FC2ブログ

朝ごはん・昼ごはん・晩ごはん+おやつ

師走風景・干し柿

師走の夕暮れ。。。

201201k.jpg

東本願寺の北側の門からの風景。
終わりかけの紅葉の向こうに京都タワーが覗きます。

上の景色と同系色…

201203k.jpg

干し柿を取り入れました。
3年前から、干し柿作りが恒例になりました。
とはいえ、ほんの少量の渋柿を
物干し竿の端で吊るしてるだけですが。。。

今年も美味しく出来上がりました~(^^)

2.頭頂から下にむけて皮をむく。ヘタの付いている方から下に向かってむいてもいいです。やりやすい方で。
60~70cmのヒモを15本切って準備する
3.【紐つけ】
60~70cmのヒモを15本準備する。
ヘタに紐を結んで2個で1組になるようにする
4.2個で1組になるように柿の軸にヒモの両端を結ぶ。
カビを生えにくくする為、柿を熱湯に5秒間つけて取り出す
5.ここがポイント・【殺菌】
グラグラと沸騰した鍋に柿を5秒間入れて引き上げる。カビが生えにくくなります。
柿を雨のあたらない軒下に干す
6.【干す】
軒下の日当たり、風通しのよいところに干す。雨にあてるとカビが生えます。
柿同士が触れないように紐をずらす


◆ 吊るし柿
【作り方】
1.柿のへたの周りの皮をむいてから、全体の皮をむいて
 軸にひもを結び付ける。(落ちないように!) 
 ※ 吊り下げる時に、くっつかないようにずらす!
2.柿を熱湯に5秒間浸けて取り出す。
 (しっかり、グラグラしている状態で)
 (カビを生えにくくするため!)
3.雨の当たらない軒下に吊り下げる。
 (柿同士がくっつかないように上下左右ずらす←カビ防止)
 1週間干したら柿を親指と人差し指ででそっともむ
 →さらに1週間後、またもむ。
 →さらに1週間後、もむ。(中心の方まで)
 (渋がよく抜けて早く甘くなるそう)

 干してから約3週間~で完成!

201202k.jpg

スポンサーサイト





  1. 2020/12/02(水) 23:59:59|
  2. いろいろ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<壬生菜の浅漬け | ホーム | 師走・葉牡丹・キャベツ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://br0unch0dinner.blog55.fc2.com/tb.php/3375-054395c7
| ホーム |