fc2ブログ

朝ごはん・昼ごはん・晩ごはん+おやつ

十三夜と木星

今年二〇二二年の十三夜は、
十月八日。

夜に、十三夜であることを思い出して、
外に出て月を眺めました。
綺麗な満月に近い月(二日後の10日が満月)…

221009j.jpg

…と、気になるのは、月の斜め左上に明るく輝いている星。。。
何?
と調べてみたら、木星でした。

  10月8日の宵から9日の未明、月齢13の満月前の明るい月と木星が接近して見える。
  木星は約10日前に衝を迎えたばかりで、ほぼ一晩中見える。
  マイナス2.9等と明るく、「後の月」と呼ばれる十三夜の名月がそばで輝いていても存在感がある。

  (衝…その天体が太陽と正反対の位置にある、即ち最も近接する状態)

確かに!
精度の高い望遠鏡で、木星のしましまを見てみたいなぁ~と思いつつ。。。
10日8日22時40分の空でした。

ちなみに、次回の接近は11月4日だそうです。

さて、十三夜の別名・豆名月にちなんで

221009m.jpg

紫花豆の甘煮。
器の辺が約8cmなので、
豆は5cmくらいの長さ。
1つでも満足感がある食べ応えです。


スポンサーサイト





  1. 2022/10/09(日) 23:59:59|
  2. きょうの一皿|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<土付き落花生 | ホーム | 豚肉のプルーン巻き焼き~赤ワインソース>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://br0unch0dinner.blog55.fc2.com/tb.php/4052-6d17c364
| ホーム |