朝ごはん・昼ごはん・晩ごはん+おやつ

サフラン風味のフレンチトースト

レシピブログさんから「旬の食材で楽しむ秋レシピ」 企画で
モニタープレゼントのスパイス3種を送って頂きました。
GABANのサフラン<ホール>・クローブ<ホール>・シナモンスティック(セイロンシナモン)
ありがとうございます。

171001g.jpg

きょうはサフランを使ってと…♪

サフランといえば、高価な香辛料。
ブイヤベースやパエリアには、サフランの独特の魅惑的な風味が欠かせません。

高価なサフラン、
香辛料に使うのは、1つの花に3本ある赤いめしべ。
1gを作るには、花が200も300も要るそう。

クロッカスに似た可愛らしい花なので、家で栽培してみよう~と
かねてから思っていたのですが、今回その思いを強くしました!

嬉しいことに、サフランの色素成分には、海馬にある神経細胞を活性化し、
健忘症等の予防効果、改善効果があるそう。
最近、物忘れひど過ぎの私には願ってもないスパイス!

で、何を作ろうか?と思ったのですが、
ブイヤベースやパエリヤのような 晩ごはんのメインになるようなものではなく
手軽なものがいいかな~と
サフランの風味香るフレンチトーストを作ってみました。

黄金にかがやくフレンチトースト、
ほのかにふわっと香るサフランが、いい感じです。

171001f.jpg

◆ サフラン風味のフレンチトースト

【材料】(約2人分)
    フランスパン(バゲット、バタール等) 4切れ
    卵 小1個
    牛乳 50cc
    サフラン 少々(しべ20本くらい)
    塩 ひとつまみ
    りんご 小1個
    アーモンドスライス 少々(ローストしたもの)
    蜂蜜 適宜
    米油 少々
    バター 小さじ1 
【作り方】
    1.牛乳を温め(人肌くらい) サフランを浸けて しばらくおいておく。
      (牛乳が黄色っぽく色づく)
    2.卵を溶きほぐし1と塩を混ぜて 卵液を作り、フランスパンをじっくり浸ける。
      (時間がないときは、爪楊枝でついて卵液の浸透をよくする)
    3.米油をフライパンで熱し、2を色よく両面焼く。フライパンの空いたスペースで
      くし切りにしたりんごを炒める。バター少々で少しやわらかくなり、透明感が出るくらい。
      フレンチトーストは、美味しそうに焼き色がつくと取り出す。
    4.器にフレンチトーストとりんごを盛りつけ、アーモンドを散らして、
      はちみつをかけていただく。

    ※ サフランの風味を生かすために、焼くときの油脂は米油を使いました。
      (ほかに焙煎してないごま油など、香りや風味のない油を)
    ※ 今回は、仕上げに蜂蜜をたらっとかけて甘味を足していただきましたが、
      モッツァレラチーズなど(あまり個性的でないチーズ)を添えても…


レシピブログの「スパイスと旬の食材で楽しむ秋レシピ」 
モニター参加中

秋の食材を使った料理レシピ
秋の食材を使った料理レシピ  スパイスレシピ検索
   
スポンサーサイト


  1. 2017/09/29(金) 23:59:59|
  2. 朝ごはん|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<クローブ・シナモン・ローリエ | ホーム | 洋梨のアーモンドケーキ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://br0unch0dinner.blog55.fc2.com/tb.php/2213-0dabf8f1
| ホーム |