FC2ブログ

朝ごはん・昼ごはん・晩ごはん+おやつ

イオンモール

140731i.jpg

仕事帰り、日没前の時間帯です。
建設中のイオンモール。
京都市内で最大級の規模だそうです。

夕日が反射しているのは、丸窓?
悟りの窓か…迷いの窓か・・・
さておき、
オープンは、10月中旬です。

イオンシネマ
カルディ(コーヒー豆と輸入食品)
クオカ(製菓材料)
31(アイスクリーム)
銀だこ(たこ焼き)
・・・

いろんなお店が入るようで楽しみです。
(映画館以外は食関係しかチェックしてない…)

とりわけ製菓材料店はうれしいです♪
たいていネット注文しているのですが、
送料無料にしたくて、ついつい
買い込んだり、大袋を選んだり…

使いきれなかったり、反対に食べ過ぎたり、
節約してるつもりが、かえって
勿体ないことをしているときも。。。

140731s.jpg

お菓子作りも、計画的に、段取りよくしたいものですが、
子どもの頃から、夏休みの宿題計画がうまくいったためしはないし、
段取りは、加齢とともに、悪くなってきているし。。。

計画性のなさをしっかり受け継いで、
ここ数年、8月終わりに、
ばたばた、
じたばた、
どたばたしているうちの娘、
まもなく、夏休みも折り返し地点、
今年こそ、私を宿題に巻き込まないでもらいたい。。。



スポンサーサイト



  1. 2014/07/31(木) 23:59:59|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

夏の石山寺

緑の参道が一見涼しそうに見えます。

140730k.jpg

夏の土用の暑い暑い時季、
仕事で石山寺を訪れます。
今年で12年目でしょうか。

140730m.jpg

今回は、ちょっと、上の方に上がってみました。
石山寺の名前の由来は、
巨大な石―天然記念物の雄大な硅灰石の上に
建っていることからきているそうです。

140730r.jpg

140730i.jpg

ゴツゴツした岩の向うに相輪が見えています。

140730t.jpg

多宝塔の相輪でした。
石山寺のは、日本最古の多宝塔だそうです。

もう少し観て回りたいと思いつつ、
けっこう重荷を背負っていたので、
(精神的に…ではなく、重い荷物が腕に食い込んできたので)
つづきは、また、次の機会、冬に…。

140730n.jpg

入口の仁王像は、運慶・湛慶父子の作。
合掌一礼して、石山寺を後にしました。

さて、
唐突に晩御飯の後、作りたく(食べたく!)なって…

140730s.jpg

夏の和菓子、くず桜です。
やわらかめのこしあんを
ぷるんと口当たりのいい、透明感のある くずで包んだもの。

本来はくずなのでしょうが、お手軽なわらび餅の素で
作りました。

春、桜餅を作った時の桜葉がまだ余っています。。。。。

140730z.jpg







  1. 2014/07/30(水) 23:59:59|
  2. おやつ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

鷹峯から伏見

唐辛子リレーのアンカー、
伏見とうがらしです。

140729f.jpg

「伏見甘長とうがらし」 という名の方が、店頭ではよく見かけます。
辛くなく、そして、細長い、という特徴からの名前でしょうか。

2時から5時のところに、
そのスリムな姿があります。

140724t.jpg

一番よく作るのは、
「唐辛子とじゃこのたいたん」

佃煮風にちょっと濃いめの味にたいたり、
さっと煮で、薄味にたいたり、
ひと夏に、何度食していることやら。。。

次は、「唐辛子の焼いたん」
焼いたり炙ったりしたのに、お醤油をかけて…
そのときどきで、おろし生姜を添えたり、
かつお節をかけたり。

どちらも定番中の定番。
子どものころからお馴染みの味です。

きょうは、そのどちらでもない、ソテー。
油と相性がいいので、ごま油やオリーブオイルで炒めるのも美味。

140729b.jpg

こちらは、オリーブオイルで炒めたのを
ベーコンエッグに添えた朝ごはん献立。

いろんなとうがらし、
どれも、ビタミンCやカロチン豊富で、
抗酸化作用がつよいそうです。

夏の元気の素!


