FC2ブログ

朝ごはん・昼ごはん・晩ごはん+おやつ

えんどう一族の台頭…

昨日、買ってきた野菜は、花ズッキーニのほかは、
豆、豆、豆!…いろんな緑の豆です。

180535y.jpg

左のザルは、スナップえんどう、そら豆。
右上のザルは、絹さや。
右下のザルは、うすいえんどう。

たくさんの生産者さんのいろいろな豆が出ていて、
豆の旬を実感。
あれも作りたい、これも食べたい…とついつい
いっぱい買って帰ってしまいました。。。(^^;)

とりあえず、
まずは、うすいえんどう。

180535w.jpg

さやから実を取り出すのは
子どもの頃から、けっこう好きな作業です。

そして、豆ごはん!
こちらは、子どもの頃は、あまり好きではなかったのですが…
今は好物です。

180588a.jpg

それから、
うすいえんどうとわかめとお揚げさんと大根のたいたん。

180535g.jpg

旬のえんどう豆に 新わかめが好相性。
大根は、夏大根なので、薄めに切ってさっと炒め煮。

子どものころから、定番のこの季節の「たんたん」です。



  1. 2018/05/21(月) 23:59:59|
  2. いろいろ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

花ズッキーニ~♪

180535s.jpg

花ズッキーニです。
朝一の 行きつけの農産物直売所で見つけました。
カゴに入れて、売り場を一周回って戻ってみると、
手を伸ばす人が次々…あれよあれよというまに
完売していました。

180535_YY.jpg

花ズッキーニは、その名の通り、ズッキーニの花。
開花する前の状態で収穫。
雌花と雄花があるそうですが、
これは萼のところに小さな実がついている雌花。
(隣は、少し成長した同じ種類のズッキー二< 8cm くらい>)

珍しがって、買って帰ったものの、何を隠そう、
花ズッキーニ、聞いたことがあるだけで、
食べたこともなければ、買ったこともありません。

早速Web検索。。。
  イタリアでは一般的な食材。黄色い花の部分に詰め物をし、
  揚げたり炒めたりして特有の食感と風味を楽しむ。

ふむふむ…とりあえず、揚げてみましょう~
中にクリームチーズを詰めて、フリッター衣をつけて
油で揚げてみました。

180535r.jpg

サクっとした中に、クリームチーズがトロ~リ
不思議な魅力です。
ビールで溶いた衣のほの苦みもよく合います。
小さいズッキーニも、ザクザク切って一緒に揚げました。

180535q.jpg

~花ズッキー二 覚書き~
1.水にそっと浸けてそっと洗い
2.水気をきり、花びらに1箇所切り込みを入れてめしべorおしべを切り取り、
3.中にクリームチーズ(おさまるように大きさと形を整えておく)をつめて、
4.中身が見えないように花びらを閉じて形を整え、衣をくぐらせて油で揚げる(180度くらい)
  ビール衣(薄力粉:ビール=1:2、+ 塩少々、氷)



  1. 2018/05/20(日) 23:59:59|
  2. きょうの一皿|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

パウンドケーキ作成中に…

和のパウンドケーキです。

180518t.jpg

小豆のマーブルケーキ。
黒糖を混ぜ込んだバターケーキに、
小豆あんとラム酒を混ぜた生地を
上面にマーブリングしました。

180518o.jpg

作製中、トラブルがありました(T_T)
ハンドミキサーで攪拌している時に、変なにおいがする…
何か、食物でないもの…工具的なものが焦げるにおい…

???と、手をとめて、目を閉じて、鼻をクンクン利かせると、
においはすぐ手元から…

180518h.jpg

…ハンドミキサーのコードの根元が切れて少し黒くなってきていました。
あちゃ~ 
慌てて、コンセントを抜いて、あとは手動で…

思えば、このハンドミキサー、2代目で、かれこれ20年以上は使っていると思います。
しかも、酷使!
長らくお疲れ様でした。

180518r.jpg

  1. 2018/05/19(土) 23:59:59|
  2. おやつ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

明治150年

先日、京都国立近代美術館にて、
「明治150年展 明治の日本画と工芸」を観てまいりました。

180518c.jpg

何が150年かと思えば、
今年は、明治元年から数えて150年になるそう。

明治150年・・・
節目の今年、記念事業やイベントがいろいろあるようです。

さておき、
1873年(明治6年)のウィーン万博への参加などで、
明治時代は、海外から日本美術が注目を集め、工芸に力が入れられた時期。
竹内栖鳳など著名な日本画家たちの繊細で優美な図案が
輸出用の工芸作品に取り入れられ、素晴らしい芸術性が海外で高い評価を受けたとか。。。

掛け軸や屏風などの日本画、そして下絵の部屋から始まり、
博覧会の雰囲気を再現した部屋、
優美な七宝や緻密な染付の陶器、
超絶技巧と謳われた名工の象牙細工や象嵌作品…等など
チラシから窺える様々色々種々の作品の数々でした。。。

