FC2ブログ

朝ごはん・昼ごはん・晩ごはん+おやつ

ビスケットの日

二月逃げるがごとし。
ほんとにあっというまに過ぎ去っていきました。

ちなみに、2月28日はビスケットの日だそう。

170228c.jpg

2月某日に作ったものですが、
これは、ビスケットというより、クッキー?

前に
ビスケット ⊃ クッキー
と聞いたことがあります。

イメージ的には、
ビスケットは、いびつでなくきちっとした形で
クッキーはざっくりした感じ?

なにはともあれ、
上のは、チョコチップとナッツ入り、
下の四角いのは、チーズ・アーモンド…
…やはり、どちらもビスケットという感じでなく、クッキーでしょうか。。。






スポンサーサイト



  1. 2017/02/28(火) 23:59:59|
  2. きょうの一皿|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

豚肉の味噌チャーシュー~覚え書き

きょうは、本物の梅の花。

170227u.jpg

いつのまにか、何輪も花開いていました。

一輪ほどのあたたかさ…
を実感する今日この頃です。

こちらは、
豚バラ肉の味噌チャーシュー。

170227p.jpg

【材料】
  豚塊肉(肩ロース、バラ肉など) 400~500g
  たれ【みそ・醤油・酒・みりん 各大さじ1、砂糖大さじ2、
      塩小さじ1/2、こしょう少々、にんにく・生姜 各1かけ】
【作り方】
  1.にんにくと生姜はすりおろし、ジップロックに入れて、
    たれの材料を混ぜ、豚肉を入れて、外からよくもみこみ冷蔵庫へ。
    (5~10時間)
  2.200℃のオーブンで1を(室温に戻しておいて)40~45分焼く。
  3.そのまま余熱で1時間ほどおいておく。
  4.切り分ける。





  1. 2017/02/27(月) 23:59:59|
  2. きょうの一皿|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

にんじんの和風ポタージュ

梅の花を作ったにんじんの切れ端やらいろいろを
再利用。

にんじんの和風ポタージュです。

170226c.jpg

オリーブオイルで炒めた玉ねぎ、
たっぷりのにんじん三種、
べジブロス(にんじんの皮、大根かぶの皮、玉ねぎの皮など)
豆乳と塩・こしょう、白だし。

上にのせた梅を象ったにんじん達が沈まないほど
濃度が高いです。



  1. 2017/02/26(日) 23:59:59|
  2. きょうの一皿|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

梅の花

きょうのお弁当です。

170225b.jpg

・ご飯(梅干し、白黒ごま)

・にんじんんと梅生麩のたいたん
・菜の花のオリーブオイル炒め
・トマトとバジルの卵焼き
・れんこんと牛肉の塩炒め
・ひいかと三つ葉のさっと煮

+ パイナップル

久しぶりのおべんとです。
梅の花の生麩とにんじん。
菜の花。
卵焼きの色あい。
花れんこん。
ひいかの色…!?

一面(?)の春色おべんとうです。
とりわけ梅の花と菜の花があると、春の色が濃くなります。

きょう2月25日は、北野天満宮の梅花祭。
菅原道真ゆかりの飛び梅などなど梅苑は見頃のようです。

ちなみに、梅花祭には行ったことがなく、
梅の時季の北野天神さんにも長らく行ったことがありません。

こちら、食卓の梅の花…

170225n.jpg

三色のにんじん…京にんじんと普通の西洋にんじんと黄にんじん、
そしてかぶ。
梅の型で抜いてから、ちょっと包丁を入れて、
ねじり梅にしました~🌼





  1. 2017/02/25(土) 23:59:59|
  2. お弁当+α|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

タアサイの花

先日、野菜の振り売りとばったり出会い
いろいろと買い求めました。

京にんじん、聖護院大根、そして
こちら、タアサイです。

170224k.jpg

中国野菜のタアサイ。
漢字では「塌菜」…ムズカシイ字

濃い緑色の厚みのある葉が横に広がって
花が咲いたような形態です。
その形から別名「菊花菜」ともいうそう。

また、一枚一枚の葉がしゃもじのようなので
「杓子菜(しゃくしな)」という呼び名もあるとか。

さらに、冬場、とりわけ二月ころが一番おいしいことから
「如月菜」とも言われているそうです。

このタアサイこと菊花菜こと杓子菜こと如月菜、
買ってから、2~3日置いておいたら、
花が咲いていました。。。

170224t.jpg

菜の花、タアサイの菜の花です。
小松菜や水菜、ブロッコリにキャベツや大根、かぶ等と同じ
アブラナ科の仲間。

なにはともあれ、花咲いてたんで、大急ぎで調理。

170224g.jpg


タアサイと牛肉のオイスターソース炒め。
タアサイの炒めたん、美味しい~♪



  1. 2017/02/24(金) 23:59:59|
  2. きょうの一皿|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

