FC2ブログ

朝ごはん・昼ごはん・晩ごはん+おやつ

豆まめ豆マメ…

きょうのお弁当です。

170620b.jpg

・ご飯(梅干し、黒ごま、乾燥梅干し)

・赤こんにゃくと牛肉の時雨煮
・枝豆の卵焼き
・ごぼうとにんじんのきんぴら
・三度豆の胡麻和え
・ミックス豆と橙ピーマンとオリーブのマリネ
・塩モロッコいんげん

先週はお弁当なしの週でした。
その間に、行きつけの産直野菜販売所の豆分布も大きく変わり、
つい先日までお弁当を緑で彩ってくれた、
スナップえんどうや絹さやなど、えんどう一族はすっかり姿を消し、
モロッコいんげん、三度豆など、いんげん一族が台頭してきました。

170620c.jpg

モロッコいんげん、三度豆、
そして、黒豆枝豆も購入!

きょうのおべんと箱は豆まめしいです。
旬の三度豆、モロッコいんげん、枝豆。それから、
缶の大豆に金時豆にひよこ豆。
豆づくし…という程ではありませんが。。。

170620a.jpg

そうそう、
牛肉といっしょにたいたのは赤こんにゃく。
珍しい赤こんにゃくについては、また明日・・・。


  1. 2017/06/20(火) 23:59:59|
  2. お弁当+α|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ちょっと厚焼き卵サンド

きょうの朝ごはんです。

170621s.jpg

卵焼きサンドと、ハムと新玉ねぎ(紫)サンド(耳つき…(^^;)
4枚切りの食パンを薄さ半分に切って、
3個の卵で作った卵焼きをサンド。

今回は、だし巻きではなく卵焼きです。
ちょっと厚焼き。
次回は、卵4個でだし巻きを作ってみます。

さて、
きょうは、早めに仕事を終えて帰途に…
18時40分の京都タワーの空。

170619k.jpg

日が長くなって、まだ夕方早い時間の感。
まもなく夏至、ぼちぼち今年も折り返しです。


  1. 2017/06/19(月) 23:59:59|
  2. 朝ごはん|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

レモン&オレンジ

濃厚なチョコ系スイーツのあとは
爽やか系のスイーツを作りたく(食べたく)なりました。

シトラス・ケーキです。
パウンド型ではなく、四角い型に流して、切り分けるタイプ。

170618d.jpg
 (上から粉糖を茶こしでかけたのですが・・・ちょっと微妙な外観?…粉糖かけへん方がよかった…カビに見える…(-"-)

上には、スライスレモンをさっと煮たものを on♪
中にはレモン果汁とオレンジピールのペーストが練りこんであるので
しっとり食感。
ふんわり香る柑橘系の風味。

暑い時季は、こういう爽やか系の方が一般受けするのでしょうか…。



  1. 2017/06/18(日) 23:59:59|
  2. おやつ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

チョコ&ナッツ

ブラウニー・タワー♪

170618b.jpg

タワーといっても3段ですが…
先日作ったブラウニーです。

チョコレートたっぷりの濃厚な生地に、さらに
中に角切りチョコを混ぜ込んだので、
この季節、冷蔵庫人れないと、チョコが少々溶けて、べチョッとします。

そして、こちらは…

170618a.jpg

…ちょっと薄型、濃厚さもやや薄め…ですが、
冷蔵庫に入れなくても大丈夫な仕様です。

上に散らしたナッツは、くるみアーモンドピーナッツ。
カリッと香ばしいナッツと
カカオ香る甘いチョコ、
一緒に食べると、掛け算の美味しさ。

ナッツのフロランタン風にも

170618c.jpg

チョコがけ~♪




  1. 2017/06/17(土) 23:59:59|
  2. おやつ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

〝花と陶の饗宴〟

展覧会〝花と陶の饗宴〟を観てまいりました。

170616j.jpg

ギャラリー空・鍵屋、四条京阪駅から歩いてすぐ、
くずきりで有名な鍵善のギャラリー。
ギャラリーらしからぬ 料亭のような入り口を入ると…

170616f.jpg

…花器と花を生けた器と、かわいらしい表情の陶人形が迎えてくれました。
花器を作られたのは、陶芸家の葛原 章年さん
陶の人形を作られたのは、その奥様の準子さん
ご夫婦のふたり展です。