さて、こちらは、

180518p.jpg

プルーンの赤ワイン煮。
久しぶりに作りました。

プルーンといえば、小さい頃はなくて(普及していなくて)
レーズンの親分みたいな乾燥プルーンを初めて食べたのは
高校生のころだったような記憶が…

もともと、プルーンが日本に入ってきたのは、明治初めだったそう。
(ということは、約150年前…!)
そのときは、栽培されても定着せず。…昭和になって改めて栽培され、
戦後だんだんと広まっていったようです。

そして 昭和終わり頃に、健康食品として注目され、どんどん普及。
健康にいい成分・・・鉄骨系、鉄分カルシウムが多いイメージがあったのですが、
実際、鉄分カルシウムの方は、レーズンの方がずっと多い というのは意外です。

プルーンに多く含まれているのは、食物繊維、ポリフェノール。
なにはともあれ、
プレーンヨーグルトと一緒に いただきます~♪


  1. 2018/05/18(金) 23:59:59|
  2. アート+α|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

お弁当と折り紙と…

きょうのお弁当です。

180517b.jpg

・ご飯(梅干し、白黒ごま)

・粗挽きウインナとしめじの炒めたん
・九条ねぎの卵焼き
・赤ピーマンハッシュド・ポテト
・ブロッコリのくるみ和え
・ひらひらにんじんのオリーブ油炒め
・銀だらの塩焼き
・塩スナップえんどう

180517a.jpg

さて、きょうのこのお弁当とは何の関係もなく、
縁もゆかりもなく、
唐突な登場ですが…

180517g.jpg

折り紙で作った下駄です。げた!

最近、なぜか急に折り紙が気になってきて、隙間時間を見つけては
先日から細々と折っています。→

この下駄、鼻緒の形もなかなかいい感じで、
ちゃんと歯(〓)も付いているのです。 

180517t.jpg

次回は、ちょっと雰囲気のある紙を使って
お出かけ用の下駄を作ってみよう~(^_^)




  1. 2018/05/17(木) 23:59:59|
  2. お弁当+折り紙|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

池大雅展

先日、
京都国立博物館にて、池大雅展を観てまいりました。

180431b.jpg
   
「池大雅」 で知っていることといえば、
文人画、そしてこの絵 … 何を隠そう、それだけでした。
           ↓
180431c_.jpg
  
教科書や切手でお馴染みの、この
「釣便図」しか知らなかったのですが。。。
(釣便図…という名であることも、この度初めて知った…)

180431a.jpg
  

幼くして書の才能に優れ 神童と称された池大雅、
10代半ばで、中国の画を参考に扇に絵を描いて生計を立て、
その才能を見出されて、支援する人の出現もあり、いろいろな画風を習得。
(筆の代わりに指で描く指墨画(筆致かと思えば指紋だったり…)は面白し…)
中国起源の題材の大屏風、日本の風景画、琳派、そして西洋画の表現…等など、
変化に富む作風を取り入れながら、やがて自己の様式を確立して、大雅芸術が完成。。。

…釣便図は、展示替えで残念ながら観られませんでしたが。
書家としても有名な大雅さん、かなや行書は勿論、篆書、隷書の文字に
心惹かれました。

さて、
水墨や色味を抑えた絵とは対極の
ちょっとばかり派手な色目のスイーツです。

180431d.jpg

初春の桜丸 につづいて、苺丸。

180431e.jpg

中は、カステラ生地に、自家製の甘さ控えめ苺ジャムを加えた
しっとり生地に、ホワイトチョコ、苺チョコ、ナッツを混ぜ込みました。
周りは、苺のチョコレートです。



  1. 2018/05/16(水) 23:59:59|
  2. アート+α|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

木の芽入り和風ポテトサラダ~ちらし寿司風

春香るポテトサラダです。

180516p.jpg

どこらへんが春かというと、
ポテトサラダが木の芽の風味。
アボカド入りの薄グリーン色がさわやかなポテトサラダに
刻んだ木の芽を加えました。

160426z.jpg

すし酢や白だしで仕上げた和風味。
ちらし寿司みたいに、錦糸卵や甘辛煮しいたけを散らして、
スモークサーモンを添えました。
メインになる豪華風サラダ、春のおもてなしにも~🌸

◆ 木の芽入り和風ポテトサラダ~ちらし寿司風
【作り方】(3人分)
・じゃが芋 3個
・新玉ねぎ 小1/2個
・アボカド 小1個
・木の芽 10枚くらい
・卵 1個
・干しいたけ 小3枚
A【醤油・酒・みりん・砂糖 各小さじ1】
・すし酢 大さじ1、 塩 少々
・白だし 小さじ1
・マヨネーズ 大さじ1くらい
・にんじん、みょうが 各少々
・スナップえんどう、ベビーリーフ 各適宜

