fc2ブログ

朝ごはん・昼ごはん・晩ごはん+おやつ

シャキッとネバっと

シャキッとしていて、ネバっとしている…
…アカモクの魅力は、その食感!

220300a.jpg
 (さっとゆがいて、緑色に色が変わったアカモク)

アカモクを初めて見かけたのは、3年前でしたか…。
北海道から九州まで広く分布しているアカモク、
海の中でゆらゆらと大きく広がり、8mくらいに成長するものもあるそう。
一年草(藻?)で、夏は枯れて海面を藻くずとして漂うとか。

生命力が強いアカモクは、日本海側では食用としてきたけれど、
太平洋側では、昆布わかめなど海藻類が豊富なため、厄介者扱い、
魚船のスクリューや漁網に引っ掛かりやすくて、邪魔だったから。。。
それが近年、健康にも美容にもよい、高い栄養価が注目されるようになってきたそうです。

ネバネバのぬめり成分に含まれるフコイダン、このフコイダンには、
花粉症改善効果、成人病予防作用、ダイエット効果があるそう。
旬の3月頃は、若く柔らかい新芽が出ていて、
クセのない味は、調理しやすいです。

220300m.jpg

生は、たっぷりの量が安価で手に入ります。
ちょっと面倒ですが、下処理が必要。

◆ アカモクの下処理
1.泥、小さなごみが付着しているかもしれないので、
 水がきれいになるまで、2、3度水をかえてもみ洗いする。
2.葉先から根元に向かってしごく様にして固い軸を取り除き、
 再度水洗い。
3.たっぷりの熱闘でゆでる。さっと1分以内くらい。
 ザルにあげ水をかけ冷し、しっかり水切り、
 保存容器にいれ、冷蔵庫へ(2~3日以内、それ以上なら冷凍)

220300k.jpg
 (お湯に入ると瞬時に茶色っぽい色から緑色に変色)

今回は、酢の物、お味噌汁の具にして、それから、
佃煮にしました。

220300t.jpg

ご飯、納豆のおともに~♪

◆ アカモクの佃煮
【材料】
アカモク250g
生姜 大1かけ
A【酒 大さじ3、みりん・うす口醤油・濃口醤油 各大さじ1強】
【作り方】
1.鍋にAと生姜の千切りを入れて煮立て、アカモクを入れる。
2.ときどき混ぜながら、煮汁がほとんどなくなるまで煮る。
3.好みで、炒りごま、七味など合わせて。

スポンサーサイト





  1. 2022/03/05(土) 23:59:59|
  2. きょうの一皿|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<初マリトッツォ | ホーム | アカモクの佃煮>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://br0unch0dinner.blog55.fc2.com/tb.php/3833-85c5f7e7
| ホーム |