FC2ブログ

朝ごはん・昼ごはん・晩ごはん+おやつ

鮎。

鮎です。
六月に入ると 解禁になる鮎。

180610h.jpg

この時季、一度は食卓に出したい魚。
日本の淡水魚で一番食べられているのは鮎だそう。

漢字では、「鮎」のほか、
独特の香りをもつことから「香魚」、
一年で一生を終えることから「年魚」
泳いでいると口が銀色に光ることにから「銀口魚」等など、

その他にも、いろいろな漢字表記がある、というのは、やはり、
日本で親しまれてきた魚だからでしょう。

ちなみに、
「鮎」は夏の季語。
「若鮎」は春の季語。
「落ち鮎」は秋の季語。
「氷魚」は冬の季語。

氷魚が、鮎の幼魚で、冬の季語、であることは、
俳句を始めるまで、知りませんでした。
(ほかの魚のことと思っていた…)

ほかにも、「鮎釣」「通し鮎」などなど、鮎の字のつく季語は、
いろいろあるようです。

ほんと、日本に根付いた魚なのですね。

なにはともあれ、鮎は塩焼きが一番!
串に刺してあったのを入手したので、塩をふって家のグリルで焼きました。

180610g.jpg

たん白で上品な風味を楽しみます。
ほのかな苦みが、たまりません。

こちらは、鮎をたくさん描いていた福田平八郎の「鮎」(1940年)

180630Y.jpg

抽象的なのに、水の流れが、鮎の動きが感じられます。
絵に描いた鮎にも心惹かれて。。。





スポンサーサイト



  1. 2018/06/27(水) 23:58:59|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
| ホーム |