fc2ブログ

朝ごはん・昼ごはん・晩ごはん+おやつ

昆布週間?

きょうのお弁当です。

141021.jpg

・ご飯(梅干し、ゆかり)

・ほうれんそうとベーコンのソテー
・ちくわとお揚げさんのたいたん
・ねぎおかかの卵焼き
・オクラのチーズ海苔巻き
・洋風五目豆
 (大豆・赤ピーマン・茄子・オリーブ・昆布)

+ りんご

おかず箱右端、洋風五目豆。
残り物の、茄子と昆布のたいたんに、残り物の大豆缶、
これまた、残り物のオリーブ(プチトマトのポン酢マリネに入れてた…
…いや、その前に何かで残ったんやった…)
そして、中途半端に残った赤ピーマン・・・

この残り物オンパレードを、オリーブオイルで炒め煮にしたものです。

この中の昆布、(ここから 本丸に入ります)
この昆布は、昨日の昆布図鑑の角切りの日高昆布。

141021h.jpg

角切りにした昆布は、佃煮風にたくほか、
だしを取ったあと、何かと一緒にたいて食べることが多いです。
・・・昆布週間になりそう・・・



  1. 2014/10/21(火) 23:59:59|
  2. お弁当|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

昆布図鑑

ふと気がつけば…

うちの台所には、いろいろな昆布たちが、
出番を待っていました。

141020k.jpg

ザルの上は、出汁をとったり、煮物にしたりする加熱用。

右端の大きいのは、濃いおだしがとれる昆布の王様、
羅臼昆布。
細長い真昆布、四角く切った 日高昆布。
短時間でやらこう焚ける 細切り昆布。

真ん中上の紙のような 白板昆布。

四角いお皿は、加熱せず食べられるように加工した昆布。

粘りのでる 納豆昆布、サラダ昆布、
花かつおみたいな 花削り昆布、
おなじみのおぼろ昆布、とろろ昆布。

こちら、白板昆布。

141020s.jpg

ばってら昆布ともいうそうです。
そう、ばってらの鯖の上にのってるうすいお昆布。

黄色いシールにつられて買ってきたのですが、
はた、何にしましょう?
ばってらは、新鮮な鯖があれば是非作ってみたいところですが…
とりあえず、小鯛の笹漬けで押し寿司に挑戦。

141020w.jpg

いくらで軍艦巻きも♪

白板昆布、ちょっとかたくて切りにくかったです。
もう少し昆布をやわらかくして、再度!




  1. 2014/10/20(月) 23:59:59|
  2. 晩ごはん|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

秋の色

木々が少し色づいてきました。

太陽の光を一番受けている葉っぱから順番…
なのでしょうか。

141019k.jpg

これくらいの仄かな色づき加減もいい感じです。

赤色、橙色、黄色…
これからひと月ほどのあいだに、
緑色から色彩が変わってしまう…

こちらも、赤、橙、黄
季節感のないプチトマトですが…

141019t.jpg

今、マイブーム、というか、アワーブームの
プチトマトのポン酢マリネです。
今回は、グリーンオリーブも入ってます。
ビビッドな色が綺麗です。

こちらも鮮やかな色。

141019i.jpg

旬の終わりのいちじく。
中がこんなに鮮やかで綺麗な色のいちじく、
お初にお目にかかりました。

味もとびっきり♪


  1. 2014/10/19(日) 23:59:59|
  2. きょうの一皿|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

アップダウンクイズケーキ…?!

パイナップルの缶詰。
子どものころ好きだったのですが、
今は、生のパイナップルが手軽に入手できるので
滅多に食べなくまりました。

この前、久しぶりに食べたのですが・・・
生のフレッシュな香りとジューシーさに慣れたせいか
なんだか。。。

(。-_-。)\

ということで、
パイナップルをケーキに焼き込むことに。

砂糖をカラメル化して、パインのをからめて…

141018p.jpg

型の底に並べて、くるみもちらして、
その上に、バター+砂糖+卵+粉の生地を流して
焼くこと20分。

141018c.jpg

カラメル味がしみたとこが、ほろ苦甘くていい感じ…
パイナップルのアップサイドダウンケーキ。

型の底に果物を並べて上に生地を流し込んで焼き、
出来上がりに、フルーツを見えるように、
上下逆にするので、アップサイドダウンケーキです。

つい、アップダウンクイズと口が言ってしまいます。



  1. 2014/10/18(土) 23:59:59|
  2. 晩ごはん|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ねぎ味噌田楽

