FC2ブログ

朝ごはん・昼ごはん・晩ごはん+おやつ

国宝!

先日、京博で開催中の「国宝展」を観てまいりました。

171123t.jpg

8週間の会期を4つに分けて展示替えがあり、
総計200以上の国宝が展示されるそう。
かねてからずっと観たかった光琳の「燕子花図屏風」が
最終の第4期に出るので、それを目当てに行ってきました。

171123g_.jpg

連日、大混雑で、長ければ150分待ち…という情報もあったので、
一番すいてそうな閉館間際を狙って入館。

幸い待ち時間はゼロでしたが、中は大変な人出。平日とは思えないほど…
薄暗い中、人にぶつかりながら、ほかのものはざざっと(他の国宝には失礼ながら…)
一路、目指す燕子花図へ。

不思議に燕子花図前はあまり混雑しておらず、じっくり観られました。
実物は、印刷で何度も観ていた印象よりもずっと素敵でした。
群青の濃淡と緑青の色との調和、配置の妙、
印刷では、意匠性が際立つけれど、実際目にすると、もっと
奥行きがあって、深みやふっくらした温かみが感じられ、思わず息を止めて見とれるほど。

燕子花図は、もともと西本願寺が所蔵していて、大正初期に東京に出てから
一度も京都に戻ったことがなかったそう…この度 100年以上の時を経て初めての里帰り!
また、里帰りしてほしいものです。

閉館時刻となり、館から押し出されるように外に出ると、
すっかり夜のとばりが下りていました。

171123r.jpg

旧本館である 明治古都館。
重厚。ライトアップされた夜の顔も独特の雰囲気。
この建築は、国宝ではなく、重文だそうです。

171123k.jpg

ロダンの「考える人」の背中越しに見る
正門から京都タワー。
ドーム型の小さな屋根がエキゾチックなシルエットをかもしています。

こちらは…

171123s.jpg

…3期の展示だったので、残念ながら観られなかった長谷川等伯の「松林図屏風」
一筆箋を記念に(観られなかったけど記念に)買って帰りました。

そして、こちらは…

171123f.jpg

…タラと根菜のエスニック風スープ。
タラとにんじん、長ねぎ、じゃが芋、
カレー粉の素になる香辛料、ターメリック、クミン、コリアンダー、カルダモンでさっと煮。
エスニックとはいえ、味のベースは醤油です。

和風はもちろん、中華でも、エスニックでも、洋風欧風でも、
何に入れても味が決まる醤油は、調味料の中ではまちがいなく
国宝級!

(^_-)





スポンサーサイト



  1. 2017/11/23(木) 23:59:59|
  2. アート+α|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
| ホーム |