お二人とは、一昨年に参加した"びわ100"(→琵琶湖100km歩行大会
の時にご一緒し、お世話になり、そのご縁です。

素敵な作品いろいろ…

170616c.jpg

お花の心得のない私でも、
何か活けたくなるような花器、
この器には、深いブルーのガク紫陽花を…
こちらには、白い夏椿…想像が膨らみます。

170616d.jpg

右の群青というのか、紺色、茄子紺でしょうか、
口のゆがみ具合がいい感じで、心惹かれた花器です。

こちらは七福神。

170616u.jpg

どの神様も、いいお顔、いい表情をされています。

それから、お釈迦様の誕生。

170616v.jpg

すぐに歩いて右手で天を 左手で地を指し、
「天上天下唯我独尊」と言われたところでしょうか。

桃の節句…

170616x.jpg

お内裏様とお雛様に 三人官女。
華やかです~🌸

こちらは、コラボ作品…

170616s.jpg

蓮の葉の花器にちょこんと座られた可愛い姿。

…ずっと観ていたいような素敵な作品の数々、
満喫してまいりました。

素敵な時間をありがとうございました。

170616a.jpg



  1. 2017/06/16(金) 23:59:59|
  2. アート+α|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2017梅仕事第二弾

第二弾は、梅酒と梅シロップです。

170612u.jpg

梅は概して1kg単位で売っているのですが、
右側の保存容器は、1kg全部漬け込むにはやや小さいので、
梅800g弱です。
という瓶事情なので、
大瓶で梅酒、小瓶で梅シロップ、
それぞれの材料、覚書です。

◆梅酒
 材料 青梅 800g(弱)
     氷砂糖 500g
     ホワイトリカー 1.4リットル
◆梅シロップ 
 材料 青梅 200g(強)
     氷砂糖 梅と同量


梅酒はだいたい毎年作っているので、
昨年の一年物。
一昨年の二年物。
その前の年の三年物…
があるので、ちょっと味比べをしてみようと
見てみたのですが。。。

ラベルとか貼らなかったので、
どれがどれだかわからない。
瓶の違いで覚えているつもりだったのですが、
記憶力がドライアイスのごとく蒸発していく昨今、
一切記憶にございません…(+_+)



  1. 2017/06/15(木) 23:59:59|
  2. いろいろ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

翌日のヤンソンさん

昨夜の晩ごはん時、
久しぶりにグラタンを作りました。

ヤンソンの誘惑…じゃが芋と玉ねぎとアンチョビと生クリームで作る
グラタン。スウェーデンの家庭料理です。
(長いこと、その名を誤解していたグラタン→ヤンソンさん

残った分を、フランスパンにのせて、
トマトスライス、チーズをかけて、オーブントースターで焼いて…
今朝の朝ごはんです。

170616y

もうちょっと焼き目をつけた方がよかったかな。。



  1. 2017/06/14(水) 23:59:59|
  2. 朝ごはん|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

季節外れの日野菜

170613h.jpg

日野菜の桜漬です。
漬け液にお酢を混ぜると、酸に反応して
淡くきれいな桜色になりました。

ただ、日野菜の旬は冬。
旬からはずれた初夏の日野菜は…

170613p.jpg

…ちょっと繊維質が多くてかたいです。
ふだん、旬のものでない野菜は、買わないようにしているのですが、
日野菜好きなもので、ついつい手がのびてしまった…

まだまだ、鉢にたっぷりある日野菜漬け。。。

170613n.jpg


  1. 2017/06/13(火) 23:59:59|
  2. きょうの一皿|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

いかわた

こちら、イかと野菜の煮物。

170614z.jpg

いか・オリーブ・ブロッコリ・カラーピーマン・大豆入りの
トマトベースの煮物。…あっさりしているのですが、
いかわたも一緒に煮込んだので、コクのある深い味です。

いかわたはとっておきの調味料です(^^)
そして、こちらは…

170618w.jpg

九条ねぎの炒飯~大根トマトの中華スープ添え
炒飯の味の決め手は、いか塩辛!

いかの塩辛で、ほかには出せない風味の炒飯です。
いかのわたは、ほんま素晴らしい!



  1. 2017/06/12(月) 23:59:59|
  2. いろいろ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

淡竹と破竹と…

淡竹の筍です。

170611c.jpg

一般的な筍は孟宗竹、
その旬と入れ替わりに旬を迎えるが淡竹。

今は、淡竹の旬の終わりかけ。
生産者さんの、たぶん今年はこれが最後、との声に
慌てて購入したのです。

全体に産毛に覆われ、ずんぐりした形の孟宗竹とは違い、
つるっとした茶色い皮。むくと、薄緑を帯びてシュッとスリムな形。

輪切りにして、削りかつおをたっぷり入れた
土佐煮にしてみました。

170611t.jpg

あと、穂先は、縦切りにして、
焼き豆腐、飛龍頭と一緒に煮つけていただきました。

170611h.jpg

ちなみに、
淡竹は、大きくなると 茶筅や竹ぼうき に利用されるそう。
ついでに、
勢いのある方は「破竹」は、竹が最初の一節を割ると あとは一気に割れることから
勢いが激しくてとどめがたいことを 破竹の勢い、というようになったようです。



  1. 2017/06/11(日) 23:59:59|
  2. いろいろ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
←前のページ | ホーム | 次のページ→