チョコレートの色と
赤味噌田楽の色は、
系統が似ています。

141017c.jpg

日本の伝統色では、焦茶 でしょうか。

141017n.jpg

こちら、大根のねぎ味噌田楽。
東林院の西川玄房先生の精進献立です。

ねぎ風味の田楽味噌は滋味深い味。
お豆腐にも合います。

ただ、
まだ、寒くないので、大根がかたいです。
寒くなって、霜が降りるころには
大根も甘味が出て、やわらかくなるんやろな~

…と思うと、寒くなるのが待ち遠しい…?・・・



  1. 2014/10/17(金) 23:59:59|
  2. 晩ごはん|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

秋はチョコ

春は曙。
夏は夜。
秋はチョコ。

秋はチョコレートが美味しい季節。
チョコレートは秋に似合う♪
…と思います。

ラム酒風味の生チョコです。

141016c.jpg

チョコレートは繊細なので、
綺麗に形作るのが難しいです。
(私が大雑把なせいか… ^_^; )

141016g.jpg

チョコレート色は
食指を刺激する色です。

これも、チョコレート色?

141016d.jpg

お豆腐の赤味噌田楽。


  1. 2014/10/16(木) 23:59:59|
  2. おやつ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

栗おこわ

秋の恵み…

141015g.jpg

栗です♪
大粒の栗です♪♪
丹波産の栗です♪♪♪
いただきものの栗です♪♪♪♪~

栗おこわをこしらえました。
もち米100%
もっちりしたおこわに
ほっくり、ほの甘い栗。

渋皮を剥くのに苦戦しましたが…
栗おこわ、しみじみ美味しいです。

141015k.jpg

湯気の香に 笑顔ひろがる 栗おこわ



  1. 2014/10/15(水) 23:59:59|
  2. 晩ごはん|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

スペイン風?

きょうのお弁当です。

141014b.jpg

・ご飯(梅干し、おぼろ昆布)

・タコとオリーブと豆のトマト煮
・ピーマンとベーコンのソテー
・鮭の卵焼き
・オクラとお揚げさんのたいたん
・にんじんの黒ごま和え

+ りんご(千秋)


おかず箱左端、
タコとオリーブと豆のトマト煮…
前夜のタコのトマト煮から具を取り出して、
ひよこ豆を加えて、軽く煮詰めたものです。

141014o.jpg

スペイン風、とつけたくなるんですが、
スペインには、こんなタコの料理はあるんでしょうか?



  1. 2014/10/14(火) 23:59:59|
  2. お弁当|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

秋なすで焼きなす

夏野菜の姿がだんだんと少なくなってきました。
行きつけの産直販売所の野菜分布も少しずつ変わってきていますが、
まだまだ、たくさん出ているのが、茄子です。

秋なすは実がしまって、美味しいです。
秋なすで焼きなす。
韻を踏んでいて(?)、焼いた香ばしい風味がいい♪

141013e.jpg

これは、焼きなすのきのこあんかけ…です。
おろし生姜をたっぷりのせて いただきます。

そして、こちら、
左に見えるのは、焼きなすのディップ。
またの名、貧乏人のキャビア。

141013f.jpg

ナスの種の粒々を「キャビア」に見立てた南仏の料理だそう。
焼きなすをきざんで、オリーブオイルで炒め、アンチョビで味付けしています。
キャビアを食べたことがないので、似てるかどうかは、ようわかりませんが、
プチプチしたリズミカルな食感がよく、なかなか美味です。

軽く焼いたバケットにのせていただきます。
ワインに合いそう。

お隣は、かぼちゃのディップ。
こちらは、残り物のかぼちゃのたいたんをつぶして
マヨネーズとくるみを混ぜたもの。

かぼちゃの煮物にすでに味が付いているから
楽ちんです。

141013p.jpg


  1. 2014/10/13(月) 23:59:59|
  2. 晩ごはん|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

銀杏、南天

秋の気配が日に日に濃くなってきました。
いちょうの木も、少し、黄味を帯びてきました。

141012i.jpg

きれいな黄緑色です。
そして、
南天の実もいつのまにか色づいてきました。

141012r.jpg

少し前まで、まだ、薄い黄緑色やったのに・・・
と思ったら、
裏返すと、まだこんな色・・・

141012y.jpg

太陽の光が当たっている面だけ
赤くなっているのです。
自然のいたずらで、リバーシブルになっています。

秋の色が深まると、
炊き込みご飯が食べたくなります。

141012t.jpg

きのことれんこんと鮭の炊き込みご飯、
南天の葉を添えて。
もう少ししたら、銀杏の実を一緒に炊き込みたいものです。



  1. 2014/10/12(日) 23:59:59|
  2. 晩ごはん|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
←前のページ | ホーム | 次のページ→