FC2ブログ

朝ごはん・昼ごはん・晩ごはん+おやつ

うるしの近代、漆のある食卓

「うるしの近代―京都、「工芸」前夜から」 展を観に行きました。

1408ni.jpg

落とした照明の中、
深い艷やかな黒、冴えた朱色、鈍く光る螺鈿、
思いのほか派手で大胆な意匠の漆芸作品が
存在感を放っていました。

うるしの木から採った樹液を何度も塗り重ねた美。
この美しさが海外―欧米の人々を魅了したことは、
漆器が、JAPANと呼ばれることとから窺われます。

我が家の食器棚、普段づかいの器の中に
漆器はあまりありません。

が、漆器に盛ると、ちょっと趣がかわります。

ちょっとした煮物も…

140822.jpg

小豆粥のようなお目出度いものは、
漆で映えます。

1408wan.jpg (小正月の小豆粥…)

漆のある食卓。
ほとんどしまっていた漆器も
ときどき、使いたくなってきました。




スポンサーサイト



  1. 2014/08/22(金) 23:59:59|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
| ホーム |