FC2ブログ

朝ごはん・昼ごはん・晩ごはん+おやつ

チョコ好きの…

140831c.jpg

真夏には少々暑苦しいチョコレート画像、
少し涼しいのでアップいたします。

チョコレートのフレンチトースト。
チョコレートを溶かした牛乳と卵を混ぜた液に
じっくり浸けた食パンをバターで焼いたものです。

上に、チョコレートを溶かしたソースをかけて
いただきます。
カカオ分の高いチョコなので、あまり甘くない
大人向きの味です。

チョコ好きの
チョコ好きによる
チョコ好きのための

フレンチトーストです。

140831h.jpg

こちらは、余った液とぱんの耳で作った
ヘタ・チョコ・フレンチトースト。



スポンサーサイト



  1. 2014/08/31(日) 11:16:18|
  2. ブランチ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

不思議な花と実

ここ数日、少し猛暑が和らいできました。
夜の外気は、ちょっとひんやりして、心地よいです。

こちらは、盛夏の8月初めに道端で撮った花です。

140830t.jpg

仕事帰りで、すこしほの暗くなった時間帯。
薄暗がりの中を咲いてる白い花は、ちょっと神秘的な感が…。
次の日、午前中に通ると、眠そうに しぼんでいます。

夜中にずっと咲いているのでしょう。
夜咲く、ちょっと朝顔っぽい外観、
もしかして、夕顔?ウェブ検索してみたら、
花違いでした。

しばらく忘れていたのですが、先日、また見かけました。

140830h.jpg

よく見ると右上のほうに
とげのある、まるこいものが…

140830m.jpg

…実がなっています。
再度、花調べ。

どうやら、まんだらげ(曼陀羅華)という花。

江戸時代の医学者、華岡青洲は、
この曼陀羅華の実を使って麻酔薬を作ったそうです。

そういえばTVドラマで観た「華岡青洲の妻」で
そんな植物が出てきたような覚えが…
青洲の母と妻が自らの身で実験を申し出て
その犠牲の上で、麻酔薬が完成した…
あのドラマで初めて谷原章介さんを観たんやった…

断片的に記憶が蘇ってきました。

14830d.jpg

ちょっとだけ余ってた白玉粉で作った団子に
抹茶みつを添えたもの。
ちょっとだけ色合いが曼陀羅華。


  1. 2014/08/30(土) 23:59:59|
  2. おやつ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

シフォンのミッション

きょうのお弁当です。

140829b

・ご飯(梅干し、白ごま)

・飛龍頭と細切り昆布のたいたん
・ピーマンとじゃこの炒め煮
・鮭マヨ卵焼き
・チキンから揚げと赤ピーマンのマリネ
・オクラの梅おかか和え

+ キーウィ


昨日の甘皮(爪とちゃうんですが…)の
つづきです。
シフォンケーキは、型に生地がしっかりくっついて
膨らんでいくので、型から外すのが一苦労…

140829h.jpg

この通り、型はずしが苦手です。
もうちょっと、きれいにはずしたいもの…

140829c_.jpg

ところどころ、クレーターがあります。
が、アラは探さず、まあまあ美しい切り口を
見ることに…

140829x.jpg

ほんとは、切るより、ほわんと手でわったほうが
ふんわり感があっていい感じ…
…と、そのまま手づかみで食べるのも
ちょっと どうかと思いますゆえ、

140829r.jpg

切って、ゆるく泡立てた生クリームをかけて
冷凍庫のラズベリーを添えて…

バターのシフォンケーキです。


  1. 2014/08/29(金) 23:59:50|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

甘い皮

きょうのお弁当です。

140828b.jpg

・ご飯(梅干し、黒ごま)

・赤ピーマンとツナの味噌炒め
・オクラの海苔チーズ巻き
・細切り昆布と白天のたいたん
・人参の卵焼き
・モロヘイヤの胡麻あえ

+ キーウィ


この小さいお皿にのっているのは・・・

140828k.jpg

きょうの朝ごはん…
の一部です。

皮です。
「皮」・・・と書くのは、ちょっと変なのですが…

何の皮かというと・・・

140828c.jpg

シフォンケーキを取り出すときに
型に薄く くっついていたのを、こそげたものです。

シフォンはフランス語の服飾用語では、
薄く柔らかい絹織物、のことだそう。

ということは、「シフォンケーキ」とは、
まさに、この皮の部分?!?!?



