fc2ブログ

朝ごはん・昼ごはん・晩ごはん+おやつ

茄子の泥亀煮

茄子の泥亀煮。

230931k.jpg

久しぶりに作りました。
茄子を、八丁味噌とごまを効かせて煮付けた
ご飯がすすむ煮物。

230931d.jpg

泥亀煮。何ともいえないネーミング。
泥の中の亀のことかと思っていたのですが、
泥亀=すっぽんのことだそうです。

ちなみに、近江の郷土料理に
泥亀汁、というのがあるそうです。
茄子の胡麻味噌汁のような汁物。

この泥亀汁、京都の建仁寺の開山、栄西禅師が
お好きだったと伝わる料理だそうです。。。

そやけど、料理名は、茄子泥亀。。。。。

◆ 茄子の泥亀煮
【材料】
・なす 4本
・ごま油 大さじ2
・生姜 1かけ
・だし 1カップ
A【酒 大さじ2、みりん・醤油 各大さじ1】
B【八丁味噌 大さじ1、白練りごま 小さじ1】
・白炒りごま 大さじ3

【作り方】
1.茄子は縦半分に切り、皮に斜めに格子状の切り込みを入れ、
 塩水につけてアクをぬく。
2.炒りごまを香ばしく炒って粗めにすっておく。生姜はおろす。
 (ともに飾り用に少しとっておく)
3.鍋にごま油を軽く熱し、茄子の水気をかるくしぼって皮目から入れ
 炒める。軽く色づくとひっくり返して同様に炒める。
4.3にだしとA、生姜を加え煮立つと、落とし蓋をして7~8分煮る。
5.フライパンを傾けて煮汁にBを加えて溶かし混ぜ、4も加えて混ぜ、さらに
 4~5分煮る。
6.煮汁がほとんどなくなると、器に盛り、上におろし生姜とすりごまを散らす。




泥亀(どんがめ)汁
滋賀県の湖東地方を中心に県内全域で食べられている郷土料理。
茄子をだしでやわらかく煮込み、味噌とすりごまを加えて作るそう。
泥亀汁の名は、味噌とごまで濁った汁にナスが浮かぶ様子が、
泥沼を泳ぐ亀(スッポン)のように見えることに由来するとか。
茄子に味が染み込みやすいよう皮に格子状の切れ目を入れる。
これでますます亀の甲羅のよう。
湖東地方は、近代商社の原型を作ったといわれる近江商人発祥の地。
日本中を歩き回っていた商人たちにとって、汁物で食べやすく栄養の摂れる泥亀汁は、
暑い夏に欠かせないソウルフードだったよう。あついのはもちろん、冷やしても。
スポンサーサイト



  1. 2023/09/27(水) 23:59:59|
  2. きょうの一皿|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<レーズンとブリ―チーズのペペロンチーノ風 | ホーム | 焼き茄子と枝豆のパスタ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://br0unch0dinner.blog55.fc2.com/tb.php/4404-58fbaba8
| ホーム |