FC2ブログ

朝ごはん・昼ごはん・晩ごはん+おやつ

水無月

六月三十日。
今年も はや半分が過ぎてしまいました。

今年も、半年間、無事に過ごせたことを感謝し、
夏の暑気払いと残りの半年の厄除けを祈願して、
水無月をいただきます。

6月の晦日に水無月をいただく食習慣は、
京都だけのものなのか? そして、
関西圏以外で水無月という和菓子が存在するのかどうか
気になるところです。


さておき、ここ数年、水無月を手作りするようになりました。
例年は、レシピ(粉の配合)を捜しまわってアタフタするのですが、
今年は、材料を捜してアタフタ。。。

薄力粉、白玉粉、上新粉、わらび餅粉を入れる予定だったのですが、、
白玉粉が捜せど捜せど見つからない…。

そういえば、先日、冷やしぜんざいを作った時に
白玉粉が足らないから、わらび餅を作ったのでした。
捜してもないはず。。。

片栗粉と葛粉で代用決定。

お次は、上に乗せる小豆の甘納豆!なのですが、
必要な量の4分の1くらいしかない。
(どうやら娘がおやつに食べたよう。
 水無月用!と書いておけばよかった…)

小豆以外の甘いお豆さんを求めてゴソゴソ。
黒豆の甘納豆と、金時豆の甘煮を発掘。
(ありがとう…フジッコのおまーめさん)

・・・
なんとかできあがりました。

120630m
黒砂糖生地に、金時豆。
白い生地に、小豆と黒豆。

120630mi

だんどりは、よくなかったけれど

120630mina

お味と食感の方は、まずまずでした。
スポンサーサイト





  1. 2012/06/30(土) 23:57:10|
  2. おやつ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<赤い宝石を少々… | ホーム | かたい話。>>

コメント

Re:コメントありがとうございます。

おやちゃん☆ ようこそ~。
和菓子教室の先生をされているのですね
関東では珍しい水無月を、毎年作ってられるのに
感激しました。
水無月のレシピは、粉の配合がいろいろ…
毎年、思考錯誤しながら、とは言え
行き当たりばったりなので、その時家にある粉で
作っています。

和菓子は、いろいろな意味をもつ年中行事に組み込まれていて
その時季の食習慣になっているものも多いです。

京都では、次は、土用に暑気払いにいただく あんころ餅
「土用餅」です。
  1. 2012/07/04(水) 00:52:35 |
  2. URL |
  3. 朝昼晩御飯 #-
  4. [ 編集]

こんにちは

はじめまして。足跡からきました。
今年は水無月作り忘れてしまいましたが、ほぼ毎年作ってます。
私はずっと関東在住ですが、やはり関東ではあまりみかけませんね。
京都発祥のお菓子だときいています。
レシピは色々ですよね。
私は教室で習ったのをベースに、上用粉・餅粉・葛粉で作ります。
6月30日に一年の半分を締めくくる色んな意味を含めて
大切にこれから伝えていきたい風習だと思います。
  1. 2012/07/01(日) 16:27:16 |
  2. URL |
  3. おやちゃん☆ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://br0unch0dinner.blog55.fc2.com/tb.php/364-2d25059b
| ホーム |