FC2ブログ

朝ごはん・昼ごはん・晩ごはん+おやつ

2017梅仕事第一弾

キッチンに、得も言われぬ
甘くやさしいフルーティな香りが漂っています。

170610u.jpg

青梅です。
今年の梅仕事第一弾。
梅サワーを漬け、
梅甘露煮を煮上げました。

170610v.jpg
            奥の大きめの瓶が梅サワー、手前の2つは梅甘露煮(冷蔵庫に入るサイズ)

梅サワーは、手がかからないけれど、漬かるまで時間がかかりますが、
梅の甘露煮は、手はかかるけれど、すぐ食べられます。
できたての甘露煮を早速お味見。
まだ温かくて、味がなじんでいない…
明日改めて味見をすることにして。

梅サワーの方は、8月中頃から食べ頃、
楽しみです。
甘露煮のほうは、それまでに食べ切るべし。
梅のバトンタッチです。(
いや、甘露煮はとても2ヵ月ももたない…あっというまになくなりそう…)

さて、今宵は、同窓会に行ってきます~

その前にとりあえず、覚え書き…

◆梅サワー
【 材料 】 青梅 500g
       酢 500cc
       氷砂糖 300g
【作り方】
1. 梅は、丁寧に水洗いし、たっぷりの水に一晩浸けて アク抜きをする。
2. 水気をきり、ヘタを竹串などで取り除き、乾かす。
3. 煮沸消毒した保存ビンに、梅を入れ、氷砂糖も入れる。
4. 上から酢を注ぎ入れ、冷暗所で保存。
※ 2カ月ほどで、飲み頃に~♪

◆梅甘露煮
【材料】 青梅(大粒で固いもの…がいいそうですが…今年は中粒であまり固くなかった) 500g
      砂糖 400g(梅の80%)
      水  約500cc
【作り方】
1. 青梅は水洗いし、ヘタを竹串などで取り除く。
  針で、つついてまんべんなく梅に穴をあける。一粒に20箇所ほど。
  (種までとどくように突く。穴をあけないと煮崩れる)
2. 鍋(銅、ホーローなど)に梅を入れ、かぶるくらいの水を入れて火にかける。
  (熱くなった鍋底に梅がなるべく当たらないように混ぜながらゆでる)
3. ごく弱火にかけ、沸騰させないように15分ほど煮ると、静かに湯を捨て、
  蛇口から糸の様に細く水を出して鍋に垂らしながら…水が完全に冷たくなると、
  そのまま20分ほどおく。 …という作業を2~3回繰り返す。
4.鍋に3の梅をそっと並べ、水をかぶるくらいにそっと注ぎ、砂糖の1/3を満遍なく加えて
 弱火で煮る。~アクを取りつつ。
 上に落し蓋代わりにガーゼかキッチンペーパーをのせ、ごくごく弱火で煮る。
 15分煮ると残りの1/3の砂糖。また15分煮ると砂糖をペーパーの上から加える。
 そのまま冷まして、煮沸した保存瓶にそうろと入れる。
 煮汁が多い時は、(濾して)少し煮詰めてて熱い煮汁を上から注ぎ入れる。
 
 そのまま冷まして冷蔵庫で保存。

 …この通りするつもりが、今年のものは、砂糖を加えて煮る4の時点で、うたた寝してしまい、
 1時間以上煮ていました…/(-_-)\
 


スポンサーサイト



  1. 2017/06/10(土) 23:59:59|
  2. いろいろ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
| ホーム |