FC2ブログ

朝ごはん・昼ごはん・晩ごはん+おやつ

太郎冠者と太郎画家と…

こちらのポストカードの装束は…

190119z.jpg

ニッポン画家・山本太郎さんによって制作された、
狂言師・茂山童司さんが襲名披露の舞台で着用される装束です。

山本太郎さんは、伝統的な日本の古典絵画に現代風俗の要素を散りばめた
諧謔味のある絵画を(それをニッポン画と提唱されて)描かれています。

古典文学や古典芸能をベースにした琳派の画風に
現代風俗を融合させた、伝統的でかつ革新的な作品はとても魅力的です。

(今までも、観に行った記録があちこちに → あちらこちらそちらあっちもこっちも

そして、茂山童司さんは、大蔵流の狂言師。
堪能な英語を生かしたバイリンガル狂言の講演ほか、コントやオペラまで手がけられ
狂言のワクにとらわれない、幅広い活動をされている方。

このたび、千之丞を襲名され、その披露宴目「花子(はなご)」で
この装束を着用されるのです。

190119t.jpg

連綿と継承されてきた伝統の中に、現代のエッセンスを吹き込まれる
という共通点を持つおふたり・・・

イムラアートギャラリーにて開催中の
山本太郎個展
「太郎冠者と太郎画家 茂山千之丞襲名披露記念|装束披露」
行ってまいりました。

190119x.jpg

展示されているのは、装束の中に描かれている色紙と同じ絵。
光琳波のこちらの作品等など10点。

190119r.jpg

それから、狂言用扇子が2点。

190119p.jpg

「信号住の江図」
青海波に松の意匠、そこに信号…

190119q.jpg

裏面は「朝顔鉄柵図」

そして、こちらは、

190119v.jpg

狂言「花子(はなご)」で使用される扇
「夕顔 SNS 扇子」
「花子」は浮気の話だけに、夕顔とLINEがモチーフになっています。

表面は、源氏物語を彷彿させる夕顔です。
本妻ではない女性との色恋…

190119u.jpg

裏面は現代の恋愛事情でのコミュニケーションツール、LINE。
SNSでのメッセージの密かなやり取りを思わせます。

190119w.jpg

さて、私が観に行った19日夕方には、
おふたりのトークショーがありました。
「太郎冠者と太郎画家の狂言みたいな話」

190119y.jpg

お話上手なおふたりのお話、いろいろなエピソード、裏話が面白く、興味深く、
立ったままであることを忘れるくらいあっというまに時間が過ぎました。
楽しく素敵なひととき、ありがとうございました。

    *          *           *

山本太郎 個展
「太郎冠者と太郎画家 茂山千之丞襲名披露記念|装束披露」
in イムラアートギャラリー(左京区丸太町通川端東入る)(熊野神社から西へ徒歩4分くらい)
2019年1月12日(土)~2月16日(土) 12:00~18:00
※ 休館 : 日・月・祝
※ 2月の東京公演中は装束が展示されていないそうです。
  (2月に行かれる場合はご確認くださいませ…)
  
    *          *           *

さて、装束の中、色紙と短冊ととともに、
雪輪文様の中にたんぽぽ、の図柄がありました。

190119o.jpg

これは何か意味があるのでしょうか?
なにはともあれ、
雪輪文様は、かなり好きです。

190119s.jpg

蕪のみぞれ汁。
おろした蕪と、雪輪文様で抜いた蕪のすまし汁です。



スポンサーサイト



  1. 2019/01/19(土) 23:59:59|
  2. アート+α|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
| ホーム |