FC2ブログ

朝ごはん・昼ごはん・晩ごはん+おやつ

橙の思い出

こちらの柑橘は…

170121d.jpg

…だいだい(橙)です。
だいだい色の名前の由来のだいだい。

橙といえば、お正月の鏡餅の上、
「代々(栄える)」をかけて、縁起のいい柑橘として
飾られています。

名前だけでなく、実際に、1つの木に新旧代々の実が
なるそうです。
(年を越しても落ちず、2~3年なり続ける実もあるとか…!)

昨年12月初めに、友達からいただいたのですが、
そのときは まだ緑色だったのが、追熟して
「橙」色になり、いい香りになってきました。

「橙」といえば、
小さい頃に祖母が冬になると「橙湯」を作ってくれました。
だいだいをダイナミックにたくさん使って、
砂糖も入れて煮出した、柑橘の香りいっぱいの、
苦みもあるけど甘くて懐かしい冬の温かい飲み物。

何十年ぶりかに、橙湯をこしらえてみました。
冬の室内に漂う、柑橘の湯気とともに
小さい頃に住んでいた家の記憶が蘇ってきます。

それにしても、橙の湯気の香りのいいこと~♪

橙湯は、記憶の中と同じ苦みで、
記憶の中と同じ香り。
砂糖を控えたので、記憶よりも甘さが足りない…

昔の味に近づけ、砂糖を足していただきます。

170121p.jpg

残った皮は、ピールに煮つめて。




スポンサーサイト



  1. 2017/01/21(土) 23:59:59|
  2. いろいろ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
| ホーム |