FC2ブログ

朝ごはん・昼ごはん・晩ごはん+おやつ

2月29日!

きょうのお弁当です。

160229b.jpg

・ご飯(梅干し、黒ごま)

・畑菜とお揚げさんのたいたん
・金時にんじんと生しいたけのきんぴら風
・海苔巻き卵焼き
・絹さやの胡麻和え
・ブロッコリーとパンチェッタの胡椒炒め

+ いちご


如月の晦日。閏年なので29日です。
いままでずっと、閏年は4年に1度!
と、思っていました。が、
2月29日は必ずしも4年に1度巡ってくるわけではないのですね。

閏年は…
西暦で、4の倍数の年、
例外は、西暦で100で割り切れる年、
 (現在から一番近いところで2100年。次に近いのは1900年)
そのまた例外が400で割り切れる年。
 (16年前の2000年は閏年でした)

・・・知りませんでした。。。
なんか新鮮な驚きで、鮮度のいいうちに(?) 娘に教えてあげようと
「知ってる?!…うるう年って・・・」というと、
話途中で、
「知ってる、知ってる…」 と言われて、がくっ。
これって常識?!?!?!?

さておき、
2月の中頃から梅の花がほころんできております。

160229p.jpg

梅花祭の日、2月25日には、満開でした。
昨年は、3月10日頃が満開だったので、2週間ほどはやいです。
昨年2015.3.7.の梅

暖冬の影響で、あちこちで はやいようです。
桜もはやいのでしょうか。



スポンサーサイト



  1. 2016/02/29(月) 23:59:59|
  2. お弁当+α|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

焦げ目

先日、奈良漬の残り粕で、
豚の味噌漬けを作りましたが…(奈良漬の残り粕
ぶりも漬けました。

ぶりの粕漬け焼き…

160228k.jpg

…少々焦がしてしまいました。
裏面は、もっと焦げています。

が、食べると、焦げは苦味よりも香ばしさの方が
際立っていて、ほっと一安心。

そうそう、つい先日も、
銀杏を焼いていて、少々焦がしてしまったのです。

160228g.jpg

こちらも、見えない部分が、かなり黒い…
…のですが、焼き銀杏も香ばしかった!

いっとき、焦げた部分は体によくない、発ガン性物質が含まれているので
食べへん方がいい…云々と言われていましたが、
実際、魚や肉の焦げは、少量なら、なんともないそう。
(むしろ、もっとアブナイものが、いろいろありそう・・・)

野菜や炭水化物の焦げに至っては、発ガン性の
「は」の字、いえ「ガ」の字もないそうです。

だいたい、焦がすことが多くて、また、
焦がし気味のものが好きなので、ほっとします。

ともあれ、何事もほどほどに。。。




  1. 2016/02/28(日) 23:59:59|
  2. きょうの一皿|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ネーブルと山椒と…

きょうは土曜ですが、お弁当持ちです。
丸一日、模擬試験だそう。
というか、金曜の午後から模試で、そのつづきだそう。
さておき、きょうのお弁当です。

160227b_.jpg

・ご飯(梅干し、昆布おかか山椒のふりかけ)

・金時にんじんとしめじの胡麻酢煮
・ピーマンとパンチェッタの炒めたん
・プチトマトおかかの卵焼き
・ほうれんそうのごま和え
・れんこんとちくわのたいたん

+ ネーブル

はるみ、かんぺい、と新顔柑橘がつづきましたが、
きょうは、馴染あるオレンジ、ネーブルです。

香りは華やかで爽やか。形はちょっと出べそ。
今回のネーブルは、酸味がつよめで私好みです♪
が、
そんなことより、午後からの眠気覚ましに、
ご飯の上に山椒を増量してふるかけたらよかった・・・/(-_-)\
と後から気づきました。。。




  1. 2016/02/27(土) 23:59:59|
  2. お弁当+α|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

かんぺいくん

きょうのお弁当です。

160226b_.jpg

・ご飯(梅干し、とろろ昆布)

・京にんじんと長芋のきんぴら風煮
・ブロッコリーと豚肉のオイスターソース炒め
・桜海老の卵焼き
・四種豆と黒オリーブのトマト煮
・鮭と長ねぎのさっと煮

+ 甘平オレンジ

きょうの果物は、甘平(かんぺい)という柑橘。
お初にお目にかかりました。

品種登録されて、まだ10年も経たない新種だそう。
愛媛県でしか作られていない稀少で高価な柑橘。

木に生ったまま熟させ、食べられるのも、ほとんど2月中だけのようです。
またまた、1/2房(袋)ほどお味見。
あま~い♪
はるみよりも、さらに甘くて、酸味はほとんどありません…(-_-。)

食感は、やわらか過ぎず、しゃきっというか、つぶつぶ感が
感じられます…(^_^)

はるみ、きよみ、せとかなど、女性の名前のような柑橘が多い中、
(いえ、柑橘に限らず、りんごもいちごも…)
かんぺい…というネーミングが意外なような、新鮮なような。。。






  1. 2016/02/26(金) 23:59:59|
  2. お弁当+α|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

はるみちゃん

きょうのお弁当です。

160225b_.jpg

・ご飯(梅干し、黒白ごま)

