FC2ブログ

朝ごはん・昼ごはん・晩ごはん+おやつ

河井寛次郎展!

昨日、京都国立近代美術館にて河井寛次郎展を観てまいりました。

190430f.jpg

「河井と川勝 友情が生んだ珠玉の大コレクション 
                   鐘溪窯 陶工・河井寬次郎」

190430a.jpg
                                                    五条坂にあった鐘渓窯(登り窯)
川勝コレクションの川勝氏は、高島屋総支配人などを務めた実業家。
河井寛次郎の 初個展から亡くなるまで、よき友人でよき理解者だったそうです。
「二人の友情の結晶」という川勝コレクションから、
初期から晩年までの多彩なたくさんの作品が出ていました。

十連休の4日目、混雑覚悟で行ったのですが、
意外のほどすいていて、ゆっくりと作品を観て回れました。

190430b.jpg

ほとんどの作品が撮影OK!
色彩の妙…
造形の妙…

190430c.jpg

数々の陶芸作品に見とれ…

190430g.jpg

記された言葉にも惹かれ…

190430e.jpg
「ない自分を つかまえてゐる ない自分」
「仕事が見付けた自分 自分をさがしてゐる仕事」

190430d.jpg

「おどろいて居る自分に おどろいて居る自分」
・・
会場をまわって、
陶芸作品や書かれた文字、デッサン、言葉に触れ
その人となりが伝わってきました。

その日は、ちょうど桂南光さんのトークショーもあり、
河井寛次郎さんのお人柄がうかがえるエピソードなどを散りばめた
面白いお話を楽しませていただきました。

さて、
こちらは、初登場の器。

190430i.jpg

昨年の陶器市で買い求めたお皿に
若竹をのせました。

スポンサーサイト





  1. 2019/05/01(水) 23:59:59|
  2. アート+α|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<金剛輪寺にて、仏像と曼荼羅 | ホーム | 平成から令和へ…>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://br0unch0dinner.blog55.fc2.com/tb.php/2794-a2fc047e
| ホーム |