菜っぱ菜っぱ菜っぱ

170217u.jpg

葉の花とひいかと焼き豆腐のたいたん。
旬の菜の花は、
さっとたいただけで、やわらかく味がしゅんでいます。

菜っぱをさっとだしでたいたんは、
小さい頃から食べ慣れているほっとする味。

170217s.jpg

これは、ロメインレタスとお揚げさんのたいたん。
シャキシャキっとした食感をいかして、
加熱しても歯ごたえを残して、ささっと煮ました。

そしてこちらは…

170212h.jpg

畑菜とお揚げさんのたいたん。
先日、初午の日にたいたものです。



  1. 2017/02/23(木) 23:59:59|
  2. いろいろ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ナッツのキャラメリゼ餅

くるみ
アーモンド
ピーナッツ
ピスタチオ
ピーカン

たっぷりのナッツをキャラメリゼして
醤油とお餅をからめた一皿です。

150913m.jpg

ナッツのキャラメリゼ醤油餅。
ナッツが香ばしく甘じょっぱい味。

前に、レシピブログさんから
”くらしのアンテナ”のコーナーで紹介するメールをいただいたレシピです。

掲載記事→止まらないおいしさ!"甘じょっぱい"おやつレシピ

ほか、お餅のレシピは、美肌レシピなどでも
ご紹介いただいてました…(^^; → ■あちら 
                      □こちら

レシピはこちらです → ナッツのキャラメリゼ醤油餅


お好きなナッツで…いろいろ使ってますが1種だけでも美味しいです。



  1. 2017/02/22(水) 23:59:59|
  2. きょうの一皿|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

日野菜

行きつけの農産物直売所にて購入。

170221h.jpg

ひのな(日野菜)です。
日野菜を買うのは、ずいぶん久しぶり。
このブログ初登場のはず?…とブログ内を検索してみたら、
なんと75件もヒット!?

え~?なんで? と思ったのですが、
どうやら、「日」と「野菜」に反応したよう。
名前の中に「野菜」が入っていたとは…

さておき、日野菜は、滋賀県日野町原産のカブの仲間。
ほのかな苦みとえぐみのある独特の風味が身上です。

浅漬けにしました。

170221t.jpg

きれいな桜色、パリッとした食感もよし。
日野菜特有の風味のよさは、根も葉もどちらも です。

◆ 日野菜のさくら漬け
  日野菜 3~4本くらい、塩 大さじ1+小さじ1
  合わせ酢【酢・砂糖 各大さじ1、塩小さじ1/2、白だし少々】

1.日野菜の根は斜め薄切りに、約小さじ1の塩をまぶす。
  葉は細かく刻み、約大さじ1の塩でよ~~~く揉みこむ。
2.根をボウルに入れて熱湯を注ぎ、一混ぜしてさっとザルにあげて
  冷水を流して軽くしぼる。
3.葉はザルにいれてたっぷり熱湯をかけてから、流水で洗って、
  しっかりしぼる。
4.2と3をボウルに入れて、合わせ酢を入れてまぜて。重しをかけて漬ける。



  1. 2017/02/21(火) 23:59:59|
  2. きょうの一皿|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

昆布の佃煮~覚え書き~

昆布の佃煮です。

170219k.jpg

この前、菜の花を昆布じめにしたときの
昆布の再利用。

170217k.jpg

~覚え書き~

昆布の重さの40~50%の酒
   〃       30%の醤油・みりん
   〃       5%の砂糖

1.上の調味料と食べやすく切った昆布を鍋に入れ、
  煮立つと、弱めの火で煮る。
2.味をととのえて、ごく弱火で水分をとばして煮詰める。

今回は、薄いぺらぺらの羅臼昆布だったので、
水なしで、はやく煮えました。

昆布が分厚くてかたいときはお酢を少々加えて煮るべし。。。



  1. 2017/02/20(月) 23:59:59|
  2. きょうの一皿|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

文化博物館にて…

夜の文化博物館です。

170219w.jpg

旧日本銀行である別館を通り過ぎて
本館の方へ。

170219v.jpg

日本の表装展 を観に行きました。
入場は夜7時まで…仕事帰りにダッシュ!

170219z.jpg

「日本の表装展」
文化博物館と京都大学総合博物館と、二会場での開催。

京大の方は、「紙と絹の文化を支える」というテーマで
主に文化財の修理に焦点をあてたもの。
残念ながら、開催時期が少し短く既に終わっていました。

文化博物館の方は、副題が
「掛軸の歴史と装い」

…いろいろな掛軸を観て、
書画を際立たせ、そして保存する「掛軸」という独特の文化を思う…

今まで、表装を観ても、色合いや織りが美しいだとか、
中身との一体感がいいとか、
書画の引き立て役として眺めていたのが、
鑑賞と保存と、その芸術性と便利さの両面を持つ
表装そのものの面白さに引き込まれました。

掛軸って すごい! (← 思いを文字にすると何と薄っぺらい)
などと思いつつ、ダッシュで帰宅。

さて、
こちらは、アーモンドラスク。

170219r.jpg

細めフランスパンを薄く切って
アーモンドクリーム…アーモンド粉、バター、砂糖を同割混ぜたものを
薄く塗って、クルミを散らして、オーブントースターで焼いたものです。

ブラックの珈琲によく合います。



  1. 2017/02/19(日) 23:59:59|
  2. きょうの一皿|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
| ホーム | 次のページ→