FC2ブログ

朝ごはん・昼ごはん・晩ごはん+おやつ

二十四節気

今年は新型コロナウィルスの影響で、
春から色々な展覧会が中止や延期になっていました。
再開してからもなかなか足を運べなかったのですが、
ようやく気になっていた「京のくらし――二十四節気を愉しむ」展を観に
京近美に行ってまいりました。

200917j.jpg

所蔵品から精選された数々の絵画や染織、陶芸、金工等の工芸品が、
二十四節気に当てはめられ、ジャンルを分けず季節ごとに並んでいました。

ひとつの節気に10点前後の作品。
暮らしに息づく行事や祭り、そして、
自然…草花や生物、季節の移ろい、
芸術と密接に関わっている京都を感じながら
会場をまわると、季節を順に辿れます。

最初に入ったのは立夏の部屋

200917f.jpg

福田平八郎の 緑青が鮮やかな清々しい「竹」
平八郎作品は、この「竹」のほか、
夏至の「鮎」、処暑の玉蜀黍を描いた「清晨」と3点出ていました。

いきなり季節がとびますが…
こちらは冬至、ちょっと意外な…

200917s.jpg

…池田満寿夫の作品「二重富士」
ガラスの映り込みが残念…

それから立春、秋野不矩先生の「残雪」

200917a.jpg

抑えた色づかいの中、力強さが春に向かう
明るさが感じられる好きな作品です。

春分…楽しそうな「夜桜之図」 村上華岳

200917m.jpg

…    …    …
会場を一巡、一年をめぐりました。

今の時季は白露
白露の作品のうち、ひまわりを描いたこちら…

200917y_2020092322564830a.jpg

山口華楊の描いたタイトルずばり「白露」
夏から秋にかけての物寂しさを感じます。

こちら、白露の食卓。

200917n.jpg

栗おこわ。
(市販の栗の甘露煮をつかったものですが…)
白露の行事には、重陽の節句がありますが、
別名、菊の節句、栗の節句ともいうそうです。

スポンサーサイト





  1. 2020/09/19(土) 23:59:59|
  2. アート+α|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<濃厚チョコレートケーキ | ホーム | 茄子とかにかまの柚子胡椒和え>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://br0unch0dinner.blog55.fc2.com/tb.php/3298-d62b1922
| ホーム |