180516d.jpg

0【下準備】
・卵はといて薄焼き卵を作り、細く切って錦糸卵をつくる。
・干しいたけはもどして細切りにして、Aの調味料で甘辛煮にする。
・にんじんは5ミリくらいの輪切りにして型抜きし、(ねじり桜等飾り切りはお好みで)
 ゆでる。スナップえんどうもゆでる。
・木の芽は飾りを残して粗く刻む。
・みょうがは薄い輪切りにする。

【作り方】
1.新玉ねぎは薄切りにしてすし酢と塩と混ぜておく。
2.じゃが芋はやわらかめにゆでて皮をむいてザクザク切り、1と混ぜる
  (混ぜるとつぶれる)
3.2を冷まして、刻んだ木の芽、マヨネーズを混ぜる。 
4.アボカドを食べやすく切り、白だしをまぜてから、3とざっくり混ぜる。
5.器にベビーリーフをぱらぱらしいて、上に4を盛る。
  上に、錦糸卵、甘辛しいたけ煮を散らし、飾りにんじん、スナップえんどうをのせ、
  スモークサーモンをくるくるっと巻いて添える。

180516s.jpg




  1. 2018/05/15(火) 23:59:59|
  2. きょうの一皿|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

最後の筍…!?

先日、行きつけの野菜直売所に行くと、
やはり、筍はカゲもカタチもありませんでした。

最後に買った筍でこしらえた作り置き、
筍と湯葉と切り昆布のたいたん。

180431t.jpg

ちょっと日持ちする常備菜に作ったのですが、
この前、食べきってしまいました。

こちらは、筍の味噌漬け

180431m.jpg

おから味噌に一日漬けてておいて、
さっと焼いたもの。
初めての筍料理ですが、
なかなかオツな味、また来年作ってみたい一品です。

そして、定番の木の芽和え

180431j.jpg

次はまた、来年の筍シーズンまで…

もっとも、普通の筍(孟宗)からバトンタッチするかのように、
淡竹、真竹、と出てくるので、もう少しの間、筍をたのしめそうです。。。





  1. 2018/05/14(月) 23:59:59|
  2. いろいろ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ラディッシュの根と葉…

昨日のサラダの上から散らしていた
輪切りのラディッシュ。

180431y.jpg

葉もふさふさ、
菜っ葉と呼ぶほどではないけど、
そこそこたっぷり付いていました。

大根葉と同じ形…切れ込みの入った葉っぱ。
お揚げさんと炒め煮にして…

180431z.jpg

ラディッシュの葉とお揚げさんのたいたん。

根の方は、甘酢に漬けて
即席ピクルス。

年中見かけるラディッシュ。
実際に、明確な旬がなく、真夏や真冬の極暑、極寒以外は
収穫できるようです。
が、スライスしたものが、花びらを連想させるためか、
春のイメージがあります。

二十日大根の別名があるように、種を蒔いてから収穫まで僅か20日くらい、
一度、育ててみたいものです。



  1. 2018/05/13(日) 23:59:59|
  2. いろいろ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

豆腐入り春サラダ

お豆腐の入ったボリュームサラダです。

春らしい色合い。
筍(姫皮部分が多くて、あまり見えていませんが…)
そして、ドレッシングに入っている新玉ねぎも、春を感じさせます。

189431w.jpg

筍の風味に、やわらかな食感のプリーツレタス
なめらかな絹ごし豆腐にかりっと香ばしいくるみ。
玉ねぎのすりおろしを混ぜ込んだドレッシングをまとって
なかなかに美味也。

◆ 豆腐入り春サラダ

【材料】(約2人分)
絹ごし豆腐 小さめ1丁、 プリーツレタス3~4枚
筍水煮(姫皮などやわらかいところ)100g、 プチトマト 3~4個
ラディッシュ 3~4個、 ローストくるみ 3~4かけ
白だし 少々
A【新玉ねぎ 小1/2個、ポン酢 大さじ2、ごま油 大さじ1、砂糖 ひとつまみ】

【作り方】
1 プリーツレタスは食べやすくちぎる。 
 プチトマトは縦4つ切りにする。
 ラディッシュは薄い輪切りにする。
2 絹ごし豆腐は、スプーンで食べやすい大きさにすくい、
  筍は食べやすく切り、両方に白だしをかけておく。
3 くるみは粗く砕いておく。
4 新玉ねぎはすりおろして、ポン酢、ごま油、砂糖と混ぜておく。
5 1と2をふんわり混ぜて器に盛り、4のドレッシングをかけ、
  くるみを散らす。

189431v.jpg

  1. 2018/05/12(土) 23:59:59|
  2. きょうの一皿|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
←前のページ | ホーム | 次のページ→