FC2ブログ

朝ごはん・昼ごはん・晩ごはん+おやつ

一月二日~おせち覚え書き

一月二日。

お正月二日目、
お雑煮はおすまし。
干しいたけと昆布のだしで、
具は、かまぼこ、しいたけ、壬生菜
そして香ばしく焼いたお餅です。

お重は、とりあえず、元日に入れそびれたくわいを入れて、
あとは適当に残ってるもので構成。

180102a.jpg

今年は、ナッツごまめが人気。
揚げてから、同割のみりん・醤油・酒・砂糖でからめたら、
パリッと感と香ばしさが、ググっとアップしました。

後ろに見えるのは、こちらも人気の
ゆりねいくらと、松前漬け。

180102e_.jpg

180101m.jpg

どちらも酒の肴になりそうなもの…です。

180102i.jpg

今年のお煮しめは、筍がいちはやく姿を消しました。
昆布巻きは、なぜだか若者には不人気。
…と、覚え書き。
(こうして覚え書きを残しても、覚え書きを書いたこと自体を
忘れてしまうので、それが問題なのですが。。。)


くわい:大きな芽が一本出ることから「めでたい」にかけたもの。芽が出ることから出世を願って。
     また、古くは平仮名の「か」を「くわ」と表したことから、くわい=かい=快、一年を快く過ごせるよう。

かまぼこ:形状が初日の出の形に似ていることから…赤色は魔除け、白色は清浄を意味し、
      紅白の色が縁起がよいとされる。

昆布巻:「喜ぶ」の語呂合わせ。また、昆布に「子生」の字をあて子孫繁栄を願って。
      巻物(書物)に似た形から文化・学問を象徴する意味もある。

れんこん:穴が多数あることから、将来の見通しがきくという意味の縁起かつぎ。


スポンサーサイト



  1. 2018/01/02(火) 23:59:59|
  2. いろいろ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
| ホーム |