  1. 2014/08/28(木) 23:59:59|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ミッション・ポシブル…?

きょうのお弁当です。

140827b.jpg

・ご飯(梅干し、ゆかり)

・ゴーヤと豚肉の中華炒め
・にんじんと黒豆のマリネ
・おかか卵焼き
・モロヘイヤのなめ茸和え
・赤万願寺とお揚げさんのたいたん

+ パイナップル


さて、夜のオーブン内です。
昼でも夜でも暗いとこですが…。

140827s.jpg

シフォンケーキ焼成中。
密かなるミッションがあり、
これから、しばらくシフォン作りに励み・・・ます。




  1. 2014/08/27(水) 23:59:59|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

久しぶりのお弁当

久しぶりのお弁当です。

140826b.jpg


・梅干しと青じその混ぜご飯

・とうがらしとお揚げさんの炒め煮
・鮭入りハッシュドポテト
・昆布の卵焼き
・九条ねぎと木くらげ天のたいたん
・にんじんのポン酢グラッセ


この前お弁当を作ったのは いつ?
と、ブログ内を検索してみたら、
7月3日でした。約8週間ぶり。

戸惑うことばかり…?!
まず、お弁当箱やらお箸やらホイルケースやら
お弁当にしか使わないものの所在が不明。
なんて整理が悪いんでしょう・・・/(-_-)\

卵焼きに塩を入れ忘れる、という
毎日料理をしているとは思えんエラーも出る…

この写真を撮りながら、なんか違和感が…と思えば
いつもはフルーツのミニタッパーがあったことを思い出す…

とりあえず、時間に間に合って出来上がったことにほっとした、
久しぶりのお弁当でした。

(冷ます時間はなかったので、ミニ保冷剤入れましたけど…)



  1. 2014/08/26(火) 23:59:59|
  2. お弁当|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

お酢差し

なんと、
きょうから2学期が始まります。

非日常の二日間の大江戸生活で、
時差ボケ、いえ、時差はあるわけないのですが、
いまの時間と空間とが今ひとつ把握できない…
状況ボケ、というのか、ただのボケなのか、
これがいわゆる
疲れが出た…ということなのか。

…そういえば、宿題の海に溺れていた娘を尻目に
東京に発ったのは二日前。
宿題は、できたのかな?

さて、昨日の荷物から取り出したるは、
お醤油差し。

蓋部がネジになっている小さなガラス製。
お醤油つながりで東京に行ったのですが、
お酢を入れることにしました。

酸っぱいもん好きで、食卓に
こんなミニサイズのお酢差しが欲しかったのです。

140825s.jpg

液だれもなく、使いやすいです。

\(^ ^)/


  1. 2014/08/25(月) 23:59:59|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

お江戸でござる―その2

お江戸、二日目でござる。
昨夜、同級生の集いを楽しんだ後は、
蒲田に住む友達の家に泊めてもらいました。

初めて勤めた会社で、同期入社した友達、
30年来のお付き合いです。(まだ折り返し地点に達していない…!?)

朝食をご馳走になりながら、朝からおしゃべり。
仕合わせなひと時です。
あっというまに時間となり、
今回の東京行きの本来の目的である、
レシピコンテストの最終審査会場に向かいました。

場所は、代々木にある服部栄養専門学校。
内容は、醤油レシピコンテストの最終実技審査。

…というわけで、交通費も出していただき、
東京に来たような次第です。

審査会場風景。

140822h.jpg

風景って、ガスコンロ台だけですが…
ものすごい火力。
こんなガス台、欲しい!…いや
きっと使いこなせない。。。

140824b.jpg

さておき、結果は、後日郵送にて通知されるとのことです。
終わるやいなや、リュックかついで原宿へ~。
(一昔前の人間ゆえ、コロコロのキャリーバッグではなく リュック…
 一昔と違て、二昔か…)
今度は、その初めて勤めた会社で初めて仕事を教わった先輩と
待ち合わせ。