  1. 2014/07/29(火) 23:59:59|
  2. 朝ごはん|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

万願寺から鷹峯

鷹峯とうがらし…

140728k.jpg

今一番気に入ってるとうがらしです。
甘みのある、やや厚めの、風味があるとうがらし。

12時から2時のところにあります。
大きさは中くらい。
衿元(ヘタの下のところ)、なで肩が特徴でしょうか。

140724t.jpg

鷹峯といえば、江戸期初めに、本阿弥光悦が
芸術家たちと活躍していた一帯。
琳派ゆかりの地であるからか、
鷹峯、と冠してあると、特別感と風情を感じます。。。

こちら、
鷹峯とうがらしと茄子の炒め煮…
です。
140728e.jpg

おなすの変色を出来るだけ抑えるべく、
やや多い目の油で炒めてから煮ました。

自然にさまして味がしゅんだところをいただきます。
盛夏の煮物。


  1. 2014/07/28(月) 23:59:59|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

エッグベネディクト

日曜です。
娘の高校は、先週から夏休みに入ったのですが、
1週間の夏季講習があったので、ようやく本当の夏休みです。

夏期講習。
塾には行ってないので、学校で勉強の機会を
増やしてもらえるのは、有難いこと。

そして、とうがらしリレー も、日曜で休み…です。

さて、
最近なのか、少し前なのか、結構前なのか…?
いつからかよくわかりませんが、
「エッグベネディクト」なるものが流行っているとか。

イングリッシュマフィンの上に
ベーコン(ハム)のソテー、そして
ポーチドエッグをのせて、
上からオランデーズソースをかけた、朝食(ブランチ)メニューです。

作ってみました。

140727b.jpg

カリッと焼けたイングリッシュマフィンに
トローリとした卵と、濃厚なオランデーズソースがよく合います。

卵黄を半熟にするつもりが、
ちょっとやわらか過ぎて、たら~りこぼれて広がって、
少々食べにくかったです。おいしかったけど…。

ベネディクトって何かと思えば、人名のようです。
サンドイッチ、マドレーヌ、シーザーサラダ…等など
人の名前からきている食べ物、海外では多いのでしょうか。




  1. 2014/07/27(日) 23:59:59|
  2. ブランチ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

山科から万願寺…

唐辛子リレー、
きょうは、万願寺とうがらしです。

(いつのまに リレーに…?!?)

140726m.jpg

万願寺とうがらし。
大ぶりで、ぶあつくて、見かけによらず(?) やわらかくて、甘みがある
美味しいとうがらし。
大きいことから 「とうがらしの王様」とも呼ばれているようです。

140724t.jpg
                ↑
10時から12時の位置にあるのが
万願寺です。
今回のは、万願寺にしてはやや小さめかも…

ともあれ、大きさをいかして、
縦半切りにして、たたいた海老をつめて
焼きました。

140726s.jpg

万願寺とうがらしの海老詰め焼き。
タネに、残り物の春雨を刻んで入れたら
食感がよくなりました。
香ばしく焼けた海老と とうがらしの風味がよく合って、
ごはんが進む味です。




  1. 2014/07/26(土) 23:59:59|
  2. 晩ごはん|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

