FC2ブログ

朝ごはん・昼ごはん・晩ごはん+おやつ

金剛輪寺にて、仏像と曼荼羅

滋賀県、湖東三山の一つ、
金剛輪寺にお詣りしてきました。

190502a.jpg
                                                         金剛輪寺 黒門(総門)
彦根の少し手前の長閑な無人(ときどき)駅、稲枝駅から
1時間に約1本の乗合タクシーを予約して、
乗ること約20分。

190502b.jpg

静かなお庭は青紅葉と緑の苔が美しく、
シャクナゲが見ごろ。

190502c.jpg

きょう訪れたのは、
一つはこちら…

190502y.jpg

悠久の仏像彫刻展。
境内、入ってすぐのところにある、愛荘町立歴史博物館にて、
現代日本を代表する仏師、向吉悠睦先生の作品の数々が
展示されていました。

190502e.jpg

展示室の中央に配された
「聖観音菩薩像」と「十一面観音菩薩像」

190502d.jpg

「千手千眼観音坐像」

どの像も、技巧の素晴らしさに
表情…お顔や手、身体、全体から醸し出される荘厳たる空気、
思わず息を止めて見入っていました。。。

190502f.jpg

それから、緑あふれる参道を歩いて本堂へ。

190502g.jpg

だんだんと上り坂になる参道の両側につながる
千体地蔵さん。

190502k.jpg

集合されている所もありました。。。
黒門から歩くこと約15分、二天門が見えてきました。

190502h.jpg

この先にあるのが国宝の大悲閣本堂。

190502l.jpg

本堂で、この時期公開されていたのが、ここにお詣りに来たもう一つ、
平成の大曼荼羅こと、
「金剛界八十一尊曼荼羅図」の復元模写。
明治の廃仏毀釈の混乱のなか、金剛輪寺から流出したものを
忠実に再現したものだそう。

190502z.jpg

こちらは、仏画師・截金師の中村佳睦先生の手によるもの。
仏師の向吉先生とはご夫婦です。

鎌倉時代に使われていた絹糸や、顔料など、吟味した材料で
細密な技術で美しく再現。
往時の姿を色鮮やかに蘇らせた大作です。

190502x.jpg
                                      
撮影禁止なので、図録からとった部分画像です。
「金剛界八十一尊曼荼羅図」 部分図、四大神 風。
ため息が出るような細密さ、美しさ・・・

そして、
一番高いところにある三重塔の周りをぐるりと回って
帰途につきました。

190502m.jpg

名残の桜。

190502i.jpg

今度は、紅葉の季節に来てみたいものです。

190502j.jpg

お土産に買ったのは、
名産の丁子麩と赤こんにゃく。

190502v.jpg

こちらは、またいずれ。。。




スポンサーサイト



  1. 2019/05/02(木) 23:59:59|
  2. アート+α|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
| ホーム |