いっぱいおしゃべりしながら、激戦区(?)のパンケーキをご馳走になり、
北欧雑貨のフライングタイガーコペンハーゲンに連れて行ってもらいました。
満腹、満喫。

楽しい時間はあっという間、
後ろ髪をひかれながら京都に戻ってまいりました。

140824k.jpg


東京でお世話になった皆さま、
楽しい時間をありがとうございました。

さて、合羽橋で入手したもう一つのものはお皿です。

140824d.jpg

細長い長方形のお皿。
これでは大きさがわかりませんね。

大きさの目安になるものを隣に置いてみましょう。

140824n.jpg

飛ぶ虎(長いんで適当に略(訳)した)で見つけた
鉛筆派の必需品です。


(お江戸でござる・とりあえず終)


(レシピコンテスト)

  1. 2014/08/24(日) 23:59:59|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

お江戸でござる―その1

お江戸でござる~
所用で上京しました。

久しぶりの東京です。
初めての合羽橋道具街です。

かねてから行きたかったカッパ橋♪
中高の同級生と待ち合わせて、
連れて行ってもらいました。

140823s.jpg

食品サンプルのお店。
よくできてます。よい値段もついてます。

サンプルはざーっと見ただけですが、
食器や調理器具は、見て、手にとって、吟味して、
話のタネにして、迷って、選んで…と
食器一つでいっぱい楽しめます。

道具街は、食関係のものを扱っているのに、
なぜだか、食べ物屋さんがほとんどない…
ようやく見つけたお店に入って、
初もんじゃ。

お腹がくちくなると、再び、道具街めぐり。
とにかく、いろんな店があって、品数が半端なく多いのです。
イメージしている器が、京都では見つからないことが多いのに
いとも簡単に、しかもあちこちで見つかったりする。。。

ともあれ、
女三人寄ったら~かしましいとは愉快だね♪状態で
あちこち見て回るは、おしゃべりするは…で、
あっというまに夕方となりました。
まだまだ見足りない気持ちですが、
このつづきは、また次回!(次回って…いつのことになるやら…)

今回は、あまり荷物を増やしたくなかったので、
購入したものは、2つ。

1つは、このお醤油さし。

140823g.jpg

ガラス製で、ねじ式、そしてミニサイズ。
何を入れましょう。。。
もう1つは、また別の機会に。

そして、夜は、

初スカイツリー!
が窓から見えるお店で、
同級生も6人に増え、乾杯~♪

140823t.jpg

ガラス越しに撮ったので、映りこんでた中の照明の部分をカットしたら、
こんな一枚になりました。

なにはともあれ、
ご一緒してくださった同級生の皆さま、
最高に楽しい時間をありがとうございました!!



(お江戸でござる・つづく)



  1. 2014/08/23(土) 23:59:59|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

うるしの近代、漆のある食卓

「うるしの近代―京都、「工芸」前夜から」 展を観に行きました。

1408ni.jpg

落とした照明の中、
深い艷やかな黒、冴えた朱色、鈍く光る螺鈿、
思いのほか派手で大胆な意匠の漆芸作品が
存在感を放っていました。

うるしの木から採った樹液を何度も塗り重ねた美。
この美しさが海外―欧米の人々を魅了したことは、
漆器が、JAPANと呼ばれることとから窺われます。

我が家の食器棚、普段づかいの器の中に
漆器はあまりありません。

が、漆器に盛ると、ちょっと趣がかわります。

ちょっとした煮物も…

140822.jpg

小豆粥のようなお目出度いものは、
漆で映えます。

1408wan.jpg (小正月の小豆粥…)

漆のある食卓。
ほとんどしまっていた漆器も
ときどき、使いたくなってきました。




  1. 2014/08/22(金) 23:59:59|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
| ホーム | 次のページ→