FC2ブログ

朝ごはん・昼ごはん・晩ごはん+おやつ

いたどり!

先日のいたどり…
食べ方はもちろん、いたどりのこと、何も知らないので、
検索してみました。

190535h.jpg

いたどり(虎根)
 春になると筍やアスパラガスのように、若い茎が地面から
 伸びてくる…この若い茎を山菜として食用にする。

 旬は、筍…淡竹や真竹と重なるようです。

 根を乾燥させたものを虎杖根(こじょうこん)といい、
 便秘薬として古くから民間療法に用いられてきた。
 また若い葉には止血作用や鎮痛効果があるとされ、
 「いたどり」という名前は、”痛みを取る”ことから名づけられたという説あり。

 食するには まず… 
 ①筋をとる(蕗のように)。
 ②ゆがいて、水に浸けて、酸味を抜く。

 かなり酸味が強いので、②の工程が大事です。

■ いたどり下処理
1.筋をとる。

190535g.jpg

すーっ、すーーっと、気持ちよく筋が取れます。
緑が鮮やかで、グリーンアスパラガスのような明るい緑色。
節があるところは竹のようです。

2.ゆがく。沸騰手前のお湯で、少ししんなりするまで
  さっとゆがく。(色がくすんで茶色っぽくなる)
  冷水につけて、一晩水にさらしておく。

ゆでたては酸っぱかったのが、一晩水に浸けると、酸味がとんで
なくなっています。

◆ いたどりのきんぴら風
1.下処理をしたういたどりを斜め薄切りにして、
  ごま油で炒め(お好みで+鷹の爪)、酒・みりん・醤油を加える。
2. 調味料がからんで、水分がとぶと、器へ。
   炒りごまをちらして、出来上がり~

190535i.jpg

食感がよくて、クセのない味。
美味しい一皿になりました。

ちなみに、下処理は、ゆがくほか、
塩漬けにすると、シャキシャキ感がかなり出るようです。

スポンサーサイト





  1. 2019/05/11(土) 23:59:59|
  2. いろいろ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<チーズの羽つきフレンチトースト~オレガノ風味 | ホーム | 五月のお弁当~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://br0unch0dinner.blog55.fc2.com/tb.php/2804-a6a1e63d
| ホーム |