れると、味が決まります。

トマトとチーズは相性がいいです。

そうそう、先日入手したチーズも開けましょう。

ジャーン♪

140211ir.jpg

黒いマーブル模様がインパクトあるチーズです。
この黒色は、ほろ苦い黒ビールの色。

個性的な見かけからは意外なほど、クセのない味で、
ほのかな苦味が、口の中で チーズの芳醇なコクと一緒に
広がるのですが、最後には、ほんのりミルクの甘みが残る
優しい味わいのチーズです。

それにしてもこの模様。

140211por.jpg

お城の石垣にも見える。
黒ビールの故郷 アイルランドの古城!
というより、
彦根城の石垣でしょうか・・・

hikonejoheki__.jpg

(ときどき、ひこにゃんの背景にもなってますが…)


  1. 2014/02/11(火) 23:59:59|
  2. ブランチ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

あやめ雪

今日のお弁当です。

140210.jpg

・おにぎり
(梅干し、ひじきふりかけ、青海苔ごま、梅かつお、ゆかりごま)

・かぶの葉とお揚げさんのたいたん
・鶏肉と赤ピーマンとしいたけのオリーブ油ソテー
・おかか卵焼き
・菜の花と鮭のさっと炒め
・ひじきとにんじんとお揚げさんのたいたん

おかず箱、左端のかぶの葉。
あやめ雪という小かぶです。

140210k.jpg

菖蒲の花の色、鮮やかな色合いです。

葉は、煮物に。
皮は、浅漬けに。
本体は、百枚漬けに。

140210t.jpg

小かぶとはいえ、直径10cm以上の大きさ。
浅漬けは、1キロ分くらい大量にできました。

上の奥の写真、30皿分くらい… ^^)
しばらく毎日、あやめ雪。





  1. 2014/02/10(月) 23:59:59|
  2. 晩ごはん|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

やさしくて苦みばしった…

ふと気がつくと、冷蔵庫に牛乳が3本もありました。
1リットルのパックが3本です。
しかも、今週また共同購入でやってくる…

牛乳一気消費計画、といえば、プリンです♪
今回は、とろ~んとやわらかめ(すなわち牛乳多め)を
パウンド型で作製。

すくい分けると、くずれそうなやわらかさです。

140209s.jpg

牛乳、卵、砂糖。
たった3つの材料で
 (今回は、+バニラとラム酒を少々… ^_^;)

ほとんど混ぜるだけの手間で
 (口あたりをよくするため、濾しましたが… ^_-)

加熱時間、たった5分で
 (要、余熱30分。なんて省エネ… *^_^*)

原価も低く
 (今回約6人分で、概算して壱百五拾円也…! ^^)
 
口のなかで広がる、
まろやかな風味とやさしい味。
とろけるなめらかさに、
ほろ苦い、いえ、苦み走ったカラメルがアクセント。


140209P.jpg

やっぱり、プリンは
私の中で洋菓子の原点です。



  1. 2014/02/09(日) 23:59:59|
  2. おやつ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
←前のページ | ホーム | 次のページ→