・菜の花とカニかまの辛し和え
・焼き鮭
・ブロッコリーとチーズの卵焼き
・京にんじんとウインナーの炒めたん
・芽キャベツとしめじのさっと煮

+ はるみオレンジ


最近、おべんと果物は、伊予柑が多かったのですが、
きょうは「はるみ」という糖度の高い柑橘。

私は、ちょっとだけお味見。
家では、酸っぱい柑橘担当なので、
ほんの一口…1房(袋)の半分くらい…です。

口の中にじわっと甘味が広がります。
あま~い蜜柑がお好きな方向きでしょうか…




  1. 2016/02/25(木) 23:59:59|
  2. お弁当+α|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

かぶら蒸しの名残

きょうのお弁当です。

160224b.jpg

・銀杏ごはん(梅干し)

・かぶら葉とちくわのたいたん
・金時にんじんのけちゃポン金平
・豆と長芋のさっと煮
・プチトマトの卵焼き
・チキンとピーマンと黒オリーブのマスタード炒め

+ ネーブル


きのうは百合根入りご飯、
きょうは銀杏ご飯、
そして、おかず箱のかぶら葉も…
…先日作ったかぶら蒸しの名残です。

160224k_.jpg

久しぶりのかぶら蒸し。
今年は、誕生日が休日だったので、昼食にこしらえました。

百合根と銀杏のほか、
菜の花、椎茸の甘辛煮、にんじん、かに…かま。
銀あんをかけて、わさびを添えて。

誕生日に好きなものを食する、ささやかな仕合わせ。
ちなみに、晩ごはんには、同じような具で茶碗蒸しを作りました。
あんかけで…。

だいたい碗蒸しとあんかけが好きなようです…。





  1. 2016/02/24(水) 23:59:59|
  2. お弁当+α|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

奈良漬けの残り粕

きょうのお弁当です。

160223b.jpg

・百合根ごはん(梅干し、ゆりね煮)

・ 豚ロースとピーマンの炒め物
・金時にんじんとお揚げさんのたいたん
・カニかま卵焼き
・菜の花の胡麻和え
・ちくわ豆

+ りんごのコンポート

おかず箱 左端、豚ロースとピーマンの炒め物の豚は、
奈良漬の粕…いわゆる残りかすに漬けておいた
豚ロースを焼いたもの、
前夜のおかずです。

160223n.jpg

風味がよくて、香ばしくて、食感もよくて
ご飯が進みます。




  1. 2016/02/23(火) 23:59:59|
  2. お弁当+α|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

冬野菜の王(子)様

冬野菜の王様、といえば、まず
大根、白菜が浮かびます。

どちらも、一番寒い時季に美味しくなり、
どちらも、煮物、和え物、お漬物等など、いろんな献立に重宝される。

ど~んとした外観も加えて考えると、
白菜の方が王様らしいでしょうか。

160222h_.jpg

こちらの白菜、小ぶりな大きさ、
ちょうど一回使い切りサイズ。
王様の貫録はなく、まだ若い王子?!

そして、結球していません。
白菜を育てるのは、難しいと聞いたことがありますが、
日照不足や、肥料不足だと、結球しないことがあるそうです。

少し若い白菜は、葉の厚みもあまりなく、
さっとたいただけで、やわらかくなりました。

160222t_.jpg

白菜とお揚げさんの鮭缶のたいたん。です。


  1. 2016/02/22(月) 23:59:59|
  2. きょうの一皿|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ブルーチーズケーキ

こちら、先日作製したチーズケーキ。
パスタで残ったゴルゴンゾーラで作った
ブルーチーズケーキです。

160221g.jpg

型からはずすときに、崩れてしまいました。
冷えてからはずすべきところ、
いらちなもので、ついつい粗熱が残っているのに
型から出してしまって… ^_^;


クリームチーズの約1/3量を、ゴルゴンゾーラにして作った、
後味に独特の風味が残る 焼きチーズケーキです。

160221t.jpg

ふだん、主にお漬物をのせている
ブルーの器にのせてみました。

青黴を彷彿させる?柄の器に、
青黴醍醐菓子。。。

甘さを極力ひかえたので、
白ワインなどにも合いそうです。

が、ほとんど飲めない私は、紅茶に合わせ、
バニラアイスをのせていただきました。

160221i.jpg

(*^_^*)



  1. 2016/02/21(日) 23:59:59|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ゴルゴン……ゾーラ

160218g.jpg

先日 作ったものですが、
ゴルゴンゾーラのペンネです。

ブルーチーズ特有のクセを緩和して
うまみを引き立たせようと、
少量のオリーブオイルににんにくの香りを移し、
玉ねぎをしんなり炒めたところに、
ゴルゴンゾーラ、生クリーム、牛乳、等など加えました。

仕上げには、粗挽きこしょう。
たっぷり目に挽いて…

「ゴルゴンゾーラ」 という名は、
イタリアの地名から来ているそうです。が、
最初の頃は、ギリシャ神話に出てくるメドゥーサ姉妹たち、ゴルゴンが
青カビのマーブル模様の上に浮かんできたものです。

ゴルゴンゾーラ → ゴルゴン → 怖い

見た者を、石に変えてしまう、という恐ろしいメドゥーサ。
子どものころは、メドゥーサが現れたら、見る前に
鏡を見せたらええねん…と、咄嗟に鏡を出して、
メドゥーサを撃退する、というのをシミュレーションしていました…
…頭の中で。。。
(どこから現れるというんでしょう… ^_^;)

今は、ゴルゴン→ゴルゴンゾーラ→美味しそうな響き、
という回路ができあがっています。



  1. 2016/02/20(土) 23:59:59|
  2. きょうの一皿|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
| ホーム | 次のページ→