柊野から山科…

唐辛子図鑑、
7時から9時の位置にある、
山科とうがらし。

140724t.jpg

こちら、全て山科唐辛子です。
          ↓
140725y.jpg

初めて入手しました。
他のとうがらしに比べて、
緑色が濃く深い色でツヤがあります。

たて二つに切ると、
果肉がやや薄め。
種は敢えて取らずに、
オリーブオイルでこんがり炒めました。

味付けは塩だけで。

140725s.jpg

種の存在が全く気にならず、
甘みがあって、やわらかで美味しいです。

この山科とうがらし
「京の伝統野菜」の一つ…やけれど、
「ブランド京野菜」には含まれていないとか…

何がどう違うのかようわかりません。
「ブランド京野菜」…個人的には、「ブランド」が付かない方がいいと思うのですが。。。




  1. 2014/07/25(金) 23:59:59|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

唐辛子図鑑

きごしょと一緒に購入した
唐辛子たち…

140724t.jpg

まずは、6時の位置にあるピーマンから時計回りに
山科とうがらし
万願寺とうがらし
鷹峯とうがらし
伏見甘長とうがらし

山科は、緑色が濃くて、
万願寺は、大きくて、
鷹峯は、中肉中背…?
伏見は、細長い。

そして、

140724h.jpg

柊野(ひらぎの)とうがらし。
(柊野…上賀茂のあたりの地名です)
けっこう大きいです。

お初の柊野とうがらしは、
王道の焼きとうがらしに。

140724y.jpg

削り節とお醤油でシンプルに。
甘みがあり、やわらかい唐辛子です。

さあ、これから数日
とうがらし献立がつづくことでしょう~




  1. 2014/07/24(木) 23:59:59|
  2. 晩ごはん|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

夏の味~きごしょ

140723k.jpg

きごしょ。
とうがらし(唐辛子)の葉です。

140723i.jpg

白い小さな花、
小さな小さなとうがらし、
大きく育ったとうがらし、
いろいろ くっ付いています。

茎を残して、葉と とうがらしをちぎり取って…

140723g.jpg

さっと湯通ししてアクをぬき、
ごま油でさっと炒めてから、
酒、みりん、醤油を加えて一煮して

きごしょのたいたんの一丁あがり。

140723n.jpg

きょうは、薄味で当座煮にしました。
残った分は、ちょっと煮つめて佃煮風にして常備菜に。

ほんのり苦い、独特の風味の
夏の味です。



  1. 2014/07/23(水) 23:59:59|
  2. お弁当|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

後の祭り~大船鉾と鱧と…

今年は、祇園祭の後祭が復活する年。
例年どおり、17日の巡行が終わり、
24日に後祭の巡行があります。

22日の夕刻、49年ぶりの後祭の宵々山に、
150年ぶりに登場する、という大船鉾を観に行きました。

仕事の帰り、ぐぃ~んと大回り。

140722h

東本願寺の北側の通りです。
普段歩かない道は、新鮮。

140722w

なまこ壁がいい感じです。

大船鉾のある新町通りを南からずっと北上。
ちょっとレトロな食堂や、お風呂屋さん、
面白い建物もいろいろ。

1km あまり歩くと、向こうに提灯が見えてきました。

140722f.jpg

近づいてきました♪

140722s.jpg

更に近づこうとすると、行く手を阻まれ…
大船鉾近辺のみ、歩行者一通。。。
道を北上できません。

仕方なく、大回り。
大回りついでに、その北側にある南観音山を観てきました。

140722z.jpg

140722g.jpg

南観音山を近くで目にするのは、初めてです。

さて、それから大船鉾。

140722c.jpg

狭い新町通りに大きな大船鉾。
迫力あります。
一通になっているうえ、立ち止まらないでくださいのアナウンス。

140722b.jpg

ほとんど止まらず歩きながらの撮影です。

140722x.jpg

さて、祇園祭は別名「鱧祭」です。

鱧は、生命力が強い魚。、暑い夏に、瀬戸内海から生きたまま
海から離れた京都までもち込める魚。

昔は、この暑い時季、海から離れた京都に、生きたまま入荷できる海の魚、
といえば、鱧くらいだったそうで、
祗園祭りには欠かすことのできない魚だったようです。

鱧の柳川風煮物。

140722h.jpg

ごぼうとお揚げさんを煮て、骨切りしてゆどおしした鱧を入れ
卵でとじます。

140722y.jpg

土鍋でたきました。
粉山椒をちょっとふりかけて、いただきます。



  1. 2014/07/22(火) 23:59:59|
  2. 晩ごはん|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
| ホーム | 次のページ→